ゲウム(ダイコンソウ)の花言葉|種類、花の特徴、名前と花言葉の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ゲウム(ダイコンソウ)の花言葉や種類、花の特徴、名前の由来をご紹介!ゲウム(ダイコンソウ)は、山地の道端に自生するバラ科の多年草。

目次

ゲウム(ダイコンソウ)の花言葉

「ゲウム(ダイコンソウ)」の花言葉は「前途洋々」「希望にあふれる」

目次に戻る≫

ゲウム(ダイコンソウ)について|基本情報

科・属 バラ科・ダイコンソウ属
和名 大根草
英名 Avens
学名

Geum japonicum(ダイコンソウ)

原産地 日本、中国、ユーラシア、南北アメリカ
開花期 5月~8月

目次に戻る≫

ゲウム(ダイコンソウ)とは|花の特徴、名前と花言葉の由来

ゲウム(ダイコンソウ)は、初夏から夏にいちごの花に似た、可愛らしい黄色の花を咲かせるバラ科の多年草。ダイコンソウ(大根草)という和名は、葉が大根の葉に似ていることにちなみます。

ゲウム(ダイコンソウ)Geum japonicumは、北海道〜九州の山野、丘陵地、草地などに自生しています。草丈は50〜80cmほど、全体にやわらかな毛が密生し、ロゼット状の株元から茎を伸ばして頂点に咲く花は、黄色で直径1.5〜2cm程度の小輪です。

 

canva ダイコンソウ

花が終わると小さないがぐりのような実ができます。これは人や動物の服や毛にくっついて種を遠くまで運ばせようとする、いわゆる「ひっつきむし」です。

 

canva ゲウム

ゲウム(ダイコンソウ)の花言葉の由来は、明るい色をしていることから「希望にあふれる」というような前向きな花言葉になったという説があったり、種が人や動物などにくっついて遠くまで運ばれて未来が開けるという説などがあります。

目次に戻る≫

ゲウム(ダイコンソウ)の種類

ゲウムマイタイ

ゲウム・マイタイ

ダイコンソウ属には、たくさんの種類があります。

園芸種として品種改良されたものは、「ゲウム」や「西洋ダイコンソウ」の名で出回り、品種が豊富です。花色は、黄色、オレンジ、赤、ピンク、白、アプリコットなど、草丈は品種によって矮性から高性までさまざまです。

 

canvaゲウム・リバレ

ゲウム・リバレ

咲き方はダイコンソウのような一重のほか、八重咲き、うつむくように咲く風鈴咲きなどがあります。

▼ゲウム(ダイコンソウ)の育て方

 

▼ゲウム(ダイコンソウ)の関連記事はこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ゲウム(ダイコンソウ)の花言葉|種類、花の特徴、名前と花言葉の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧