セルリアの育て方|植物図鑑

植物名
セルリア
学名

Serruria

英名
Serruria
科名
ヤマモガシ科
属名
セルリア属
原産地
南アフリカ

セルリアの特徴

セルリアは南アフリカ原産の植物で、その種類は40種以上と言われています。オーストラリア原産とうたわれていることが多いようですが、実際には南アフリカの原産です。

セルリアの中でも「セルリア・フロリダ」という品種は、故ダイアナ妃のウェディングブーケに使用されたことでも有名で、「Blushing Bride(はにかんだ花嫁)」という英名もついています。繊細なガラス細工のような花弁と、砂糖菓子のような優しい色合いが魅力のお花です。鉢植えでの流通は少なく、切り花として人気の植物です。

セルリアの詳細情報

園芸分類 草花、オーストラリアプランツ
草丈・樹高 1~2m
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
花色 白~淡ピンク
開花時期 12~4月

セルリアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け

セルリアの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たり良く風通しのいい場所を好みます。

用土

多肥を嫌います。酸性気味の土壌を好みます。

セルリアの育て方のポイント

水やり

乾燥気味に管理します。表土が乾ききってからたっぷりと与えます。

肥料

多肥を嫌います。特にリン酸を嫌がるので、リン酸の入った肥料は与えないようにしてください。

セルリアの詳しい育て方

選び方

根元の方からしっかりと立ち上がっているものを選びましょう。

植え付け

花後、暖かいうちに行います。真夏の高温多湿が苦手なので、多湿になる前に済ませましょう。

仕立て方

原産地では1mを超す低木になります。環境が合えば大きく育ちます。背が伸びてきたら、支柱を立てるようにしましょう。

植え替え・鉢替え

花後、暖かいうちに行います。真夏の高温多湿が苦手なので、多湿になる前に済ませましょう。

品種にもよりますが、冬期に白~淡いピンク色の花を咲かせます。

夏越し

高温多湿にならないように風通しのいい場所で管理します。

冬越し

霜を避けてください。日当たりのいい室内に取り込んだほうがいいでしょう。

セルリアは乾燥気味を好みます。日中の温度差の激しい南アフリカ原産ですので、ある程度の寒さには耐えられますが、霜は避ける必要があります。さらに日本の夏の高温多湿が苦手です。セルリアの基本的な管理方法として、冬は日当たりのいい室内に取り込み、夏は風通しの良い場所に取り込んだ方が良いようです。

 

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング