ポピー(ひなげし)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ポピー(ひなげし)の花言葉と種類についてご紹介。ポピー(ひなげし)は風に吹かれ、ふわふわと揺れる優しい初夏の花。

 

ポピー(ひなげし)の花言葉

ポピー(ひなげし)の花言葉

ポピー(ひなげし)の花言葉は「いたわり」「思いやり」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

ポピー(ひなげし)について

科・属  ケシ科・ケシ属
和名  雛罌粟
英名  Papaver
学名  Papaver rhoeas
原産地  北アメリカ
開花期 5月~7月

 

ポピー(ひなげし)の特徴

ポピー(ひなげし)はヒナゲシ、コクリコ、虞美人草(ぐびじんそう)の名でも知られる一年草。細い茎の先に、まるで薄紙のような繊細で色鮮やかな花を咲かせます。昭和記念公園や秩父高原はシャーレーポピーの一大群生地として知られています。フランスでは赤いポピー(ひなげし)とブルーのヤグルマギクが田園に植えられていることが多く、花畑の写真集によく登場する花です。

ポピー(ひなげし)は、コクリコ、虞美人草(ぐびじんそう)、シャーレーポピーの名でも知られる一年草。細い茎の先に、まるで薄紙のような繊細で色鮮やかな花を咲かせます。昭和記念公園や秩父高原はシャーレーポピーの一大群生地として知られています。フランスでは赤いポピー(ひなげし)とブルーのヤグルマギクが田園に植えられていることが多く、花畑の写真集によく登場する花で、フランス語ではポピーのことを「コクリコ」といいます。

ポピー(ひなげし)の開花時期は、早いと4月後半に咲き始めることがありますが、見頃は5月以降です。同じ一年草のポピーのアイスランドポピーの開花は、早春の3月~4月です。アイスランドポピーは切り花として流通していますが、ポピー(ひなげし)はひとつの花の開花期間が短く、切り花としての流通はほとんどしていないため、育てて生ける花です。

ポピー(ひなげし)は鉢植えでも育てられますが、草丈が70~80cmになるので、できれば大きなコンテナや花壇で楽しみたい草花です。一方向からしか日が射さないと茎が曲がりやすくなってしまうので、日当たりと風通し、水はけの良い場所に植えるとたくさんの花が状態良く楽しめます。

ポピー(ひなげし)の学名「Papaver」は、ラテン語の「papa(粥)」が由来になっています。小さい子どもを眠らせるために、食べさせるお粥に睡眠作用のあるポピーの乳汁を混ぜたことから、この名前がつきました。

ポピーと名がつく花はたくさんあります

 

ポピー(ひなげし)の種類

ポピー(ひなげし)の花色は、様々な色あいのものが登場しています。赤を始め、ピンク、白の他、グレイッシュな色や複色など色合いの種類がとても豊富です。

ポピー(ひなげし)の花色は、様々な色あいのものが登場しています。

 

ポピー

赤を始め、ピンク、白の他、グレイッシュな色や複色など色合いの種類がとても豊富です。

 

春の花壇におすすめの宿根草と一年草

グレイッシュカラーのポピー

 

ポピー(ひなげし)の花の特徴

ポピー(ひなげし)は、花以外にお見どころがたくさんある草花です。

シャーレーポピー

ポピー(ひなげし)のつぼみは、開花前は逆Uの字にうなだれているような姿をしています。

 

シャーレーポピー

開花間際になると、上を向いて花が開きます。

 

ポピー(ひなげし)の種

シャーレーポピーの種のさや2

ポピー(ひなげし)は花が終わると、薄紙のような花びらが落ちて中心部分の種が入っているさやが残ります。さやはボタンのようなユニークな形をしています。

 

シャーレーポピーの種のさや2

種をとりたい場合は、写真のようにボタンに見える上部の部分とさやに隙間ができたら収穫時です。ポピー(ひなげし)の種はとても細かく、一つのさやにたくさんの種が入っています。

 

ポピー(ひなげし)の育て方など詳しい情報はこちら

ポピー

  • ポピーは春から初夏にたくさんの花を咲かせるケシ科の草花。ポピーにはたくさんの種類があり、一年草のほか宿根草もあります。種類によって「春に咲くもの」と「初夏に咲くもの」に分かれます。 代表的なものとして、一年草では春に咲くアイスランドポピー、初夏に咲くシャーレーポピー、宿根草ではオリエンタルポピーがありますが、高温多湿に弱いため、どちらかというと寒冷地向きのポピーです。 それぞれに和名や別名を持ち、アイスランドポピーはシベリアヒナゲシ、シャーレーポピーはヒナゲシや虞美人草(グビジンソウ)、コクリコ(フランス語)、オリエンタルポピーはオニゲシとも呼ばれます。 繊細そうに見えますが性質は強健。適した場所に植え付ければ、一年でたくさんの花が次から次へと開花します。無風の日でもゆらゆらと揺れるように咲くポピーの花畑は、癒される美しい空間として親しまれています。 最近は新品種の開発も活発で、グレイッシュな色あい、黒花など、新しい品種が次々と登場しています。

 

ポピー(ひなげし)の関連記事

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ポピー(ひなげし)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【リサイクル素材で育てる観葉植物】ハイドロカルチャー 「RE GREEN(リ・グリーン)」 ガラスポット

販売価格: 2,200 円(税込)

【送料無料】観葉植物 フィカス アルテシマ 6号 スプラウトエコポット付き

販売価格: 8,250 円(税込)

おしゃれな鉢ですぐ植え替え アートストーン&ソーサーM ブラック + evo みどりが鮮やかになる土 5L + evo 水はけをよくする鉢底石 2L セット

販売価格: 4,290 円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス