薄(ススキ)の育て方|植物図鑑

植物名
薄(ススキ)
学名

Miscanthus sinensis

英名
silver grass
和名
別名・流通名
尾花(オバナ)
科名
イネ科
属名
ススキ属
原産地
南、東アジア

薄(ススキ)の特徴

薄(ススキ)は、日本の秋を代表するイネ科の多年草です。中秋の名月にも薄(ススキ)を飾るのが習わしとなっている他、秋の七草のひとつである尾花(オバナ)とは薄(ススキ)のことを指します。

薄(ススキ)は、草丈1~2mほどにもなります。晩夏から秋にかけてすっとした細い葉と茎の間から、穂を出します。そのまま、秋の終わりになると種子を風に乗せて周囲に飛ばします。この種子でも増えると同時に地下茎でも増えます。さらに痩せ地でも良く育つため、あまり土壌を選びません。

薄(ススキ)は、日当たりの良い場所を好み群生します。秋になると河原や線路わきの土手など日当たりの良い場所で薄(ススキ)が群になって生えているのを見かけます。秋が終わり、冬になってもそのままドライフラワーのようになるので、その姿を枯れ薄(ススキ)と呼び、季語として使われます。

園芸品種で葉に斑の入ったものや、あまり大きくならない種などもあります。

薄(ススキ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~2m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白銀色
開花時期 9~10月

薄(ススキ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
株分け

薄(ススキ)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たり良く風通しの良い場所を好みます。

用土

薄(ススキ)は排水性の良い土壌を好みます。水はけが悪いと根が腐りやすくなるので、気をつけましょう。鉢植えの場合は市販の培養土で十分です。

薄(ススキ)の育て方のポイント

水やり

薄(ススキ)はある程度乾燥にも耐えます。地植えの場合は、夏期に数日晴天が続くような時は、朝か夕方に水やりを行いましょう。それ以外は特に必要ありません。鉢植えの薄(ススキ)は、表土が乾いたら、鉢底から出てくるくらいたっぷりと与えます。

肥料

薄(ススキ)は痩せ地でも育つ植物です。特に必要ありません。過肥にすると葉ばかり生長し、穂が上がりにくくなります。

病害虫

目立った病害虫の被害はありません。

薄(ススキ)の詳しい育て方

選び方

株元からしっかりと葉が出ているものを選びましょう。葉の密度が薄いものや、持ち上げてみて、株自体が軽いものは避けるようにしましょう。

植え付け

薄(ススキ)の植え付けは2~3月の休眠期に行います。

植え替え・鉢替え

薄(ススキ)の植え替えは、休眠期の2~3月に行います。

9~10月に葉よりも上に出て、風になびくように揺れる白銀色の穂が、薄(ススキ)の花になります。

収穫

秋、穂が出た後の薄(ススキ)を収穫して、ドライフラワーとして楽しむことが出来ます。

夏越し

夏は薄(ススキ)の生育期です。乾燥が続くような時はたっぷりと水を与えましょう。

冬越し

地上部は枯れてしまいますが、地下茎は休眠している時期です。枯れた姿をそのままにしておいて枯れ薄(ススキ)の風情を楽しむのもいいでしょう。枯れ薄(ススキ)を楽しむつもりがなければ、地表から3~5㎝を残して刈り取ってしまいます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

薄(ススキ)は株分けで増やします。2~3月の休眠期に行います。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング