ポインセチアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

クリスマスといえばポインセチア!赤と緑のコントラストが美しいポインセチア。ポインセチアの花言葉と種類についてご紹介。

 

ポインセチアの花言葉

ポインセチアの花言葉は「聖夜」「幸運を祈る」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

ポインセチアについて

科・属 トウダイグサ科・ユーフォルビア属
和名  ポインセチア
英名  Poinsettia
学名  Euphorbia pulcherrima
原産地  メキシコ西部
開花期  11月~1月

 

ポインセチアの特徴

ポインセチアは、クリスマス前に出回る真っ赤な姿が美しい植物です。メキシコ原産の高温乾燥の地域に自生している常緑低木です。寒い時期に出回る植物なのですが、実は寒さに弱い植物です。日本には明治時代頃に持ち込まれ、大酒飲みで赤い顔が特徴な伝説の動物・猩々(しょうじょう)に似ていることから「猩々木(ショウジョウボク)」と名づけられました。原産地では「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれているようです。

ポインセチアの種類

ポインセチアといえば濃い緑色の葉と赤い苞が美しい植物ですが、薄い黄色の苞やピンク色、白の苞をもつ種類や、赤い苞に白や薄い黄色の斑が入る種類などもあります。

ピンク色の苞をもつ種類は「プリンセチア」と呼ばれ、サントリーフラワーズが開発した品種で、かわいらしい見た目と種類の豊富さからとても人気があります。

▼ポインセチアの育て方など詳しい情報はこちら

ポインセチア

  • ポインセチアはトウダイグサ科ドウダイグサ属という常緑性低木。赤と緑が特徴的なポインセチアは、クリスマスの定番、冬になると数々のお店で飾られ街を彩ります。花屋、ホームセンターに鉢植えのポインセチアが出回るのもこの時期です。ポインセチアの赤く色付いた花に見える部分は葉で、その中央に小さく黄色に集まった部分が花になります。花の様に見える赤い部分は実は葉で、本当の花は赤い葉の中央に小さく色づく黄色の集合体。よく観察すると小ぶりの花がついています。冬に見かけることが多いため、寒い季節の植物だと思われがちですが、実は熱帯の植物です。その為寒さに弱く、ご自宅で鑑賞される際は、室内管理をしてください。ポインセチアは、日本では鉢植えで育てる植物で、サイズも小さなサイズですが、本国メキシコのポインセチアは、地植えで数メートルの高さもある、野趣あふれる樹木です。

▼ポインセチアの関連記事

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ポインセチアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ