ニチニチソウ(日日草・にちにちそう)の育て方|植物図鑑

植物名
ニチニチソウ(日日草・にちにちそう)
学名

Catharanthus roseus 、Vinca rosea

英名
Madagascar periwinkle
和名
日日草
科名
キョウチクトウ科
属名
ニチニチソウ属
原産地
マダガスカル、インド

ニチニチソウ(日日草・にちにちそう)の特徴

日日草(ニチニチソウ)は、草丈20cm~60cmで花は3~5日の短命で直径3~4cmの白や赤、ピンク色の花を次々に咲かせます。毎年花を咲かせる多年草で暑すぎる場所にも適応しますが、寒さは苦手で日本の寒さに耐えられなくて冬に枯れてしまうこともあります。梅雨の季節も苦手で枯れてしまいます。葉は長細い円形で光沢があるのが特徴です。花びらは1枚が5つに分かれている形で5枚に見えますが、実際はちがいます。

ニチニチソウ(日日草・にちにちそう)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm~60cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 ピンク、白、濃いピンク
開花時期 5月~10月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング