ニゲラ(クロタネソウ)の花言葉|種類、花の特徴と花言葉の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ニゲラ(クロタネソウ)の花言葉や種類、花の特徴、花言葉の由来をご紹介。ニゲラ(クロタネソウ)は、春から初夏にかけて咲く一年草。青、白、ピンクなどの花びらに見えるガクが細かく裂けた様な柔らかい糸状の葉に覆われたユニークな形で、ふんわりと優しい雰囲気を持つ花です。

目次

ニゲラ(クロタネソウ)の花言葉

ニゲラ

ニゲラ(クロタネソウ)の花言葉は「戸惑い」「夢で逢えたら」「未来」

明確な色別の花言葉はつけられていません。

目次に戻る≫

ニゲラ(クロタネソウ)について|基本情報

科・属  キンポウゲ科・クロタネソウ属
和名  黒種草
英名  Love in a mist
学名  Nigella
原産地  南ヨーロッパ
開花期  4月~7月上旬

目次に戻る≫

ニゲラ(クロタネソウ)とは|花の特徴と花言葉の由来

ニゲラ

ニゲラ(クロタネソウ)は、秋に種をまき、春から初夏にかけて開花する一年草です。花も葉も独特なフォルムで、小さめながらとても存在感があります。繊細に見えますが、性質は強く、環境が合えばこぼれ種でも増えます。

花びらに見える部分はがく片で、本来の花びらは退化して目立たない形状をしています。

ニゲラ(クロタネソウ)という名は、ラテン語の「Niger (黒い)」からきています。和名のクロタネソウ(黒種草)は、花の後にできる種の色がゴマのように真っ黒なことに由来します。

英名ではLove in a mist(霧の中の恋)と呼ばれていますが、それは、霧のように見えるたくさんのつぼみの中で、ひっそり咲いている花の姿からイメージしたのではないかと言われています。「戸惑い」「夢で逢えたら」という花言葉は、Love in a mist(霧の中の恋)という英名が由来とされています。

 

ガクが散り、バルーン状に膨らんだニゲラの実はドライフラワーとしても楽しめます。

花びらのようなガクが散ると、中心がバルーン状に膨らみ、その中に種ができます。

「未来」という花言葉は、種をつくって子孫をたくさん残すことから付けられたのではと言われています。

目次に戻る≫

ニゲラ(クロタネソウ)の種類

ニゲラ・アフリカンブライド

一般的な花色は、青、白、ピンクですが、次々と新品種も登場し、苗のほか、切り花やドライフラワーとしての流通も年々増えています。

 

ニゲラ(クロタネソウ)の育て方

 

ニゲラ(クロタネソウ)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ニゲラ(クロタネソウ)の花言葉|種類、花の特徴と花言葉の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス