「苦土石灰」の使い方と使用量の目安、効果や成分とは?

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

苦土石灰(くどせっかい)は土をアルカリ性に傾ける効果があるので、苦土石灰をうまく使えば植物はとても育ちやすくなります。

多くの植物は中性から弱アルカリ性の土を好みますが、日本では酸性雨の影響によって土は酸性に傾いてしまっています。苦土石灰の使い方と使用量の目安、効果や成分についてご紹介します。

目次

苦土石灰の成分

苦土石灰の効果

苦土石灰の使用量の目安

苦土石灰の使い方

苦土石灰の成分

「苦土」はマグネシウム、「石灰」はカルシウムのことを指します。

苦土石灰とは、「ドロマイト」と呼ばれる岩石を使いやすいように粉状や粒状にした肥料です。炭酸カルシウムと酸化マグネシウムが主な成分です。

苦土石灰の効果

日本の土は、酸性雨の影響によって酸性に傾いていますが、多くの植物は中性からアルカリ性を好みます。苦土石灰は土をアルカリ性に傾ける効果があり、土に苦土石灰を混ぜることによって中性やアルカリ性にすることができます。  また、石灰には植物の根を強くする効果があり、苦土(マグネシウム)は葉の葉緑素を形成するときに必須の要素です。これが欠けると下葉から黄色くなって枯れていきます。

gi_logo_grey

日本の土は、酸性雨の影響によって酸性に傾いていますが、多くの植物は中性からアルカリ性を好みます。苦土石灰は土をアルカリ性に傾ける効果があり、土に苦土石灰を混ぜることによって中性やアルカリ性にすることができます。

また、石灰には植物の根を強くする効果があり、苦土(マグネシウム)は葉の葉緑素を形成するときに必須の要素です。これが欠けると下葉から黄色くなって枯れていきます。

苦土石灰の使用量の目安

苦土石灰は、一般的には1㎡に100g または 土1kgに1.5g 散布します。一般的には1㎡にひと握りくらいが目安として言われています。この分量で苦土石灰を撒くとpHが約0.5上がり、土が少しアルカリ性に傾きます。

しっかりと正確にやりたい方は、市販の測定器などで土のpHを計測し、土の状態を見ながら足す量を調整してください。 

苦土石灰の使い方

適量の苦土石灰を土に撒いたら、まずは良く土と混ぜてください。粉状のものは、風で飛んでしまわないように注意しましょう。土に苦土石灰が均等に混ざったら植え付けができます。

苦土石灰は扱いやすく被害も出にくいですが、心配な方は苦土石灰を混ぜ、1週間経ってから肥料を混ぜ、もう1週間経ったら植え付けをしてください。

植え替え時や植え付け時以外にも、下葉が枯れてきた等で足りていないと感じたら、その都度土に苦土石灰を混ぜてください。

 

▼苦土石灰はこちらをチェック!

Amazonで苦土石灰を探す

楽天市場で苦土石灰を探す

 

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「「苦土石灰」の使い方と使用量の目安、効果や成分とは?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ