【人気の観葉植物】種類と枯れそうなときの対処法

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

243213views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅に置きたい観葉植物を探していると、枯らしてしまいそうで不安だったり、おしゃれに飾れる人気の観葉植物や管理方法など気になることが沢山ありますよね。

購入前に知りたい、人気の観葉植物や基本的な管理方法、枯れそうなときの対処法をご紹介します。

 

目次

1.人気の観葉植物の種類

2.観葉植物を知ろう

3.観葉植物の基本的な育て方

4.観葉植物が枯れそうなときの対処法

5.観葉植物を上手に育てるポイント

 

1.人気の観葉植物の種類

 あの観葉植物は何の種類!?他には、どんな仲間がいるのだろう。人気のモンステラは、サトイモ科。サトイモ科の観葉植物は、丈夫で明るい室内で育てられる種類が多いです。また、樹形や葉っぱが愛らしいウンベラータは、クワ科。クワ科の観葉植物も、たくさんいるのでチェックしてみてください。

アオイ科の観葉植物

パキラ

手を広げたような5枚の葉が特徴的なパキラは、比較的乾燥に強く、丈夫で害虫もつきにくいため、初心者におすすめの観葉植物です。インテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。

手を広げたような5枚の葉が特徴的なパキラは、比較的乾燥に強く、丈夫で害虫もつきにくいため、初心者におすすめの観葉植物です。インテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。

▼詳しい育て方はコチラ

パキラ

  • 手を広げたような5枚の葉が特徴的なパキラは、比較的乾燥に強く、丈夫で害虫もつきにくいため、初心者におすすめの観葉植物です。

    インテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。

    ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。小さいものから大きいものまで、様々な鑑賞の需要に応えてくれる観葉植物です。

 

ヤシ科

テーブルヤシ

最近は、100円ショップで見かけることも多くなってきました。ヤシ科の植物ですが、意外なことに直射日光や強い日差しは苦手。水はけがよく直射日光に当たらない場所が好みです。美しい緑の葉をのびのびと伸ばすので室内で育てるのに最適な品種です。

最近は、100円ショップで見かけることも多くなってきました。ヤシ科の植物ですが、意外なことに直射日光や強い日差しは苦手。水はけがよく直射日光に当たらない場所が好みです。美しい緑の葉をのびのびと伸ばすので室内で育てるのに最適な品種です。

▼詳しい育て方はコチラ

テーブルヤシ

  • たくさんあるヤシ科の植物の中でも、育てやすさと形の美しさで人気がります。

    一般的にテーブルにおけるほどちいさいことからテーブルヤシと名づけられました。最近は、100円ショップで見かけることも多くなってきました。

    ヤシ科の植物ですが、意外なことに直射日光や強い日差しは苦手で、水はけがよく直射日光に当たらない場所を好みます。

    美しい緑の葉をのびのびと伸ばすので室内で育てるのに最適な品種です。

    成長も遅く、強健なため初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

 

サトイモ科の観葉植物

ポトス

ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

▼詳しい育て方はコチラ

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

 

モンステラ

葉に独特の切れ目が入る人気の観葉植物モンステラ。熱帯アメリカのジャングルに生えている半蔓性(はんつるせい)の植物です。とても大きくなる種類や小さい種類など、モンステラは25種類~40種類あると言われています。自分の好きなモンステラを育ててみてはいかがでしょうか?

葉に独特の切れ目が入る人気の観葉植物モンステラ。熱帯アメリカのジャングルに生えている半蔓性(はんつるせい)の植物です。とても大きくなる種類や小さい種類など、モンステラは25種類~40種類あると言われています。自分の好きなモンステラを育ててみてはいかがでしょうか?

▼詳しい育て方はコチラ

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力がありますね。

    モンステラは熱帯アメリカに生息するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は成長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。

    乾燥には比較的強く、明るい室内でたまに水やりをするだけで、綺麗に育ちますので、モンステラは総じて観葉植物としては育てやすい品種の一つです。

    日光が入らない部屋でも、たくましく育ってくれる植物は良いですよね!

    モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。

    全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です!

 

アンスリウム(アンスリューム)

アンスリウム(アンスリューム)と言えば赤や白の仏炎苞(ぶつえんほう)が綺麗な人気の観葉植物ですよね。  モンステラやポトスと同じサトイモ科に分類され、約600種類もあると言われています。  花を観賞するタイプや葉を観賞するタイプなど、一口にアンスリウムと言っても様々です。お気に入りのアンスリウムを見つけてみませんか?

アンスリウム(アンスリューム)と言えば赤や白の仏炎苞(ぶつえんほう)が綺麗な人気の観葉植物ですよね。

モンステラやポトスと同じサトイモ科に分類され、約600種類もあると言われています。

花を観賞するタイプや葉を観賞するタイプなど、一口にアンスリウムと言っても様々です。お気に入りのアンスリウムを見つけてみませんか?

▼詳しい育て方はコチラ

アンスリウム

  • アンスリウムはトロピカルな雰囲気を醸し出す観葉植物です。

    熱帯に生息するサトイモ科の植物であり、赤やピンク色のハート型お皿のような仏炎苞(ぶつえんほう)が特徴的です。

    これは花ではなく、ここから細い尾のように出てきた黄色い突起が花になります。

    ギリシャ語の「anthos(花)」と「oura(尾)」から花の名前がつけられているそうです。

    また、アンスリウムは仏炎苞を含めた花が非常に魅力的ですが、成長期に栄養不足や日光不足になると花を咲かせなくなってしまいます。

    仏炎苞はホコリが溜まると汚れが目立つため、定期的に掃除をしてください。また、色が薄くなってきた仏炎苞は剪定してしまうことをおすすめします。

 

クワズイモ

 

アロカシアとも呼ばれる亜熱帯~熱帯地域原産の観葉植物です。日本でも沖縄や九州、四国南部に自生しています。クワズイモは100均でも販売されており、寒さにも暑さにも強い非常に育てやすい観葉植物です。

生長がはやいのも特徴で、大きく育ったクワズイモは絵本のように葉を傘にできるほど大きく育ちます。

▼詳しい育て方はコチラ

クワズイモ

  • クワズイモの魅力を一言で表現するなら、「スタイリッシュで冬に強い」。サトイモ科の仲間ですが、土の中に塊状のイモを作るのではなく、棒状の根茎が地下から地上に伸びる性質を持っています。この棒状の根茎のデザインがおしゃれです。また、大きな葉っぱ(最大で60センチぐらい)も明るいグリーンで、ちょっとしたパラソルのようです。おしゃれな観葉植物として人気なのは、このデザイン性の高さもあると言っていいでしょう。冬に強いというのも大きなメリットです。観葉植物は熱帯地方原産のものが多く、そのため、日本で育てる場合「冬越し」がポイントになりますが、クワズイモは冬越しが大変に楽です。

 

フィロデンドロン・アグラオネマなど

たくさんの観葉植物がありますが、その中でサトイモ科の植物をどれだけ知っていますか?あの人気の観葉植物もサトイモ科の植物なんです。気になる観葉植物やお好みの植物を見つけてみませんか。

たくさんの観葉植物がありますが、その中でサトイモ科の植物をどれだけ知っていますか?あの人気の観葉植物もサトイモ科の植物なんです。気になる観葉植物やお好みの植物を見つけてみませんか。

 

クワ科(ゴムの木の仲間)

ガジュマル

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる子供の精霊が宿るといわれています。ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。  様々な形の気根があり、一つとして同じ形はないので、選ぶ楽しみがあります。

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる子供の精霊が宿るといわれています。ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

様々な形の気根があり、一つとして同じ形はないので、選ぶ楽しみがあります。

▼詳しい育て方はコチラ

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

    ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

    地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    その太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

    鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

 

フィカス・ベンジャミン・バロック

フィカス・ベンジャミン・バロックとはフィカス・ベンジャミンの園芸品種です。クワ科フィカス属に分類される東南アジア原産の植物になります。  葉が下向きにクルンと丸まるちょっと変わった姿をしている人気の観葉植物です。管理の方もそれほど難しくはありません。

フィカス・ベンジャミン・バロックとはフィカス・ベンジャミンの園芸品種です。クワ科フィカス属に分類される東南アジア原産の植物になります。

葉が下向きにクルンと丸まるちょっと変わった姿をしている人気の観葉植物です。管理の方もそれほど難しくはありません。

▼詳しい育て方はコチラ

フィカス・ベンジャミン・バロック

  • フィカス・ベンジャミンは、「ベンジャミン」「ベンジャミンゴムの木」などとも呼ばれる、定番の観葉植物です。

    その新しい品種「バロック」が、最近おしゃれなインテリアグリーンとして、ひそかに人気を集め始めています。

    その特長は、なんといっても葉がすべてくるくるカールしている、ユニークでキュートな姿にあります。葉色は濃い緑ですが、新芽はライトグリーンなので、色の濃淡が部屋をおしゃれに演出してくれます。

    環境の急変などで葉を落とすこともありますが、決して管理のむずかしい植物ではありません。

 

フィカス・ウンベラータ、フィカス・アルテシマなど

フィカス属の植物は、ゴムノキの仲間なんです。人気のフィカス・ウンベラータやアルテシマなど。インテリアグリーンではお馴染みのあの人気の観葉植物も!気になる観葉植物やお好みの植物を見つけてみませんか。

 

アカネ科の観葉植物

コーヒーの木

ミニ観葉植物としてもよく目にする、「コーヒーの木」。また、最近では100円均一でも見かけるようになりました。その名前を見て「これ、飲むコーヒーとはちがうんでしょ?」と思われる方も少なくないかもしれません。いいえ、飲むコーヒーと同じものなんです。観葉植物として市販されているコーヒーの木も、間違いなく「あのコーヒー」。  光沢のある葉が特徴です。耐陰性はあり丈夫ですが、できるだけ明るい場所においてあげるといいです。しかし、夏は直射日光は葉焼けをしてしまうこともあるので気を付けましょう。お水は、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

ミニ観葉植物としてもよく目にする、「コーヒーの木」。また、最近では100円均一でも見かけるようになりました。その名前を見て「これ、飲むコーヒーとはちがうんでしょ?」と思われる方も少なくないかもしれません。いいえ、飲むコーヒーと同じものなんです。観葉植物として市販されているコーヒーの木も、間違いなく「あのコーヒー」。

光沢のある葉が特徴です。耐陰性はあり丈夫ですが、できるだけ明るい場所においてあげるといいです。しかし、夏は直射日光は葉焼けをしてしまうこともあるので気を付けましょう。お水は、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

▼詳しい育て方はコチラ

コーヒーノキ(コーヒーの木)

  • ミニ観葉植物としてよく見かけるコーヒーの木は、アフリカ~マダガスカル周辺が原産のアカネ科コーヒーノキ属に分類される植物の総称です。

    飲み物のコーヒーの原材料となるコーヒーの木とは別物でしょ?と思っている方も多いのではないでしょうか。実は全く同じものなんです!

    コーヒーの原材料となるコーヒーの木はアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の三大原種が多いですが、観葉植物として売られているコーヒーの木もこれらから派生した品種の幼株であることが多いです。

    ちなみに、コーヒーの有名な銘柄であるブルーマウンテンはアラビカ種から派生したティピカという品種になります。

    現在栽培されているコーヒーの木の7割はアラビカ種から派生したものと言われており、ティピカやブルボンと言った品種がおよそ70種はあるのではないか、と言われています。

    栽培品種が多くつくられた背景には原種であるアラビカ種が繊細で、サビ病にかかりやすく土壌も選ぶため安定したコーヒー豆の収穫が出来ない、というものがあるそうです。

    コーヒーの実は赤く、熟すまで約9カ月を要します。完熟したコーヒーの実は非常に赤いため、コーヒーチェリーとも呼ばれています。

    一般家庭でも大き目の鉢に植えしっかりとした管理をすれば実をつけることがあるようです。

 

ウゴキ科の観葉植物

アイビー

アイビー(ヘデラ)はウコギ科の植物で、可愛らしい葉が人気の観葉植物です。暑さにも寒さにも強く育てやすいのも特徴で、他の植物との寄せ植えなどにもよく使用されます。育て方も、風通しのよい半日陰などで、根詰まりに気をつける程度で簡単に育ちます。  日陰の庭の雑草対策のためのグランドカバーとしてもおすすめです。ツルが伸びてきたら、適当にカットして水に挿しておくと、温かい時期なら1週間~2週間で発根してくるので増やすことができます。

アイビー(ヘデラ)はウコギ科の植物で、可愛らしい葉が人気の観葉植物です。暑さにも寒さにも強く育てやすいのも特徴で、他の植物との寄せ植えなどにもよく使用されます。育て方も、風通しのよい半日陰などで、根詰まりに気をつける程度で簡単に育ちます。

日陰の庭の雑草対策のためのグランドカバーとしてもおすすめです。ツルが伸びてきたら、適当にカットして水に挿しておくと、温かい時期なら1週間~2週間で発根してくるので増やすことができます。

▼詳しい育て方はコチラ

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビーが家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

シェフレラ

日本でも定番の観葉植物として親しまれている「シェフレラ(カポック)」です。一本の茎に8~10枚の小葉がつき、美しくつややかな緑の葉には斑入りと斑無しがあり、ガジュマルのように気根を楽しめる仕立てもあります。  育てやすくて暑さや寒さにも強く、環境に対する高い順応性も持っています。

日本でも定番の観葉植物として親しまれている「シェフレラ(カポック)」です。一本の茎に8~10枚の小葉がつき、美しくつややかな緑の葉には斑入りと斑無しがあり、ガジュマルのように気根を楽しめる仕立てもあります。

育てやすくて暑さや寒さにも強く、環境に対する高い順応性も持っています。

▼詳しい育て方はコチラ

カポック(シェフレラ)

  • カポックは世界の温帯~亜熱帯に分布している観葉植物で、シェフレラとも呼ばれており、約600種もあるそうです。

    カポックは非常に強健で、霜が降りず、最低気温0℃以上の地域ならば、秋のうちから寒さに馴らしておけば屋外で越冬することも可能です。

    カポックでよく流通しているのはホンコンという品種で、斑入りのホンコン・ハッピーイエローというのも園芸店やインテリアショップなどで流通しています。

    性質は強健で、初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

 

キジカクシ科の観葉植物

オリヅルラン・ドラセナなど

インテリアグリーンの中でも、人気のある植物の一つが「ドラセナ」でしょう。種類が豊富で、仕立て方もさまざま、置き場所や用途に合わせて楽しめるので、家庭でもオフィスでも重用されています。葉色の濃い緑も美しく、リビングなどで楽しむには最適な観葉植物と言っていいでしょう。ドラセナの中でも寒さに強い品種で、それも大きなメリットです。  ランナーから出る小さな株はカットして植えたり。水栽培などで簡単に増やすことができます。

インテリアグリーンの中でも、人気のある植物の一つが「ドラセナ」でしょう。種類が豊富で、仕立て方もさまざま、置き場所や用途に合わせて楽しめるので、家庭でもオフィスでも重用されています。葉色の濃い緑も美しく、リビングなどで楽しむには最適な観葉植物と言っていいでしょう。ドラセナの中でも寒さに強い品種で、それも大きなメリットです。

ランナーから出る小さな株はカットして植えたり。水栽培などで簡単に増やすことができます。

 

サンスベリア

NASAの研究では、空気を浄化する植物としても認められています。直射日光を好むので、夏の午前中は屋外に出してあげるといいでしょう。冬は水遣りをやめて、できるだけ温かいお部屋で管理して下さい。また、風通しのよい場所を好みます。水は、土が完全に乾いたらたっぷりと与えましょう。

NASAの研究では、空気を浄化する植物としても認められています。直射日光を好むので、夏の午前中は屋外に出してあげるといいでしょう。冬は水遣りをやめて、できるだけ温かいお部屋で管理して下さい。また、風通しのよい場所を好みます。水は、土が完全に乾いたらたっぷりと与えましょう。

▼詳しい育て方はコチラ

サンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティ

  • サンスベリア(サンセベリア)はキジカクシ科サンスベリア属に分類される熱帯アフリカが原産の観葉植物です。

    和名はチトセランで、トリファスキアタ・ローレンティは覆輪斑であるためフクリンチトセランとも呼ばれています。しかし、ローレンティもフクリンチトセランもあまり一般的ではないようで、流通する場合はサンスベリアやトラノオ(虎の尾)という名前が多いようです。

    トラノオはそのままの意味で、見た目が虎の尾に似ているからそう呼ばれるようになったそうです。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱いです。

 

マメ科の観葉植物

エバーフレッシュ

「アカサヤネムノキ」という別名があります。4~9月に黄色い花を咲かせ、その後真っ赤な実に黒い種をつけます。花後に赤いサヤをつけるからだそうです。その涼しげで、軽やかな葉が最大の魅力ですが、実は合歓(ねむ)の木の仲間です。  暑さには強いですが、寒さには弱いので注意してください。土の表面が乾いたらたっぷりとお水を与えましょう。夏場は土が乾きやすいので気をつけたほうがいいです。

「アカサヤネムノキ」という別名があります。4~9月に黄色い花を咲かせ、その後真っ赤な実に黒い種をつけます。花後に赤いサヤをつけるからだそうです。その涼しげで、軽やかな葉が最大の魅力ですが、実は合歓(ねむ)の木の仲間です。

暑さには強いですが、寒さには弱いので注意してください。土の表面が乾いたらたっぷりとお水を与えましょう。夏場は土が乾きやすいので気をつけたほうがいいです。

▼詳しい育て方はコチラ

エバーフレッシュ

  • 4~9月に黄色い花を咲かせ、その後真っ赤な実に黒い種をつけます。花後に赤い実(さや)をつけることから、「アカサヤネムノキ」という別名があります。

    その涼しげで、軽やかな葉が最大の魅力ですが、実は合歓(ねむ)の木の仲間です。昼は葉を広げ、夜になると閉じるといった変化を楽しむこともできます。

    合歓(ねむ)に似た花を咲かせ、夜になると葉を閉じて眠るという性質があります。環境適応能力が高いという特徴はありますが、同時に葉を落としやすい、水やりと冬越しに注意が必要といった育て方のポイントもあります。

 

オリーブ

観葉植物としてのオリーブの魅力は、おしゃれな樹姿と葉。モダンな感じからシャビーな感じのお部屋などスタイルを選ばないのもよいところ。カフェのディスプレイなどでもよく見かけられることがありますので、どのような鉢で飾られているか飾り方の参考にしてみるのもおすすめです。  葉は「平和の象徴」としてデザインされることも多く、「オリーブグリーン」と呼ばれる銀を帯びた独特の色をしています。オリーブは、品種の異なる木がないと実をつけることはできません。実の収穫を目的とする場合は、品種の違う木を1本ずつ用意しましょう。  また、オリーブは0℃以上まで耐寒性がある植物なので、霜が降りなければ屋外でも大丈夫です。また日光が好きなので明るいところで管理しましょう。

観葉植物としてのオリーブの魅力は、おしゃれな樹姿と葉。モダンな感じからシャビーな感じのお部屋などスタイルを選ばないのもよいところ。カフェのディスプレイなどでもよく見かけられることがありますので、どのような鉢で飾られているか飾り方の参考にしてみるのもおすすめです。

葉は「平和の象徴」としてデザインされることも多く、「オリーブグリーン」と呼ばれる銀を帯びた独特の色をしています。オリーブは、品種の異なる木がないと実をつけることはできません。実の収穫を目的とする場合は、品種の違う木を1本ずつ用意しましょう。

また、オリーブは0℃以上まで耐寒性がある植物なので、霜が降りなければ屋外でも大丈夫です。また日光が好きなので明るいところで管理しましょう。

▼詳しい育て方はコチラ

オリーブ

  • オリーブオイルやオリーブのピクルスなど、家庭の食卓でも日常的に利用するようになっているオリーブですが、植物としてのオリーブの魅力は何といっても樹形と葉の形です。「平和の象徴」としてハトが葉を口にくわえているデザインはラッキーモチーフなどで見たことがあるかもしれませんが、あの葉はオリーブなのです。オリーブグリーンと言われる色もありますが、ほかの植物にはなかなかないような葉色や、スモーキーで乾いた感じの枝や幹の色など、様々な魅力があります。

    「平和のシンボル」とされるのは「旧約聖書」のノアの箱舟のエピソードに由来します。ハトがくわえてきたオリーブの枝を見て、ノアは洪水が引いたことを知ったのです。

 

シダの仲間の観葉植物

アジアンタム

小さくて薄い葉が可愛らしいアジアンタムは、イノモトソウ科ホウライシダ属に分類されるシダ植物です。世界の温帯~熱帯に分布しており、約200種もあります。

日本にもホウライシダというアジアンタムの仲間が自生しています。

生長に強い日光を必要としないので、室内でシダ植物を育ててみたいという方におすすめです。

▼詳しい育て方はコチラ

アジアンタム

  • アジアンタムはイノモトソウ科ホウライシダ属に分類されるシダ植物の総称です。世界の温帯~亜熱帯に分布しており、その数は200種を超えるそうです。

    日本でも温暖な地域にはホウライシダ属が自生しています。

    アジアンタムの特徴は薄く小さい葉です。非常に繊細な雰囲気を持ったものが多く、シャワシャワとした葉は観葉植物として人気が高いです。

    アジアンタムはその葉の薄さから乾燥と寒さに弱いです。しかし、耐乾燥性と耐寒性は品種によって異なり、日本に自生しているようなホウライシダは0℃程度まで耐えられます。

    一般的に観葉植物として販売されているアジアンタムはそこまで耐寒性があるわけではないので、冬場は室内などに入れると良いと思います。

 

アスプレニウム

「アスプレニウム」は、常緑多年性の着生シダの仲間で、熱帯地方をはじめ、世界中に650もの品種が分布しています。「アビス」や「マザーファン」などの品種や、日本にも「シマワタリ」、「シマオオタニワタリ」などの品種があり、みずみずしい緑色の葉が人気です。耐陰性があり、明るい日陰を好むので、玄関等のような暗い場所でも管理できます。

「アスプレニウム」は、常緑多年性の着生シダの仲間で、熱帯地方をはじめ、世界中に650もの品種が分布しています。「アビス」や「マザーファン」などの品種や、日本にも「シマワタリ」、「シマオオタニワタリ」などの品種があり、みずみずしい緑色の葉が人気です。耐陰性があり、明るい日陰を好むので、玄関等のような暗い場所でも管理できます。

▼詳しい育て方はコチラ

アスプレニウム

  • アスプレニウムはアスプレニウム属に分類されるシダ植物の総称で、品種名ではありません。

    代表種としてシマオオタニワタリやアスプレニウム・エメラルドウェーブなどがあります。

    アスプレニウムは世界の熱帯に分布しており、650~700種程度存在していると言われています。シダ植物のため耐陰性が強く室内で育てる事も可能です。

    また、強い日光は苦手なので遮光や日陰に置く必要があります。

    オオタニワタリなどは新葉を食用としておひたしや天ぷらにして食べることがあるようです。

 

コウモリラン

樹木に着生しているシダの仲間で、「コウモリラン」と言う名前以外にも「ビカクシダ」とも呼ばれています。「コウモリラン」と呼ばれる由来は、垂れ下がる葉を「羽ばたくコウモリ」に例えたものだと言われています。  コウモリランは、カフェやインテリアショップでも見かけることが多くなり、インテリアグリーンの一つとしても押さえておきたい観葉植物です。  また。コウモリランは、見た目によらず、ポイントを押さえれば、育てやすい観葉植物です。

樹木に着生しているシダの仲間で、「コウモリラン」と言う名前以外にも「ビカクシダ」とも呼ばれています。「コウモリラン」と呼ばれる由来は、垂れ下がる葉を「羽ばたくコウモリ」に例えたものだと言われています。

コウモリランは、カフェやインテリアショップでも見かけることが多くなり、インテリアグリーンの一つとしても押さえておきたい観葉植物です。

また。コウモリランは、見た目によらず、ポイントを押さえれば、育てやすい観葉植物です。

▼詳しい育て方はコチラ

ビカクシダ(コウモリラン)

  • 樹木に着生しているシダの仲間で、「コウモリラン」とも呼ばれています。

    「コウモリラン」と呼ばれる由来は、垂れ下がる葉を「羽ばたくコウモリ」に例えたものだと言われています。

    独特な容姿が特徴ですが、葉の一つは株元に張りつくように出た「貯水葉(ちょすいよう)」または「外套葉(がいとうよう)」、もう一つは、鹿の角のような形をしている「胞子葉(ほうしよう)」になります。

    貯水葉は水を蓄えておくことだけでなく、木などに絡みつく役割もあります。また、品種によってはこの貯水葉の凹凸が非常に美しく、観賞ポイントになります。

    ハンギングバスケットやヘゴ板づけでお部屋に飾るととてもカッコイイです。

    ビカクシダは変種や交配種などが多く存在し、ビカクシダの愛好家も多いです。1株だけでもカッコいいのですが、丸く群生にしたビカクシダはとても迫力があります。

    自生地では樹木に着生しており、大きな群生株が1つの木に複数ついていたり、枝がビカクシダで覆われていることもあるそうです。

    数十年生きた大型種のビカクシダは人の背丈を超える事もあり、まさにモンスター級のシダ植物です。

 

リュウゼツラン

アガベ

乾燥地帯に生育する夏型の多肉植物で、葉は放射状に広がり、縁に棘があるものが多いです。「リュウゼツラン」の名前のほうが有名かもしれません。種類も豊富で、公園やテーマパークではとても大きいものを見かけることもあると思います。大きく育つと見ごたえがあり、観葉植物に向いています。  アガベの種類は、よく探してみると、インテリアショップや商業施設などでも見かけることがありますので、インテリアとしても存在感のある植物です。

乾燥地帯に生育する夏型の多肉植物で、葉は放射状に広がり、縁に棘があるものが多いです。「リュウゼツラン」の名前のほうが有名かもしれません。種類も豊富で、公園やテーマパークではとても大きいものを見かけることもあると思います。大きく育つと見ごたえがあり、観葉植物に向いています。

アガベの種類は、よく探してみると、インテリアショップや商業施設などでも見かけることがありますので、インテリアとしても存在感のある植物です。

▼詳しい育て方はコチラ

アガベ(リュウゼツラン)

  • アガベ(リュウゼツラン)は、乾燥地帯に生育する夏型の多肉植物です。葉は放射状に広がり、縁に棘があるものが多いです。種類も豊富で、公園やテーマパークではとても大きいものを見かけることもあると思います。大きく育つと見ごたえがあり、観葉植物に向いています。アガベは寒さに強い品種も多いので、暖かい地域では庭植えでも楽しむことができます。

 

バショウ科の観葉植物

オーガスタ

オーガスタは、バナナの葉のような葉がトロピカルなイメージで丈夫で枯れにくく育てやすく人気のある観葉植物です。葉のボリュームがあるので、玄関や廊下など、ある程度スペースのある場所に置くといいでしょう。オーガスタを置くだけでリゾート感たっぷりの雰囲気を楽しむことができます。  オーガスタは葉が大きくほこりがたまりやすいので、たまにふき取ってあげましょう。

オーガスタは、バナナの葉のような葉がトロピカルなイメージで丈夫で枯れにくく育てやすく人気のある観葉植物です。葉のボリュームがあるので、玄関や廊下など、ある程度スペースのある場所に置くといいでしょう。オーガスタを置くだけでリゾート感たっぷりの雰囲気を楽しむことができます。

オーガスタは葉が大きくほこりがたまりやすいので、たまにふき取ってあげましょう。

▼詳しい育て方はコチラ

オーガスタ

  • オーガスタは、バナナの葉のような葉がトロピカルなイメージで丈夫で枯れにくく育てやすく人気のある観葉植物です。

    学名は 「Strelitzia nicolai」と言い、皇帝ニコライ一世の名前から nicolai が由来です。オーガスタは、白い綺麗な花も咲くことから「天国の白い鳥」とも呼ばれています。

    葉のボリュームがあるので、玄関や廊下など、ある程度スペースのある場所に置くといいでしょう。オーガスタを置くだけでリゾート感たっぷりの雰囲気を楽しむことができます。

     

 

食虫植物

ウツボカズラ

ウツボカズラ(ネペンテス)は、代表的なつる性の食虫植物で、現在のところ約70種が発見されています。特徴的なツボ型の部分は捕虫器といい、葉が変形したもので、葉の先端がつるの先の膨らみとなります。中に入っている液体のほとんどは水分ですが、消化液が含まれているため、中に落ちた虫等は徐々に消化されます。根は貧弱あまり発達し寒さには弱く、育て方も比較的難易度が高い植物です。

ウツボカズラ(ネペンテス)は、代表的なつる性の食虫植物で、現在のところ約70種が発見されています。特徴的なツボ型の部分は捕虫器といい、葉が変形したもので、葉の先端がつるの先の膨らみとなります。中に入っている液体のほとんどは水分ですが、消化液が含まれているため、中に落ちた虫等は徐々に消化されます。根は貧弱あまり発達し寒さには弱く、育て方も比較的難易度が高い植物です。

▼詳しい育て方はコチラ

ウツボカズラ

  • ウツボカズラは代表的な食虫植物で、現在約90種類が確認されています。つぼ型の部分は捕虫器といって、葉が変化したものです。なかの液体のほとんどは水ですが消化液が含まれているため、虫などを消化することができます。根が貧弱で寒さにも弱いため、栽培の難易度が比較的高い植物です。

 

2.観葉植物(かんようしょくぶつ)を知ろう!

葉や樹形、個性的な姿を楽しむことのできる観葉植物(かんようしょくぶつ)。

鮮やかな色合いや、明るいグリーンで室内を彩る仲間たちが多種類います。人気の観葉植物のモンステラや樹形が面白いゴムノキも、そのひとつ。あの観葉植物の仲間には、こんな種類やあんな種類がいるんです。例えば、人気のモンステラと丈夫で明るい緑のポトスは、同じサトイモ科だって知っていましたか。今回は、観葉植物の基本的な育て方と、たくさんの人気種を紹介します。

 

3.観葉植物の基本的な育て方

観葉植物を、はじめて買った人やこれから育ててみたい方。水やりや管理は、どうすればいいの?という方、ご参考ください。

植物を育てる上で大切な3つのこと

1.日当たり

とっても日光が好きな植物も入れば、直射日光に当たると弱ってしまう種類も。また、部屋の日当たりによって買う植物を決めてもいいと思います。一緒に暮らす観葉植物なので、良い環境で育ててあげたいですね。

____________

\育てるポイント/
植物に合った日当たり

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2.置き場所

観葉植物の性質によって、置く場所が異なります。管理は風通しの良いところの方が状態が良くなると思います。

観葉植物の性質によって、置く場所が異なります。管理は風通しの良いところの方が状態が良くなると思います。

____________

\育てるポイント/
風通しを良くすること

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3.水やり

土が乾いたら、たっぷりと!鉢底から水が溢れるくらいあげます。あげるときは、あげる。あげないときはあげない。メリハリが大事です。

土が乾いたら、たっぷりと!鉢底から水が溢れるくらいあげます。あげるときは、あげる。あげないときはあげない。メリハリが大事です。

____________

\育てるポイント/
土が乾いたら、たっぷりと!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

4.観葉植物が枯れそうなときの対処法

-日当たり-
葉の色が変わるなどの変化を感じたら日当たりが足りないのかもしれません。いきなり日光に当てると、観葉植物もびっくりしてしまうことがあるので、カーテン越しの明るい場所から日に当ててみてください。

-風通し-
風通しがわるいと、根本が蒸れて枯れかけてきたり、虫が発生することがあるので注意してみましょう。

-水やり-
与えすぎると、根が腐ってしまったり幹がしわしわしてきます。土の表面が乾いたらたっぷりを心かけましょう。

-根づまり-
鉢の下をのぞいてみると、根がはっていて成長できずに枯れてしまうことがあります。成長や鉢の大きさにもよりますが、1年~2年に1度は植え替えのチェックをしましょう。

 

5.上手に育てるためのポイント

上手に育てるポイントは、毎日観察すること。お水が足りていない時は、葉っぱの触り心地が違います。また、、病気になりかけてるときは葉が変色したり、何かしらサインを出します。枯らしてしまうのが不安な方、枯れらしてしまう前にみておきましょう。葉水(葉っぱにお水をかける)をしたり、土が乾いていないかチェック!観葉植物の性質に合った日当たり・置き場所で管理しましょう。毎日、観察することで変化に気づくと思います。

上手に育てるポイントは、毎日観察すること。お水が足りていない時は、葉っぱの触り心地が違います。また、、病気になりかけてるときは葉が変色したり、何かしらサインを出します。枯らしてしまうのが不安な方、枯れらしてしまう前にみておきましょう。葉水(葉っぱにお水をかける)をしたり、土が乾いていないかチェック!観葉植物の性質に合った日当たり・置き場所で管理しましょう。毎日、観察することで変化に気づくと思います。

____________

\育てるポイント/
毎日、観察すること!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「【人気の観葉植物】種類と枯れそうなときの対処法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

オススメ特集