家庭菜園特集

2月23日の誕生花|コブシ(田打ち桜)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

2月23日の誕生花は「コブシ(田打ち)」です。「コブシ(田打ち)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

2月23日の誕生花

2月23日の誕生花は「コブシ(田打ち)」。

「コブシ(田打ち)」の花言葉は「友情」「歓迎」。

 

コブシ(田打ち)について

科・属  モクレン科・モクレン属
和名  辛夷
英名  Kobushi magnolia
学名  Magnolia kobus
原産地  中国
開花期  3月~4月

 

コブシ(田打ち)の特徴

コブシ(田打ち)は、モクレン科モクレン属で、落葉広葉樹の一つで、早春に真っ白できれいな花を咲かせます。冬が明ける合図となる花です。と同様に葉よりも先に花が咲きますが、開花時に1枚だけ花の下に葉を付けます。白いすべすべとした手触りの花びらは6枚で、柔らかく開花します。花はとても良い香りがします。少し先に開花するハクモクレンよりも花びらがうすく、ほっそりとした印象の花です。

 

コブシ(田打ち)の種類

コブシといえば、真っ白の花を咲かせるという印象がありますが、淡いピンク色の花を咲かせるシデコブシという植物もあります。主張しすぎない可愛らしいピンク色の花を咲かせます。

 

コブシ(田打ち)の様々な呼び名

農業では、コブシの花が咲く時期に田植えを始めたことから「田打」や「種蒔」とも呼ばれています。このように農作業の目安となるこのような木のことを「農諺木」(ノウゲンボク)といいます。コブシは全国で親しまれている樹木のため、さまざまな呼び名があります。北海道のアイヌ民族の間ではアイヌ語で「良い匂いを出す木」「放屁する木」という意味である「オマウクシニ」「オプケニ」と呼ばれています。枝を折ると独特な香りがするため、そのような名前がついているそう。コブシはよりも開花が早いため、コブシが咲くとの開花が近いことや、遠くから見るとに似ていることも含めて「ヒキザクラ」「ヤチザクラ」「シキザクラ」などと呼ばれることもあるようです。

▼コブシ(田打ち)の育て方など詳しい情報はこちら

関連ワード

「2月23日の誕生花|コブシ(田打ち桜)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ