桜の種類と育て方!桜の花の生け方や食べ方、お酒まで。

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

日本の春を代表する花、桜。桜にはどんな種類があるのでしょう。桜の種類や育て方、生け方、花の食べ方まで。桜のお酒もご紹介します。桜の魅力に酔ってみませんか。

目次

桜の種類を8種ご紹介!

桜(サクラ)は、バラ科サクラ属の総称です。サクランボも桜の果実です。この中からいくつか種類をご紹介します。

河津桜(カワツサクラ)

桜(サクラ)は、バラ科サクラ属の総称です。サクランボも桜の果実です。この中からいくつか種類をご紹介します。

染井吉野(ソメイヨシノ)

私たちがお花見を楽しむ桜のほとんどは染井吉野(ソメイヨシノ)です。大島桜(オオシマサクラ)と他の桜の交配種です。花期は3月下旬から4月上旬。実生では増えないため、人工的にが接木で増やしてきた品種です。

染井吉野(ソメイヨシノ)は若木でも花を咲かせるので、戦後焼け野原になった日本にたくさん植えられました。今では桜の代名詞のようになっています。花付きが良く、花後に葉が出てくるので、開花中は桜の華やかさを存分に楽しめるのも特徴です。

桜の花を待ち焦がれて、やっと咲いたと思ったら風や雨であっというまに散ってしまう儚さも人気の理由です。

河津桜(カワツサクラ)

ピンク色の花びらが人気の早咲きの桜です。伊豆の河津町で発見されたことが名前の由来とされています。染井吉野(ソメイヨシノ)よりも開花が早く、3月くらいから咲き始めます。花期が長いのも特徴で、1ヶ月くらい咲き続けます。

寒緋桜(カンヒサクラ)

河津桜(カワツサクラ)と同じころに咲く桜です。緋桜といういわれるように、緋色が美しい品種です。花は少し俯き加減に閉じたように咲きます。満開になると緋色の密度が増し、遠目からでも目を惹きます。

大島桜(オオシマザクラ)

原種の桜です。花は染井吉野(ソメイヨシノ)よりも白く、開花中に葉を出し始めます。葉は少し赤味がかっています。桜餅に使われているのは、この大島桜(オオシマサクラ)の葉です。優しい芳香があり、樹の下にいると時々風に乗ってふわりと香りがしてきます。大島桜(オオシマサクラ)を見かけたら、香りも楽しむのを忘れないでください。

山桜(ヤマザクラ)

山桜(ヤマサクラ)というと山に咲く桜の総称のように思えますが、桜の1品種の名前です。文字通り山に咲く原種の桜で、自然に異種交配が行われているためか、突然変異が多く、花や葉の色に違いがあるようです。山桜(ヤマサクラ)は花と葉がほぼ同時に出てきます。

「吉野の桜」とは、京都の吉野山を桜が埋め尽くすように咲くことを指す言葉ですが、その吉野の桜の多くは山桜です。

陽光桜(ヨウコウサクラ)

寒緋桜(カンヒサクラ)と他の桜の交配種で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも少し早い時期に咲き始めます。花は大輪で、葉が出てくるのは花後です。染井吉野(ソメイヨシノ)よりもピンクが濃く花も大輪なので、切り花として生けると見栄えがします。

鬱金桜(ウコンサクラ)

染井吉野(ソメイヨシノ)よりも少し遅れて4月中旬に開花する品種です。花色が薄黄色と、桜の中では非常に珍しい品種です。花色が珍しいうえに大輪八重咲きなので、桜だと気づかない方もいるようです。

西洋実桜(セイヨウミザクラ)

果実を食用に出来る桜です。開花時期はソメイヨシノと変わりません。花と同時に葉が出てきます。花も染井吉野(ソメイヨシノ)や大島桜(オオシマサクラ)と似ています。

目次に戻る≫

サクランボと桜の花の違い

サクランボが桜の果実だから「桜ん坊」だということを忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。サクランボは「西洋実桜(セイヨウミサクラ)」という品種の桜の果実です。これは、ヨーロッパ原産の品種で、果実を食用にする桜です。  私たち日本人が観賞用としている桜も実が付かないことはありませんが、食用向きではありません。染井吉野などは、初夏に真っ黒に売れた果実を実らせますが、食用には向きませんし、街路樹の桜は必ず薬剤が散布されていますので食べないようにしてください。

西洋実桜(セイヨウミザクラ)

サクランボが桜の果実だから「桜ん坊」だということを忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。サクランボは「西洋実桜(セイヨウミサクラ)」という品種の桜の果実です。これは、ヨーロッパ原産の品種で、果実を食用にする桜です。

私たち日本人が好んで観賞している桜も実が付かないことはありませんが、食用ではありません。染井吉野(ソメイヨシノ)などは、初夏に真っ黒に売れた果実を実らせますが、食用にはなりません。さらに街路樹の桜は必ず薬剤が散布されていますので食べないようにしてください。桜の実は、食用と明記されている品種のものか、市販のサクランボの類を食べるようにしましょう。

目次に戻る≫

桜の花を生けて楽しむ

春に染井吉野が咲き始めるより早く、切り花の桜が出回り始めます。桜の枝をお家にも飾ってみませんか。あまり大きな枝は難しいかもしれませんが、ご自宅で桜を上手に生けるコツをご紹介します。

河津桜(カワツサクラ)

春に染井吉野(ソメイヨシノ)が咲き始めるより早く、切り花の桜が出回り始めます。桜の枝をお家にも飾ってみませんか。あまり大きな枝は難しいかもしれませんが、自宅で桜を上手に生けるコツをご紹介します。

桜の枝を買ってきたら

用意するもの

  • 枝切用ハサミ
  • 花瓶(安定感のあるもの)
  • レンガなど

桜の枝は非常に固く切り辛いので、購入時にはあまり枝の太くないものを選びます。枝を枝切用ハサミで生けたい長さにカットします。このとき、実際に飾る予定の場所で、花瓶の高さに合わせて長さを決めるといいでしょう。

好みの長さカットしたら、水の吸い上げが良くなるように枝を割るという作業を行います。カットした桜の枝の切り口に、縦にハサミを当てて枝に裂けめを入れます。この作業を「枝を割る」と言います。枝の中心部にある芯を割ると水の吸い上げが良くなります。うまくこの芯の部分にハサミが入ると気持ちがいいくらいパキンと割れます。

桜を生けるコツ

切り口を割った枝を花瓶に生けます。花瓶はたっぷりとした大きさの安定感のあるものを選びましょう。口が広がった形の花瓶は、枝の重心が外側に向かうので、花瓶が倒れやすくなります。気をつけてください。

花が付いている桜はお水をたくさん飲みます。花瓶にはたっぷりと水を入れてください。水の重みで花瓶は安定しますが、桜の枝の方が重いように感じたら、花瓶のなかにレンガなどを入れてバランスを取ってください。

目次に戻る≫

 

 

\次は桜の楽しみ方に続きます!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「桜の種類と育て方!桜の花の生け方や食べ方、お酒まで。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ