ギンバイカ(マートル)の育て方|植物図鑑

植物名
ギンバイカ(マートル)
学名

Myrtus communis

英名
Myrtle
和名
銀梅花(ギンバイカ)
別名・流通名
マートル
科名
フトモモ科
属名
ギンバイカ属
原産地
地中海沿岸

ギンバイカ(マートル)の特徴

ギンバイカ(マートル)は地中海沿岸原産の常緑低木です。春に花びらが5枚の梅に似た花を咲かせるところから、和名を銀梅花(ギンバイカ)と言います。ハーブとして扱われる場合は「マートル」という名前で流通しています。

冬にはオリーブに似た黒い果実を付けます。光沢のある明るいグリーンの葉には芳香があり、ハーブとして肉料理などに利用される他、ギンバイカ(マートル)の精油も人気があります。ギンバイカ(マートル)は古代ギリシャを始め、ヨーロッパでは昔から神聖な樹とされてきました。「祝いの木」とも言われ、ヨーロッパでは昔から結婚式で使用されてきました。

常緑で葉の密度も高いことから生垣としてもよく利用されます。斑入りの品種「バリエガタ」は、より柔らかい印象を与えます。日当たりの良い場所に植えると花付きも良くなります。

ギンバイカ(マートル)の詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 1~3m
耐暑性 強い
花色
開花時期 5~6月

ギンバイカ(マートル)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
開花
結実

ギンバイカ(マートル)の栽培環境

日当たり・置き場所

ギンバイカ(マートル)は日当たりの良い場所を好みます。耐寒性はありますが、寒冷地では霜に当たらないような場所を選びましょう。

用土

ギンバイカ(マートル)は市販の培養土で問題なく育ちます。

ギンバイカ(マートル)の育て方のポイント

水やり

地植えのギンバイカ(マートル)は根付いてからは特に水やりの必要はありません。鉢植えのギンバイカ(マートル)は表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

肥料

過肥にする必要はありません。花付きが悪くなってきたら、有機肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

ギンバイカ(マートル)の詳しい育て方

選び方

ギンバイカ(マートル)は葉に光沢があり、主幹がしっかりとしたものを選びましょう。枝が徒長しているような苗木は避けるようにしましょう。

植え付け

ギンバイカ(マートル)の植え付けは、真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。腐葉土をたっぷりと漉き込んでから植えつけます。

剪定・切り戻し

ギンバイカ(マートル)は、夏には翌年の花芽の準備を始めます。花後、早めに剪定するようにしましょう。その他は脇から出てきた細かい枝を整理する程度にします。

植え替え・鉢替え

ギンバイカ(マートル)の植え替えは、真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。

ギンバイカ(マートル)は5~6月に梅に似た白い花を枝いっぱいに咲かせます。

収穫

ギンバイカ(マートル)は秋、10~11月に黒いオリーブに似た果実を付けます。

冬越し

ギンバイカ(マートル)は常緑です。特に必要な冬越しの作業はありません。霜が多い場所では霜除けを行うようにしてください。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ギンバイカ(マートル)は挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング