シャクヤクの生け方、扱い方~季節の生花を飾ろう。

金子三保子

金子三保子

公開日 :

初夏は季節ならではの花材が色々と出回る季節です。
初夏の花材の代表花と言えば芍薬(シャクヤク)。只今、花屋さんには旬の花材として、たくさんの品種のシャクヤクが出回り中です。今回は生花のシャクヤクの特徴や扱い方をご紹介します。

目次

シャクヤク・peony

シャクヤクのつぼみから満開まで

シャクヤクの生け方・扱い方

シャクヤクの豊富な花色をご紹介

シャクヤク・peony

シャクヤクは5月~6月の初夏に咲くボタン科の多年草です。

シャクヤクは5月~6月の初夏に咲くボタン科の多年草です。

和名では「シャクヤク」、英名では「ピオニー」と呼ばれ、園芸品種をはじめ、生花としてもとても人気のある花です。バラも本来の開花時期は初夏ですが、バラの生花は通年出回っているのに対して、シャクヤクは出回りが5月~6月の開花時期の季節にだけ出回る花材です。シャクヤクの魅力と言えば開花した時の華やかさ!つぼみの時からは想像もできない大輪になる花姿がとても人気です。たっぷりと生けても、一輪で生けても、とても豪華に見える花材です。また、他のお花と組み合わせるのも素敵ですが、シャクヤクだけを1種生けしても素敵です。

それではシャクヤクのつぼみから開花までの様子と、花屋さんでシャクヤクを買ってきたときのお手入れの仕方をご紹介します。

シャクヤクのつぼみから満開まで

シャクヤクのつぼみ

つぼみの時はお団子のようにギュッとした形。ころんとしたつぼみの様子からは、満開の状態は想像できないですよね。

つぼみの時はお団子のようにギュッとした形。ころんとしたつぼみの様子からは、満開の状態は想像できないですよね。

つぼみがベタベタしていたら・・・

品種にもよりますが、シャクヤクのつぼみの状態の時に、花からベタベタした蜜のようなものが出ていることがあります。

この蜜があまりにも多いと、花びらやガクがくっついてしまって、開花を妨げることがあります。

ベタベタが多い時は、濡れたティッシュなどで蜜をふき取ると、きれいに咲いてくれます。

霧吹きをしてふき取っても大丈夫ですが、水分が花びらに残ると花びらが傷みやすくなるので、水滴はやさしくふき取るようにします。もともと蜜があまり出ていないものもありますので、つぼみが固くてベタベタしている場合にやってみてください。

 

シャクヤクのつぼみと開花した時のサイズ

シャクヤクは弾けるように開き出すと、こんなに大輪に!

弾けるように開き出すと、こんなに大輪に!咲き始めてしばらくは、夜はつぼみが閉じ気味になり、朝になると再び開きます。

 

シャクヤクの横顔

正面から見てもきれいですが、シャクヤクは横顔も美しい花です。

正面から見てもきれいですが、シャクヤクは横顔も美しい花です。

 

満開のシャクヤク

花芯が見えて花びらがそっくりかえってきたら、もうすぐ終わり。

花芯が見えて花びらがそっくりかえってきたら、もうすぐ終わり。

目次に戻る≫

シャクヤクの生け方・扱い方

シャクヤクの生け方・扱い方

1.つぼみがベタベタとしている場合は、濡れたティッシュやふきんで蜜をやさしくふき取ると、つぼみが開きやすくなります。

2.花瓶につかる部分の葉と下の方についている葉を取り去ります。下葉はある程度取り去った方が、花にまで水が上がりやすくなります。

3.茎は斜めに切りましょう。切り口の面積を広げることによって、花の水の吸い上げがよくなります。

4.花瓶にはたっぷりの水を入れましょう。水はこまめに変えるか、切り花用の延命剤を使って水を清潔に保ちましょう。

5.開くととても大輪になる花です。大輪になった時を想定した花瓶を選ぶと、お花と花瓶のバランスがよくなります。重さのある花なので、軽すぎる花瓶だとひっくり返して大惨事になりかねません。安定感のある花瓶を選びましょう。

目次に戻る≫

シャクヤクの豊富な花色をご紹介

シャクヤクの魅力は、なんといっても咲いた時の華やかさ。その他、最近では品種(種類)が年々増えて、花色や咲き方のバリエーションが多くなってきたのも人気のひとつです。

白のシャクヤク

白のシャクヤク

初夏の花木、ビバーナムと白のシャクヤクの花あしらい

初夏の花木、ビバーナムと白のシャクヤクの花あしらい。

 

ただいま花屋さんではたくさんの品種のシャクヤクを見ることができます。この季節だけ出回る花材なので、お気に入りの品種を見つけに花屋さんに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

シャクヤク・ピンク系

ピンク系のシャクヤクは、淡い色から濃いめのピンクまでとてもたくさんの種類があります。

 

シャクヤク・オリエンタルゴールド

シャクヤク・オリエンタルゴールド

ハイブリッドシャクヤクと呼ばれるシャクヤク。牡丹とシャクヤクの交配種です。

 

シャクヤク・レッドチャーム

シャクヤク・レッドチャーム

目次に戻る≫

ただいま花屋さんではたくさんの品種のシャクヤクを見ることができます。シャクヤクはこの季節だけ出回る花材なので、お気に入りの品種を見つけに花屋さんに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ただいま花屋さんではたくさんの品種のシャクヤクを見ることができます。シャクヤクはこの季節だけ出回る花材なので、お気に入りの品種を見つけに花屋さんに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

シャクヤクの関連記事

シャクヤク(芍薬)

  • 芍薬(シャクヤク)はアジア原産の多年草です。

    その種類は豊富にあり、季節になると地面から新芽を出しスッと伸びた茎から大きな花を咲かせるのが特徴です。

    花を見ただけでは見分けがつかない、よく似た花を咲かせる牡丹(ボタン)とは全く違う植物です。

    牡丹(ボタン)は落葉低木で「木」として扱われ、芍薬(シャクヤク)は「草」として扱われます。

    薬用植物としても知られ、花から根まで余すことなく漢方薬としても使用され、江戸時代からは「茶花」として観賞用として楽しまれました。

    その後改良されて観賞用として多くの品種が作られ、形、花、切り花としても人気が高いお花です。

 

 

▼関連ワード

「シャクヤクの生け方、扱い方~季節の生花を飾ろう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ