ヒペリカムの育て方|植物図鑑

植物名
ヒペリカム
学名

Hypericum

英名
Hypericum
科名
オトギリソウ科
属名
オトギリソウ属
原産地
中国

ヒペリカムの特徴

ヒペリカムはオトギリソウ属のラテン名で、日本で古くから植えられているものは2種あります。海外からの新しい品種を加えた総称でヒペリカムとよばれます。どちらも庭木や公園樹として広く栽培される半落葉小低木で自然形は株立ちでこんもりと枝葉が広がります。6~7月頃に枝先に3~4センチの黄色い梅に似た花をつけ花弁は5枚で厚くて光沢があります。おしべは多数あり金色の糸を5つの束に分けたような花姿が特徴的です。よく枝分かれし高さ約1mになる枝は弓型に垂れます。また秋には赤色から熟すと黒紫色に変化する実を楽しむことが出来ます。

ヒペリカムの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm~1m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 6月~7月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング