アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)
学名

Salvia leucantha

英名
Amethyst sage,Mexican bush sage
別名・流通名
メキシカンセージ、メキシカンブッシュセージ
科名
シソ科
属名
サルビア属
原産地
中央アメリカ

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の特徴

アメジストセージはメキシコから中米原産の観賞用のセージの一種です。学名はSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)ですが、アメジストセージの名前で流通しています。

とても丈夫で植えっぱなしで年々大株になります。花は秋から開花し、大株になると紫色の長い花穂が株一面を覆うように咲き誇り、秋の庭を美しく彩ります。

アメジストセージ

花に見えるベルベットのような肌触りの部分はガクで、花はガクから突き出すように咲き、色は白や紫、ピンクなどがあります。暑さにもとても強く、春に植え付けると一年目からたくさんの花が楽しめるため、秋の庭に植えておきたい一株です。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、とても生長が早く、株元は次第に木化します。あまり大きくしないためには春から初夏に剪定して仕立てるとよいでしょう。また、株はまっすぐ上には伸びず、広がるように生長します。強風で倒れてしまうこともあるので、必要に応じて支柱を立てましょう。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 50~120㎝
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 白、紫、ピンク
開花時期 9月~11月

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の種類

フェアリーピンク

サルビア・レウカンサ‘フェアリーピンク’

ガクが白、花がピンクのアメジストセージ。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
開花

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の栽培環境

日当たり・置き場所

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、日当たりと風通しの良い場所を好みます。太陽が極端に片側だけに当たるような場所だと、日当たりが良い方に株が傾いて生長することがあります。

鉢植えでも栽培可能ですが、年々大株に生長するので、どちらかというと地植え向きです。

用土

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、水はけの良い土壌を好みます。鉢植えは市販のハーブ用培養土で問題なく育ちます。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の育て方のポイント

水やり

乾燥気味を好む植物です。加湿にならないように気を付けましょう。

地植えのアメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、根付いてからは特に水やりの必要はありません。乾燥が続いた時のみたっぷりと水やりを行います。

鉢植えは、表土が乾いたら鉢底から水が出てくるくらい、たっぷりと水やりをします。

肥料

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、過肥の必要はありません。

地植えは、やせ地でない場所ならほぼ不要な場合もあります。多肥にすると生長しすぎることもあるため、植え付け時に腐葉土か堆肥を元肥として入れて植え付け、その後は花つきを見て判断するとよいでしょう。

鉢植えは、春と秋に緩効性肥料を与えます。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の詳しい育て方

選び方

葉が株元から密についたきれいな緑の葉の苗を選びましょう。

植え付け

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の植え付けは、春から初夏に行います。ただし、秋に開花株が出回ることが多いようです。秋以降に庭に植える場合は、気温があまり下がらないうちに植え付けを済ませ、しっかりと根付いてから冬を迎えるようにしましょう。

仕立て方

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、広がるように生長します。開花中は花の重さもあり、強風で倒れてしまうことがあります。支柱などで花茎を支えるようにしましょう。

剪定・切り戻し

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、放任すると大きくなり、倒れやすくなります。高さを抑えて花数を多くしたい場合は、芽吹き始めた春から初夏のうちに株の半分程度に切り戻しを行うと、姿形が良く花数の多いコンパクトな株に仕立てることができます。夏以降に切り戻すと花芽を切ってしまい、秋の花数が減るので注意しましょう。

植え替え・鉢替え

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は生長が早いため、1~2年に1度、1~2回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。

植え替えは春から初夏が適時です。秋に植え替えを行うと根付く前に気温が下がってしまうこともあり、株に負担をかけることになります。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、秋咲きのセージです。

 

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)2

花のように見えるガクは鮮やかな紫色をしているので、開花前から美しい姿を楽しめます。

収穫

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の花は、切花として楽しむことができ、最近は市場でも流通しています。ドライフラワーにしてもきれいに色が残るため、アレンジやスワッグなどの花材として使われています。

夏越し

耐暑性があるため、特別な夏越しは必要ありません。株が混みあいすぎると蒸れてしまうため、適度に間引き剪定をして風通しの良い株で管理しましょう。

冬越し

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は多年草です。冬前に株元から2節ほど(10cm程度)残して剪定し、株を休ませましょう。冬は地上部が枯れたようになって越冬します。

ある程度の耐寒性があるため、寒冷地ではマルチングをする程度で戸外で越冬可能ですが、冬の気温が極端に下がる地域は室内管理になります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、株分けか挿し木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング