ふわふわが可愛いコットンフラワー! シンプルなクリスマスリースの作り方

熊木健二

熊木健二

3607views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスシーズンにお花屋さんでよく見かけるコットンフラワー。雪をイメージさせるふわふわは冬の時期にぴったり。そんな人気のコットンフラワーを使った簡単に作れるリースをご紹介します。

 

目次

リースの材料

リースの作り方

 

リースの材料

・コットンフラワー(ワタ) ・コニファー ブルー・アイス ・キウイフルーツのツル ・リース台(100円ショップで購入したもの) ・麻ひも

・コットンフラワー(ワタ)
・コニファー ブルー・アイス
・キウイフルーツのツル
・リース台(100円ショップで購入したもの)
・麻ひも

 

リースの作り方

①コットンフラワーを短くカットします。

①コットンフラワーを短くカットします。

 

②100円ショップで購入したリース台。短くカットしたコットンフラワーを挿していきます。

②100円ショップで購入したリース台。短くカットしたコットンフラワーを挿していきます。

 

③リース台の間にうまく挿し込みましょう。

リース台の間にうまく挿し込みましょう。

 

この大きさのリース台だと3つくらいで十分です。バランスみて配置しましょう。

この大きさのリース台だと、コットンフラワーは3つくらいで十分です。バランスを見て、配置しましょう。

 

もし、枝が短くなってしまった場合はワイヤリングをして固定しましょう。上からワイヤーを入れて後ろでねじればOK!

もし、枝が短くなってしまった場合はワイヤリングをして固定しましょう。上からワイヤーを入れて後ろでねじればOK! 

 

④続いて、コニファー ブルー・アイスをリース台に挿していきます。今回はシンプルなデザインにするため、少ない花材とコットンフラワーが引き立つようにコニファーのブルー・アイスをセレクト。森の香りがふんわりと香るので、おすすめです。

③続いて、コニファー ブルー・アイスをリース台に挿していきます。今回はシンプルなデザインにするため、少ない花材とコットンフラワーが引き立つようにコニファーのブルー・アイスをセレクト。森の香りがふんわりと香るので、おすすめです。

 

バランスを見て、リース全体の形を整えます。

バランスを見て、リース全体の形を整えます。

 

⑤続いて、キウイフルーツのツルを使います。シンプルなデザインですが、少し動きのあるものを入れることで立体感がでてよりすてきな雰囲気に。

④続いて、キウイフルーツのツルを使います。シンプルなデザインですが、少し動きのあるものを入れることで立体感がでてよりすてきな雰囲気に。

 

どんな感じにキウイフルーツのツルを絡ませようかな…。と考えながら、入れていきます。

どんな感じにキウイフルーツのツルを絡ませようかな…。と考えながら、入れていきます。

 

無造作に入れたキウイフルーツのツルがリーズ全体をよりよい雰囲気に。コットンフラワーのもふもふも可愛らしいですね。  時間をかけず、簡単に作れるおしゃれなリース。この季節、おうちでリース作りにチャレンジしてみませんか♪

⑤完成!

無造作に入れたキウイフルーツのツルがリーズ全体をよりよい雰囲気に。コットンフラワーのもふもふも可愛らしいですね。

時間をかけず、簡単に作れるおしゃれなリース。この季節、おうちでリース作りにチャレンジしてみませんか♪

 

▼リース作りの記事をもっと見る

 

「ふわふわが可愛いコットンフラワー! シンプルなクリスマスリースの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
熊木健二
熊木健二

幼少期から瓦屋根の家の庭や野山で昆虫を探す少年でした。高校は農業高校へと進み、野菜の栽培や植物バイオテクノロジー、ビオトープや植栽管理等を学べる生物生産科に入る。大学進学は土木を専攻。公共空間の設計演習や農業・農村、まちづくりについて取り組む。大学卒業後は小田急ランドフローラへ入社し小田急フローリストで2年半店舗勤務。週末はたまに知り合いの花屋を手伝う。趣味は珈琲・写真・イラスト、植物を育てること。