お花見の季節に使ってみない? 桜にまつわる美しい日本語

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

私たち日本人にとってなくてはならない植物、桜。お花見シーズンには多くのひとが桜を見るために外出することと思います。

昔から桜を愛でてきた日本人は、桜にまつわる言葉をたくさん作ってきました。「花冷え」「花曇り」などは現代の日常生活でも使われていますよね。

今回は、桜にまつわる言葉をご紹介します。お花見の季節に、さらっと使うことができたらカッコいいですね。

 

目次

「桜」の入る言葉

桜を意味する「花」の入る言葉

 

「桜」の入る言葉

日本の花といえば、「桜」。「桜」は古くから日本人に愛されてきた花であり、それは日本語の美しい表現にもたくさん残されています。

桜狩り

さくらがり。意味は、お花見をすること。

こぼれ桜

こぼれざくら。意味は、満開になって零れ落ちる桜のこと。またそのさま。

朝桜

あさざくら。意味は、朝の霞を受けて咲いている、清らかで美しい桜のこと。

桜流し

さくらながし。意味は、桜を散らしてしまう雨のこと。

徒桜

あだざくら。意味は、散りやすい桜の花。転じて、はかないもののたとえ。

桜人

さくらびと。意味は、桜を愛でる人のこと。

 

桜を意味する「花」の入る言葉

「花見」といえば桜の花を見ることのように、「花」という言葉だけで桜を表す場合もあります。ここでは、「花」がおもに「桜」という意味で使われている言葉をメインにご紹介します。

花時

はなどき。意味は、春のいろいろな花が咲くころのこと。とくに桜の咲くころ。

花あかり

はなあかり。意味は、桜の花が満開なので、夜でもほのかに明るく見えること。

花冷え

はなびえ。意味は、桜の花が咲くころに寒さが戻ること。

花筏

はないかだ。意味は、水面に桜の花びらが列のようになって、筏に見える様子。

花の浮橋

はなのうきばし。意味は、散った花びらが水面に敷き詰められて浮橋のように見える様子。

花の雫

はなのしずく。意味は、花から滴っている雫のこと。

 

いかがでしたか?桜にまつわる言葉は、本当に美しいものばかりですね。

日本人はみな桜人なのだと思います。花冷えの頃ですが、桜狩りに出かけてみませんか?

▼関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お花見の季節に使ってみない? 桜にまつわる美しい日本語」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】原種 クリスマスローズ ニゲル5寸 1鉢

販売価格:3,465円(税込)

リンクチューブ ベース シルバー LINK TUBE VASE SILVER

販売価格:1,980円(税込)

ガラス ベース エリンギウム S

販売価格:2,200円(税込)

『暮らし・インテリア』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ