桜の開花予想が自分でできる!? 600度の法則を使って桜の開花を予測しよう

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

gi_logo_grey

桜=JAPANというイメージがあるほどですが、日本の国花も桜です。桜の開花が桜の開花ができるってご存知でしたか?

目次

桜の平均開花日はいつ?

桜の開花のキーポイント!600度の法則って?

2019年の開花予想はいつ発表?

 

平均開花日

各都市の平均開花日と満開日を調べてみました!

ちなみに東京は、2011年から2016年までは3/28、3/31、3/16、3/25、3/23、3/21と開花日でも実に15日前後の開きがあるのです。平均開花日はあくまで目安ということが分かります。

    平均開花日 満開日
北海道 札幌 5月3日 5月7日
東北 青森 4月24日 4月19日
  山形 4月15日 4月19日
  仙台 4月11日 4月16日
北陸 新潟 4月9日 4月14日
  金沢 4月4日 4月10日
甲信越 長野 4月13日 4月17日
  宇都宮 4月1日 4月8日
関東 東京 3月26日 4月3日
東海 静岡 3月25日 4月3日
  名古屋 3月26日 4月3日
関西 京都 3月28日 4月5日
中国 鳥取 3月31日 4月7日
  岡山 3月29日 4月6日
四国 松山 3月25日 4月4日
  高知 3月22日 3月30日
九州 福岡 3月23日 4月1日
  鹿児島 3月26日 4月4日
沖縄 那覇 1月18日 2月4日

目次に戻る≫

600度の法則

耳にしたことがあるでしょうか、桜の開花600度の法則。

これは、2月1から毎日の最高気温を足していき、合計して600度になったときに桜が開花するというもの。おととし私も自分で開花予想をしてみよう!と、実際に気象庁の発表している毎日の最高気温を足してみました。

2017年は開花予想をした3月15日時点で 合計509度・・・600度まであと81度!

そして、その時出ていた一週間の天気予報から最高気温を足してみると。。。

なんと3月22日で607度になりました!開花から満開日までは大体、1週間程度かかるので、満開は3月29日前後になりそうです。

そして結果は・・・!?

2017年、東京の開花は3月21日でした。おしい!ですが、大体の予想はたてることができますよね。お子さんと一緒に試してみるのもいいかもしれません。

目次に戻る≫

2019年の開花予想はいつ発表?

2019年の開花予想はいつ頃発表になるんでしょうか。例年、民間の発表は1月下旬ごろからスタートします。開花予想としてテレビなどで放送されるのは3月に入ってからです。また、開花予想と言えば気象庁が出してくれるイメージがありますが、実は気象庁は平成21年で開花予測を終了しています。開花観察や開花宣言は行っているので、予測もしているのかと思っていましたがしていないんですね。

目次に戻る≫

2月になったら毎日気温を計算して、みんなで開花を予測してみましょう!

▼編集部のおすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「桜の開花予想が自分でできる!? 600度の法則を使って桜の開花を予測しよう」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

おすすめ