ボリジ(ルリジサ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ボリジ(ルリジサ)
学名

Borago officinalis

英名
Borage
科名
ムラサキ科
属名
ルリジサ属
原産地
地中海沿岸

ボリジ(ルリジサ)の特徴

ボリジは地中海沿岸に自生する一年草のハーブです。花後に種を付け枯れていきます。

春に種をまくと、初夏から夏にかけて花を咲かせ、秋にまくと大型に生長し、草丈は1mほどになり、翌春に花を咲かせます。ボリジはこぼれ種でも発芽するほど繁殖力があるので、環境にあうと1年中発芽する場合もあります。

ボリジの花の色は濃い青色と白があります。ボリジの青色は聖母マリアの青い衣を描く時に使われたことから「マドンナ・ブルー」とも呼ばれています。

ボリジの葉の表面は白い剛毛が生えており、触れるとチクチクします。稀に葉にかぶれる人もいるため、注意が必要です。

ボリジの葉の表面は白い剛毛が生えており、触れるとチクチクします。稀に葉にかぶれる人もいるため、注意が必要です

ボリジの花にはミツバチなどの受粉時の送粉者(ポリネータ)が集まり、周りの植物の実付きがよくなると言われます。

ボリジの花にはミツバチなどの受粉時の送粉者(ポリネータ)が集まり、周りの植物の実付きがよくなると言われます。

ボリジ(ルリジサ)の詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 40~150cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 青、白
開花時期 4~6月

ボリジの花の色の変化

ボリジは、ヨーロッパで戦士が出陣前にボリジの花をワインに浮かべ、勇気を奮い立たせたと言われています。 こんなふうにワインにボリジを浮かべると…

ボリジはヨーロッパで戦士が出陣前にボリジの花をワインに浮かべ、勇気を奮い立たせたと言われています。

こんなふうにワインにボリジを浮かべると…

ボリジの花は青からピンクに変わります。

ボリジの花は青からピンクに変わります。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング