チェリーセージの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
チェリーセージ
学名

Salvia microphylla

Salvia gregii

英名
Cherry sage、Baby sage
科名
シソ科
属名
アキギリ属
原産地
北アメリカ南部一帯、メキシコ

チェリーセージの特徴

チェリーセージの葉はさくらんぼに似ていて、なんと匂いまでもさくらんぼのような香りがします。背丈は40cm~1.5mくらいまで伸びます。花びらの色が赤、ピンクや白のものや赤と白が混じっている品種もあります。庭に地植えにすると自然に増えて育ち、挿し木で増やすことができます。殺菌作用や解熱の効果があるハーブティーとしても知られており、お菓子のシロップやサラダにも利用されています。花に香りがあるので部屋に切り花として刺したり、押し花アートやドライフラワーなどのインテリアとしても活用することができます。

チェリーセージは、いくつかの品種の総称で、とても長い期間(5月~11月)開花する多年草(宿根草)です。普通のセージは、ブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージの特徴は豊富な花色。毎年新しい色の新品種が創り出されています。

チェリーセージの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 40cm~1.5m低程度
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
花色 赤、ピンク、白、アプリコット、黄色、紫、複色
開花時期 5月~7月、9月~11月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング