3月31日の誕生花|ルリジサ(ボリジ)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

3月31日の誕生花は「ルリジサ(ボリジ)」です。「ルリジサ(ボリジ)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

3月31日の誕生花

3月31日の誕生花は「ルリジサ(ボリジ)」。

「ルリジサ(ボリジ)」の花言葉は「有機」「保護」。

 

ルリジサ(ボリジ)について

科・属  ムラサキ科・ルリジサ属
和名  瑠璃萵苣
英名  Borage
学名  Borago officinalis
原産地  地中海沿岸
開花期  4月~10月

 

ルリジサ(ボリジ)の特徴

ルリジサ(ボリジ)は、地中海沿岸が原産の一年草で、星形に広がる5枚の花びらを持ち、下を向いて咲く花が特徴的です。春に種をまくと、初夏から夏にかけて花を咲かせ、秋にまくと大型に生長し、草丈は1mほどになり、翌春に花を咲かせます。ボリジは、聖母マリアの青い衣を描く時に使われたことから「マドンナ・ブルー」とも呼ばれている、美しい青色の花です。

葉の表面は、白い剛毛が生えており、触れるとチクチクします。稀に葉にかぶれる人もいるため、注意が必要です。花にはミツバチなどの受粉時の送粉者(ポリネータ)が集まり、周りの植物の実付きがよくなると言われます。

英名では「ボリジ」と呼ばれます。ルリジサの「ジサ」は「ヂシャ」とも呼ばれ、レタスのことを指しています。ルリジサの葉や茎はハーブとして食用にされ、また色が鮮やかな「瑠璃色」をしてたことからこの名がついたと考えられます。

西洋では古くから勇気を生み出すハーブとして知られています。

 

ルリジサ(ボリジ)の種類

一年草のルリジサ(ボリジ)花の色は青色と白の2種類があります。その他に宿根ボリジがあり、花色は淡いブルーです。宿根ボリジは、這性の性質があります。

 

ルリジサ(ボリジ)の花の色の変化

ボリジは、ヨーロッパで戦士が出陣前にボリジの花をワインに浮かべ、勇気を奮い立たせたと言われています。 こんなふうにワインにボリジを浮かべると…

ルリジサ(ボリジ)は、ヨーロッパで戦士が出陣前にボリジの花をワインに浮かべ、勇気を奮い立たせたと言われています。
こんなふうにワインにボリジを浮かべると…

 

ボリジの花は青からピンクに変わります。

ルリジサ(ボリジ)の花は青からピンクに変わります。

▼ルリジサ(ボリジ)の育て方など詳しい情報はこちら

ボリジ(ルリジサ)

  • ボリジは地中海沿岸に自生する一年草のハーブです。花後に種を付け枯れていきます。

    春に種をまくと、初夏から夏にかけて花を咲かせ、秋にまくと大型に生長し、草丈は1mほどになり、翌春に花を咲かせます。ボリジはこぼれ種でも発芽するほど繁殖力があるので、環境にあうと1年中発芽する場合もあります。

    ボリジの花の色は濃い青色と白があります。ボリジの青色は聖母マリアの青い衣を描く時に使われたことから「マドンナ・ブルー」とも呼ばれています。

    ボリジの葉の表面は白い剛毛が生えており、触れるとチクチクします。稀に葉にかぶれる人もいるため、注意が必要です。

    ボリジの葉の表面は白い剛毛が生えており、触れるとチクチクします。稀に葉にかぶれる人もいるため、注意が必要です

    ボリジの花にはミツバチなどの受粉時の送粉者(ポリネータ)が集まり、周りの植物の実付きがよくなると言われます。

    ボリジの花にはミツバチなどの受粉時の送粉者(ポリネータ)が集まり、周りの植物の実付きがよくなると言われます。

▼ルリジサ(ボリジ)の関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「3月31日の誕生花|ルリジサ(ボリジ)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ