季節の花と芍薬を合わせて、初夏のあしらいを楽しむ生け方

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

初夏、この季節の代表の様な芍薬の花は、まん丸で可愛らしい蕾と咲き始めと、咲いている途中の様子どんな姿も美しく満開の華やかさには息をのみます。

芍薬だけでゴージャスに生ける姿も圧巻で見事ですが、今回は芍薬の花と合わせて生けると相性の良い季節の生け込み方を紹介致します。

 

目次

今回、芍薬と合わせる初夏の花達

花を生けてみよう

 

1今回合わせる初夏の花達

■芍薬      2本
■クレマチス   3本
■ギボウシ        2本
■ブルーベリー  1本

芍薬は少し咲き始めて、短くなってきた芍薬を生けました

芍薬

少し咲き始めて、短くなってきた芍薬を生けました

 

クレマチス  この季節に咲く人気の植物です。  お庭に咲いていたクレマチスを今回は合わせましたが、お花屋さんでもこの季節は扱われているので手に入りやすい花です。

クレマチス

この季節に咲く人気の植物です。

お庭に咲いていたクレマチスを今回は合わせましたが、お花屋さんでもこの季節は扱われているので手に入りやすい花です。

 

ギボウシ  大きな葉の形で、明るいグリーンが印象的。全体が明るく爽やかな印象にまとまります。

ギボウシ

大きな葉の形で、明るいグリーンが印象的。全体が明るく爽やかな印象にまとまります。

 

ブルーベリーの枝  この季節のブルーベリーは爽やかなグリーンと透明感あるピンクがかった赤色の実が印象的です。  初夏の爽やかさや涼し気な様子を演出する枝モノを取り入れてみましょう。

ブルーベリーの枝

この季節のブルーベリーは爽やかなグリーンと透明感あるピンクがかった赤色の縁取りをした実が印象的です。

初夏の爽やかさや涼し気な様子を演出する枝モノを取り入れてみましょう。

 

目次に戻る≫

2花を生けてみよう

1.ブルーベリーの枝を花器の2倍程の長さに合わせて切り、枝は自然に枝が固定される位置に生けます。  水に浸る箇所に葉がついている場合は先にカットしておきましょう。  枝モノを入れる事で空間や奥行きを表現する事が出来ます。  芍薬の重厚感を和らげて全体の調和を涼やかにまとめあげる役割をします。

1.ブルーベリーの枝を花器の2倍程の長さに合わせて切り、枝は自然に枝が固定される位置に生けます。

水に浸る箇所に葉がついている場合は先にカットしておきましょう。

枝モノを入れる事で空間や奥行きを表現する事が出来ます。

芍薬のボリューム感を和らげて全体を涼やかに調和し、まとめあげる役割をします。

 

枝ははさみで割く様に切り込みを入れましょう。  水が吸いやすくなります。

枝はハサミで割く様に切り込みを入れましょう。

水が吸いやすくなります。

 

2.次に主役になる芍薬の花の位置を決めます。

2.次に主役になる芍薬の花の位置を決めます。

どっしりと全体をリードする花となります。

 

3.クレマチスの位置を決めます。  クレマチスは芍薬の厚みや重量感ある花を可憐な花びらとシックな色で全体を引き締めバランスを取ります。

3.クレマチスの位置を決めます。

クレマチスは芍薬の厚みや重量感ある花を可憐な花びらとシックな色で全体を引き締め色味のバランスを取ります。

 

クレマチスも、水に浸かる箇所の葉はカットします。

 

クレマチスの残りも芍薬の横にあしらいます。  これはグルーピングという生け方で、一か所にまとめて生ける事によって全体が引き締まる効果と、  芍薬の存在感とクレマチスの可憐さの両方を引き立て合う事が出来る生け方です。  コツは自然に咲いている様に、花の向きを意識して生けてみましょう。

クレマチスの残り2本も芍薬の横にあしらいます。

これはグルーピングという生け方で、一か所にまとめて生ける事によって全体が引き締まる効果と、芍薬の存在感とクレマチスの可憐さの両方を引き立て合う事が出来る生け方です。

コツは自然に咲いている様に花の向きを意識して生けてみる事がポイントです。

 

4.クレマチスの位置が決まったら、もう一本の芍薬を生け込みます。  はじめの芍薬はアレンジ全体の中心となる花になります。  もう一本は最初の芍薬より少し蕾の花を選び、上の位置に生け込みます。  小さめの花を選ぶ事によって、芍薬のボリューム感を少し軽やかにし自然植生を感じる生け方になり飾られている様子に安定感が出て来ます。

4.クレマチスの位置が決まったら、もう一本の芍薬を生け込みます。

はじめの芍薬はアレンジ全体の中心となる花になります。

もう一本は最初の芍薬より少し蕾の花を選び、上の位置に生け込みましょう。

小さめの花を選ぶ事によって、芍薬のボリューム感を少し軽やかにし自然植生を感じる生け方になり、飾られている様子に安定感が出て来きます。

 

5.最後にギボウシの葉を全体のバランスを見ながら生け込みます。

右側に流れる様に生けられたブルーベリーと対称の位置に生ける事によって、全体の形をまとめ上げてバランスをとる役割です。

 

目次に戻る≫

 

▼関連記事

 

▼関連ワード

「季節の花と芍薬を合わせて、初夏のあしらいを楽しむ生け方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ