キンラン(金蘭)の育て方|植物図鑑

植物名
キンラン(金蘭)
学名

Cephalanthera falcata

英名
Golden Orchid
和名
キンラン
科名
ラン科
属名
キンラン属
原産地
日本、朝鮮半島、中国

キンラン(金蘭)の特徴

キンランは日本の本州から九州の山林に自生するラン科の多年草です。金蘭(キンラン)の名前の由来は、黄色の花色を金色に見立てて付けられたものです。同じキンラン属に銀蘭(ギンラン)という白花を咲かせる品種もあります。

キンランは太陽の光がある程度入る山林で見かけます。強い陽射しが当たるような場所では見かけません。キンランの花は4~5月頃に開花します。茎の先に付いた数個の花を、晴れた日の日中に咲かせます。花びらが開ききらないのも特徴です。

キンランは土中の菌根菌やそれを取り巻く環境と共存していると言われています。かといって非常に気難しい植物というほどのことはなく、環境が合えば群生するように咲いている姿も見かけます。

キンランは現在絶滅危惧種とされています。山野で見かけても掘り起こして持ち帰ることのないようにしてください。

キンラン(金蘭)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~70㎝程度
耐寒性 普通
耐暑性 普通
花色 黄色
開花時期 4~5月

キンラン(金蘭)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花

キンラン(金蘭)の栽培環境

日当たり・置き場所

キンランは山林に自生している植物です。落葉樹の足元のような明るい半日陰を好みます。

用土

キンランは自然の落ち葉でできた、ふかふかの腐葉土のような土壌を好みます。

キンラン(金蘭)の育て方のポイント

水やり

芽吹いてからのキンランは自然の雨に任せておいて問題ありません。

肥料

キンランは樹木と菌根菌との共生関係の中でバランスをとって生長する植物です。特に追肥の必要はありません。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

キンラン(金蘭)の詳しい育て方

キンランの花は4~5月頃に開花します。山林の落葉樹の足元のような明るい半日陰で咲いています。注意しながら見てみると意外と身近なところで見つかります。

冬越し

キンランは冬は地上部が枯れたようになって越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング