花菖蒲(ハナショウブ)の育て方|植物図鑑

植物名
花菖蒲(ハナショウブ)
学名

Iris ensata

英名
Iris sanguinea
和名
花菖蒲(ハナショウブ)
科名
アヤメ科
属名
アヤメ属
原産地
日本、朝鮮半島~シベリア

花菖蒲(ハナショウブ)の特徴

花菖蒲(ハナショウブ)は江戸時代を中心に品種改良が進んだ古典園芸植物です。現在は5000種類以上の品種があります。

5月頃から新芽を出して50㎝~1m程に丈を伸ばし花を咲かせます。色は白、青、紫、斑入り、黄色などがあります。

花の形は3枚の花びらを開かせる三英咲きと6枚の花びらを開かせる六英咲きと八重咲があります。葉は細くくっきりとした脈が隆起しています。

品種の育成地によって大きく分けると江戸系、伊勢系、肥後系、長井古種の4タイプにこれらの交配種もあり、さらに種間交配によって育成された黄花品種や、アメリカなど海外で育成された品種もあります。

花菖蒲(ハナショウブ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50㎝~100㎝
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 白、青、紫、ピンク、黄
開花時期 6月~7月

大きく分けた4系統の花菖蒲。

「江戸系」

江戸時代は菖蒲の栽培や鑑賞が盛んで、この時代に完成された品種がこのあとの時代にも続く栽培品種の基礎となりました。色彩も豊富で庭植にも向いています。

「伊勢系」

三重県の松阪地区で室内観賞用に栽培と品種改良をされた品種です。鉢植え向きに栽培されたものが多い。花びらが大きく下に垂れ下がるのが特徴的で花びらが3枚の三英花が多い。熱心な園芸家の紀州藩士の吉井定五郎が独自で品種改良した菖蒲は「イセショウブ」の名で三重県の指定天然記念物となり各地に知られる様になりました。

「肥後系」

熊本県を中心に室内観賞用に栽培と品種改良をされた品種です。鉢植え向きに栽培され花はボリュームがあり花びらは6枚の六英花が多い。現在まで品種改良が進んでいる。

江戸時代後期に肥後熊本藩主の細川斉護が菖翁の所へ藩士を弟子入りさせた、門外不出の菖蒲「肥後六花」の中の一つを譲り受けたが、大正時代に菖翁との約束を破り外部へ広まってしまった為、現在では熊本県外の庭園などで目にする事が出来る。

「長井古種」

山形県の長井市で栽培されてきた品種で、昭和37年に三系統いずれにも属さない品種が確認され「長井古種」と命名され日本各地へ知れ渡りました。江戸時代後期から熱心に品種改良された品種の影響を受けていない原種に近いものと評価されています。34種あるうちの13種が長井市指定天然記念物とされています。

 

花菖蒲(ハナショウブ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
苗植え付け
植え付け
肥料

花菖蒲(ハナショウブ)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。
極端な乾燥をする所でなければ、水辺から一般的に育つ場所を選ばず幅広く育成できます。

温度

耐寒性も耐暑性もあります。日本の風土ではどの季節でも温度をきにせず育てる事が出来ます。

用土

園芸店などで一般的に取り扱われている草花用の培養土で育ちます。
植え付けの時は肥料が少ない方が良く、根が良く根づいてから肥料を施します。

花菖蒲(ハナショウブ)の育て方のポイント

日常の管理

花菖蒲(ハナショウブ)の花が終わったら、花がらを摘み取ります。摘み取ると2番花が咲きやすくなります。

水やり

花菖蒲(ハナショウブ)の水やりは、3月頃から発芽期に入る頃から、土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。開花時期は十分な水を必要炉します。水が少ないと花が綺麗に咲かず、開花の期間も短くなります。
水が溜まる器にそのまま鉢を入れておいても良いでしょう。

花が終わり株の成長期の秋は水を溜めた器から鉢を出し土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

冬の休眠期は降雨だけで十分です。

肥料

花菖蒲(ハナショウブ)の肥料は年に3回施しましょう。
早春に芽が出る前と開花後の7月にお礼肥を少量施します。
9月~10月に肥料を与える事によって株を太らせる事が出来ます。
この季節に株を育てる事が翌年も良い花が咲きます。

病害虫

5月~6月頃にヨトウムシとメイガが付きます。

小さいヨトウムシは浸透移行性剤やオルトラン水和剤で予防できます。大きくなってくると幼虫は土の中に隠れて夜間に活動します。
デナポンを巻いておくと寄せ付けません。

メイガの幼虫はこまめにチェックして、みつけたら捕獲しましよう。

花菖蒲(ハナショウブ)の詳しい育て方

選び方

花菖蒲(ハナショウブ)の苗を選ぶ時は葉が黄色になっているものは避け、葉の色が濃い緑色をしていて、葉が折れたりしていない株をえらびましょう。

種まき

種は春か秋に巻きます。
土は一般的な培養土を準備します。
種は撒いてから3年ほどで開花します。

植え付け

ポット苗は春から初夏にかけて植え付けます。
秋の過ごしやすい季節も植え付けは可能です。

植え替え・鉢替え

植えっぱなしにして数年たつと、生育が衰えて来ます。連作を嫌い土壌の改良も必要なので、鉢植えの場合は開花直後に毎年植えなおしをすると良いです。

花は大きく分けると三英花(花びらが3枚)六英花(花びらが6枚)の2種があります。

収穫

花が終わり、乾燥してら花ごと収穫します。
花殻の根元にある種を取り出して、冷蔵庫に保管します。

夏越し

夏越しの為の特別な準備は必要ありません。

冬越し

冬越しの為の特別な準備は必要ありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

開花直後が適しています。
根と茎が隠れる程度の深さに植えましょう。
その際、注意する事は新芽が伸びていく方向を確認して、まっすぐ天に伸びていく向きに植え付けます。

人気の植物ランキング