カポック(シェフレラ)の植え替えや剪定などの管理方法と増やし方(挿し木)

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

カポック(シェフレラ)は丈夫で生長もはやく、育てやすいことで人気の観葉植物。斑が入った黄色いカポックはとっても綺麗ですよね! 綺麗なカポックですが生長がはやいがゆえに少し邪魔になってきたな…。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな生長がはやくて綺麗な観葉植物カポックの植え替えや剪定、挿し木での増やし方をご紹介します!

目次

カポック(シェフレラ)ってなに?

カポック(シェフレラ)はウコギ科シェフレラ属に分類される世界の熱帯~温帯原産の植物で、約600種類あります。学名のシェフレラやホンコンカポックと言う名前で流通していることもあります。カポックという名前は流通名で、本来のカポックはアオイ科セイバ属の植物パンヤ(パンヤノキ)です。パンヤ(カポック)とシェフレラの葉が似ていることから、シェフレラがカポックと呼ばれるようになりました。※この記事では、一般的にシェフレラ=カポックという認識が根付いていることから、シェフレラをカポックと呼びます。

カポック(シェフレラ)は世界の熱帯~温熱帯に分布していますが、主に流通するのは台湾~中国南部に分布しているヤドリフカノキや園芸品種のホンコンカポック(シェフレラ)です。丈夫で生長もはやく、日本でも暖かい地域なら屋外で越冬できます。

LOVEGREENの植物図鑑にカポック(シェフレラ)を記載しているのでぜひご覧ください!

カポック(シェフレラ)

  • ホームセンターなどでもよく売られているカポック(シェフレラ)は中国南部~台湾が原産の観葉植物です。カポック(シェフレラ)とは本来パンヤノキのことを指しますが、シェフレラ・アルボリコラの葉がパンヤノキに似ていることからカポック(シェフレラ)という流通名がついています。斑入り品種のホンコンカポックやドワーフなど複数の品種が作られています。

    日本でも暖かい地域であれば屋外越冬可能で、ビルの2階程度の高さまで育っているものもあります。観葉植物の中でも育てやすいので、観葉植物の入門種としても最適です。

目次に戻る≫

カポック(シェフレラ)の植え替え方法

カポック(シェフレラ)は生長がはやく、すぐに根がパンパンになってしまうので1~2年に1度植え替えをする必要があります。植え替えをするときには一回り大きい鉢を使います。一回り以上大きい鉢を使ってしまうと、根が吸収する水の量と土に含まれている水の量のバランスが崩れてしまい、長時間土が湿っていることになります。同じ大きさの土を使う場合は根を半分の量に減らし、葉の数も減らす必要があります。今回は一回り大きい鉢を使って植え替えをします。

 

はじめに観葉植物用の土を用意します。ベースとなる土なので量をきっちり測る必要はありません。

まず、土を用意します。カポック(シェフレラ)は水を好みますが、水はけの悪い土を使うとコバエが発生したり根腐れを起こしたりするので、水はけのいい土を使って小まめに水やりをするのが良いと思います。今回は観葉植物用の土2、赤玉土1、鹿沼土1を混ぜ合わせたものを使います。

 

次に観葉植物用の土の半分の量の赤玉土を加えます。

はじめに観葉植物用の土を用意します。ベースとなる土なので量をきっちり測る必要はありません。

 

最後に鹿沼土を赤玉土と同じ量加えます。

次に観葉植物用の土の半分の量の赤玉土を加えます。

 

最後によく混ぜ合わせれば完成です!

最後に鹿沼土を赤玉土と同じ量加えます。

 

土が完成したらカポック(シェフレラ)を鉢から出します。根がギチギチに張っています。

最後によく混ぜ合わせれば完成です!

 

手で優しく古い土を取り除いていきます。土が硬い場合は水に10分ほど着けてから取り除いてゆくと楽にできます。

土が完成したらカポック(シェフレラ)を鉢から出します。根がギチギチに張っています。

 

古い土をすべて取り除く必要はありません。

手で優しく古い土を取り除いていきます。土が硬い場合は水に10分ほど着けてから取り除いてゆくと楽にできます。

 

古い土を取り除いたら植えこんでいきます。まず、鉢穴に鉢底ネットに被せます。鉢底ネットは鉢底石や土の流出を防ぐだけでなく、ナメクジやダンゴムシといった害虫が鉢の中に侵入するのを防ぎます。

古い土をすべて取り除く必要はありません。


次に鉢底石を入れます。  鉢底石は通気性と排水性を良くする役割があります。鉢底石が入っていないと土が乾きにくくなり、コバエの発生や根腐れの原因の一つになります。

古い土を取り除いたら植えこんでいきます。まず、鉢穴に鉢底ネットに被せます。鉢底ネットは鉢底石や土の流出を防ぐだけでなく、ナメクジダンゴムシといった害虫が鉢の中に侵入するのを防ぎます。

 

土を少量入れます。

次に鉢底石を入れます。鉢底石は通気性と排水性を良くする役割があります。鉢底石が入っていないと土が乾きにくくなり、コバエの発生や根腐れの原因の一つになります。

 

カポック(シェフレラ)をバランスよく配置して周りに土を入れます。

土を少量入れます。


最後に水をたっぷりやれば植え替え終了です!

カポック(シェフレラ)をバランスよく配置して周りに土を入れます。最後に水をたっぷりやれば植え替え終了です!

目次に戻る≫

 

\カポック(シェフレラ)の剪定方法について!/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「カポック(シェフレラ)の植え替えや剪定などの管理方法と増やし方(挿し木)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ