ニゲラの育て方|植物図鑑

植物名
ニゲラ
学名

Nigella

英名
Love in a mist
和名
黒種草
科名
キンポウゲ科
属名
クロタネソウ属
原産地
南ヨーロッパ

ニゲラの特徴

ニゲラは原産国は地中海沿岸と西アジアの、秋蒔き一年草の草花です。春から初夏にかけて花が咲き、花も葉も独特なフォルムで小さめの花ながら、その雰囲気はとても存在感がある草花です。繊細そうな姿をしていますが、性質は強く、環境が合えば、こぼれ種でも増えます。花びらに見える部分はガク片で、本来の花びらは退化して目立たない形状です。

ニゲラという名はラテン語の「Niger ・黒い」からきています。

和名はクロタネソウと言います、花後にバルーン状の果実が膨らみ、中に黒い種が出来る事からこの名前がつきました。

ニゲラの品種はたくさんあり、年々新品種が作り出されています。園芸店では苗ものとして、生花店では切り花としても流通が増え花以外にも種が入った実の状態でも出回っています。

ニゲラの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~100cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 白、ピンク、ブルー、紫、複色
開花時期 4月~7月上旬

ニゲラの種類

DSC_1307

ニゲラ・アフリカンブライド

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング