ポテンティラ・ルペストリスの育て方|植物図鑑

植物名
ポテンティラ・ルペストリス
学名

Potentilla nepalensis rupestris

科名
バラ科
属名
キジムシロ属(ポテンティラ属)
原産地
ヨーロッパ

ポテンティラ・ルペストリスの特徴

ポテンティラは、バラ科の宿根草(半常緑多年草)です。春から初夏に、ワイルドストロベリーに似た小さな白い花を咲かせます。ポテンティラはとてもたくさんの品種があり、品種によって花の丈が様々です。ポテンティラ・ルペストリスは花の時期以外の丈は低めですが、花の時期になると株元から花茎が立ち上がり、高さが30~40cm前後になります。ひとつひとつの花の寿命は短めですが次から次へと開花します。ポテンティラ・ルペストリスは花茎があちこちに散らばるように咲くので野草的な雰囲気があり、ナチュラルガーデンにおすすめの宿根草です。

ポテンティラ・ルペストリスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~40cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 4月~8月(栽培地域による)

ポテンティラ・ルペストリスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花(栽培地域による)

ポテンティラ・ルペストリスの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。半日陰程度までなら育てることができます。

夏の高温多湿には若干弱いので、株が蒸れないように注意します。

用土

水はけが良い土が適しています。鉢植えの場合は草花用の培養土で問題なく育ちます。

ポテンティラ・ルペストリスの育て方のポイント

水やり

地植えのポテンティラ・ルペストリスは、根付いてからの水やりの必要はありません。

鉢植えのポテンティラ・ルペストリスは、「渇いたらたっぷりと」を目安に水やりをします。ポテンティラは過湿を嫌うので、水のやりすぎ、梅雨や長雨などの雨の多い時期は水をやりすぎないように注意しましょう。

肥料

地植えの場合は、特に肥料を与えなくても育ちます。鉢植えの場合は、春と秋に固形肥料を与えます。

病害虫

目立った病害虫の害は少ないですが、株が弱るとアブラムシがつくことがあります。

ポテンティラ・ルペストリスの詳しい育て方

選び方

株元が黄色くなっていない、生き生きとした緑色の葉の苗を選びます。

種まき

流通は苗が一般的ですが、こぼれ種で増えるので種を採ってまくことも可能です。

植え付け

春と秋が植え付け適時です。ポテンティラ・ルペストリスの苗が出回るのは4月ごろからです。陽気の良い時期に植え付けをすると、元気に生長する確率が高くなります。

植え替え・鉢替え

鉢植えのポテンティラ・ルペストリスは、春か秋が植え替えの時期です。植え替えは1~2年に1度は行いましょう。根が回っているので、優しくほぐして一回り大きな鉢に植え替えましょう。

春にワイルドストロベリーに似た白い花が開花します。ポテンティラ・ルペストリスの花は、1本の茎が枝分かれしてたくさんの花がついている形状です。種を採る目的がない場合は、終わった花のみ摘み取り、その茎の花の開花がすべて終わったら、花茎を根元で剪定しましょう。

夏越し

特別な夏越しの必要はありませんが、蒸れには弱いので水はけの良い土に植えるようにしましょう。

冬越し

耐寒性があるため特別な冬越しの必要はありません。株の動きは止まりますが、春になると株元から芽吹きが始まります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分けで増やすことができます。ポテンティラ・ルペストリスは、こぼれ種でも増えることがあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング