エルダーフラワーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
エルダーフラワー
学名

Sambucus nigra

英名
Elder flower
科名
スイカズラ(レンプクソウ)科
属名
ニワトコ属
原産地
南西アジア一帯、北アフリカからヨーロッパ一帯

エルダーフラワーの特徴

エルダーフラワーは5~6月頃になると白色の花を咲かせますが、種類によってはピンク色などもあります。花は枝先に咲き、3~4mm位の大きさです。葉は卵型で、縁はギザギザになっています。樹木の背丈が高く、10mくらい伸びている樹木もあります。7月頃から9月にかけて黒い実が生ります。花には、マスカットのような香りがあり、秋に収穫した実はジャムなどを作ることができます。また葉、枝、根は薬としても効果があるのでハーブとしても利用されています。

エルダーフラワーの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 3~10m
耐寒性 強い
耐暑性 普通
花色
開花時期 5~6月

エルダーフラワーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

エルダーフラワーの栽培環境

日当たり・置き場所

生長が早いので植える場所や鉢選びは注意しましょう。

用土

エルダーフラワーは土質を選ばないのでほとんどの場所で育ちますが、水はけのよい環境と弱アルカリ性の土壌を好むので、腐葉土や堆肥を沢山入れた用土を加えると良いです。

エルダーフラワーの育て方のポイント

水やり

土の表面が乾いた時だけ、水やりをします。必要以上に水やりをすると根腐れの原因になります。地植えの場合は水やりの必要はないです。

肥料

5月から6月の花が咲き終わった後の梅雨入り前と実が生った後の9月から10月頃に行います。固形や粒の肥料が便利です。

病害虫

病害虫に対して強い種類の植物なので育てやすいですが、出来るだけ夏の間は涼しい環境で管理することが大事です。

エルダーフラワーの詳しい育て方

選び方

市販されているエルダーフラワーの苗の多くは、20cm前後の背丈のものが多いです。根元や下葉もしっかりしており、枝ぶりもよい苗を選びます。

種まき

春に種を蒔く場合は3月から5月、秋蒔きの場合は9月から10月です。一般的に種は園芸店などで市販されていないため、秋に生った実から取った種を利用します。種は摘み取った実についている果肉を水洗いしながら取り除きます。その後、乾燥されると良いです。小粒の赤玉が入った種まき用箱を用意し、その中に5cm位の間隔をおいて種を蒔きます。約2年位で大木になります。

植え付け

春の植付けは3月から5月、秋は9月から10月に行います。庭に植える場合は陽当たりが良く風通しの良い場所に植えます。鉢に植える場合は、生長が早いので大き目の鉢に植えます。

剪定・切り戻し

秋になりエルダーフラワーの葉が落ちた後の11月から2月の間に剪定を行います。生長が早いので伸びた枝や新しくできた細い枝などを思い切って切り落とし、幹に陽射しがあたり風通しがよくなるように剪定していきます。

収穫

7月から9月にかけて黒い実がなり収穫できます。実は摘み取り、ジャムやシロップなどを作って楽しむことができます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

エルダーフラワーを増やし方は、種(実生)と挿し木の2つの方法があります。
種で増やす場合は、種は秋に摘み取った実を使用します。種の蒔く時期は春3月から5月、秋は9月から10月頃です。種は摘み取った実についている果肉を水洗いしながら取り除きます。その後、乾燥されると良いです。小粒の赤玉が入った種まき用箱を用意し、その中に5cm位の間隔をおいて種を蒔きます。約2年位で大木になります。
挿し木で増やす場合は、種まきと同じように春と秋に行うことができます。エルダーフラワーの樹木から新しく伸びた枝を見つけ、先端から10~15cm位切ります。切った枝は、切り口を斜めに切り直し、植物成長調整剤などの液に30分位つけ、10cm前後の間隔を開けて、小粒の赤玉が入った挿し木用の箱に刺します。

エルダーフワラーのシロップ

エルダーフラワーはシロップを作ることができます。シロップの材料は、庭などに咲いているエルダーフラワーの花の花頭20房位、レモン3個、水700CC、砂糖(できればグラニュー糖)600gを用意します。最初に、鍋に砂糖とお水を入れて火にかけて砂糖を溶かしておきます。次に、エルダーフラワーの花をきれいに水洗いし、花の茎と花弁の部分を分けます。レモンも皮をきれいに洗い、輪切りにします。レモンは皮と果汁を別々にして加えてもよいです。砂糖を溶かしておいた鍋の中にレモンと花弁部分のエルダーフラワーを入れます。良くませたら密封容器などに入れて4~5日待ち、エルダーフラワーの花弁等をろ過して取り除き、冷蔵庫などで保存します。約一カ月保存できます。 このエルダーフラワーのシロップは用途が広く、ケーキなどのシロップとしても利用できます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング