お日様大好き!カリフォルニアポピー(花菱草)の育て方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

今回ご紹介する草花はカリフォルニアポピー(花菱草)。春から初夏に咲く一年草です。繊細そうに見えますが性質はとても強く、ワイルドフラワーのミックスの種にもよく入っている草花です。

カリフォルニアポピー(花菱草)は太陽に向かって開き、日没とともに閉じる性質で、花びらに太陽が反射してキラキラと輝く姿はとても美しい光景です。カリフォルニアポピー(花菱草)の花畑は日本でも何か所もあり、初夏には観光スポットになっています。

目次

カリフォルニアポピー(花菱草)とは?

カリフォルニアポピー(花菱草)とは?

  • 学名:Eschscholzia californica
  • 分類:ケシ科ハナビシソウ属

カリフォルニアポピー(花菱草)は春から初夏にかけて開花するケシ科の一年草。高温多湿に弱いため、日本では一年草扱いされますが、原産地では多年草です。

花菱草は和名、通称ではカリフォルニアポピーと呼ばれています。販売される時は学名のエスコルチアという名で売られていることもあります。

ポピーという名前がついていますが、属が違うため、分類的には一般的なポピーとは別種です。花は太陽に反応する性質で、朝に開き夜に閉じるを繰り返します。

花の色はオレンジを始め、アプリコット、クリーム、赤、ピーチ、ピンク系濃淡など、新色が次々に登場しています。咲き方は一重を始め、八重咲きもあります。

目次に戻る≫

カリフォルニアポピー(花菱草)の育て方

カリフォルニアポピー

環境

カリフォルニアポピー(花菱草)は太陽が大好きな植物なので、日当たりの良く、水はけの良い場所が適しています。高温多湿に弱いため、日本では梅雨を越えられないことが多く、一年草とされています。梅雨~夏を越すことができれば二年草、もしくは多年草となることもあります。

種まきと苗の流通

種まきの時期は東京だと9月~10月です。カリフォルニアポピー(花菱草)は直根性なので移植を嫌う性質です。直まきが一番向いていますが、若いうちなら移植が可能です。ポット苗に種をまいて、元気な芽を残して育苗すると芽を移植する手間が省けるのでおすすめです。

苗は冬から春に流通します。たくさん花が開花している苗よりも若い苗の方が植えてからたくさんの花が楽しめます。

植え付け

カリフォルニアポピー(花菱草)は直根性なので移植を嫌う性質です。植え替えるときは、根をいじらずポット苗からそっと苗を抜いて植え替えます。

開花後

1株でたくさんの花を楽しめます。たくさんの花を楽しむためには、花がらをまめに摘み取ることが大切です。

目次に戻る≫

カリフォルニアポピー(花菱草)の生長の様子

この葉っぱが好きという方も多いです。

シルバーグリーンの葉と繊細な切れ込みの入った葉のフォルムもとても美しく目を引きます。

カリフォルニアポピー(花菱草)のつぼみと花

とんがり帽子をかぶっているような・・・?おもしろい形のつぼみ。

とんがり帽子をかぶっているような……?

カリフォルニアポピー(花菱草)のつぼみはとてもユニークな形をしています。

 

カリフォルニアポピー

帽子が取れて花が登場!

カリフォルニアポピー(花菱草)の花は太陽に反応して開きます。朝早くはこんな感じで閉じています。

 

カリフォルニアポピー

太陽が出てくると開き始めます!

 

カリフォルニアポピー(花菱草)

日中は平面的な見た目です。朝晩開閉を繰り返しますが、花が終わりのころになると開きっぱなしになります。

 

カリフォルニアポピー

1株でたくさんの花が開花。花がら摘みをすると開花期間が長くなり、たくさんの花を楽しめます。

 

カリフォルニアポピー

カリフォルニアポピー(花菱草)は雨の日は開きません。雨の日のとんがった花にも魅力があります。

 

カリフォルニアポピー

春から初夏のキラキラした光とカリフォルニアポピー(花菱草)。花びらはつやがあるため、晴れた日は花がキラキラして見えます。

 

カリフォルニアポピー

一緒に咲いているのはギリア・トリコロール。茎が繊細な草花との相性が良いカリフォルニアポピー(花菱草)。

花は切り花にもできます!

花は切り花としても使えます。育てた花だけで小さなアレンジも素敵です。  花菱草、ビオラ、ルピナス、忘れな草。

カリフォルニアポピー(花菱草)は切り花にもなります。花の開閉の性質から、昼間と夜の表情が違う花あしらいになります。

写真はカリフォルニアポピー(花菱草)と同じ季節に咲くビオラ、ルピナス、ワスレナグサ。

 

同じ時期に咲く忘れな草とフェンネル(ハーブ)、スイスチャードをボトルに。

ワスレナグサとフェンネル(ハーブ)、スイスチャードをボトルに。

花がらつみをまめにしていると7月中旬くらいまでは楽しめます。

目次に戻る≫

カリフォルニアポピー

今回はオレンジ色のカリフォルニアポピー(花菱草)をご紹介しましたが、他にもアイボリー、ピンク、レッドなど、咲き方も一重の他に八重咲きなど品種が豊富です。冬から春に苗が流通しているので気になった方は探してみてくださいね。

 

▼春から初夏の花の関連記事

ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)

  • ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)は、春から初夏にかけて開花するケシ科の一年草です。寒さには強いです高温多湿が苦手。日本では梅雨を越えられないことが多いので一年草とされています。梅雨~夏を越すことができれば、二年草、もしくは多年草となることもあります。花菱草は和名、通称ではカリフォルニアポピーとも呼ばれています。 太陽とともに花が開き、夕方には花が閉じる性質です。つぼみの時点では、花の形からは想像できないとんがり帽子のような形のつぼみをしていて、開花する瞬間にかさが取れて開花します。シルバーグリーンの色合いの繊細な形の葉も素敵な草花です。   ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)のオリジナル品種は発色のよいオレンジ系ですが、最近はオレンジ系各種、アイボリー、オフホワイト、アプリコット、赤、ピンクなど豊富な花色があるとともに、一重の他、八重咲種など、花の咲き方も色々で毎年のように新品種が登場しています。 ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)は、花びらに光沢があり、日光が花びらが当たってキラキラと咲いている姿はとても目を引きます。 ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)はワイルドフラワーのミックスの種などにも入っていることがあり、公園や公共スペースなどの広い空間の花畑に使われることがあります。青い空とオレンジ色のコントラストは美しく、花びらのキラキラした花を群生させるととても見事です。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お日様大好き!カリフォルニアポピー(花菱草)の育て方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス