植物にも栄養満点!納豆で作る米ぬかぼかし肥料の作り方

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

米ぬかと油粕、魚粕などの有機質肥料を発酵させてつくる肥料を一般的にぼかし肥料といいます。有機質肥料を使用する以外にも、米ぬかにこうじ菌、乳酸菌、納豆菌、酵母菌などの自然の微生物を用いて作った発酵肥料もぼかし肥料の仲間なんです。

今回はお米屋さんや精米所で手に入る「米ぬか」と、朝ごはんのお供「納豆」でぼかし肥料を作ってみましたのでご紹介します。

目次

米ぬかとは

納豆で作る米ぬかぼかし肥料の作り方

米ぬかぼかし肥料が完成するまで

米ぬかぼかし肥料の使用方法

米ぬかとは

米ぬかとは、玄米を精米するときに出るお米の種皮や胚の部分の粉のことをいいます。

この米ぬかは、ビタミン、ミネラル類、脂肪、たんぱく質など多くの栄養素を含んでいるため、米油、ぬか漬けや各種加工食品として食べられています。

玄米からとれる米ぬかと白米は、栄養素の割合でいうと米ぬかが9割以上、白米は1割未満という分析結果も出ているほどです。こんなに栄養豊かな米ぬかを捨ててしまうのはもったいない!利用しない手はありませんね。

米ぬかはどこで売ってるの?

米ぬかは、お米屋さんで量り売りをしています。タケノコの季節には、あく抜きをする材料としてスーパーに売られています。他にもネット販売、精米所、農協などの直売所で入手できます。米ぬかを日常的に活用することに慣れてきたら、一家に一台精米機を購入してもいいですね。

米ぬかの酸化

なるべく新しい米ぬかを購入しましょう。というのも、米ぬかの酸化を防ぐためです。米ぬかは、精米した時から酸化がはじまります。保存状態にもよりますが、賞味期限は精米してから一週間ほどといわれています。

今回は肥料用として使用しますので賞味期限の有無は問いませんが、できるだけ早いうちに使用しましょう。

保存方法

生の米ぬかは虫が湧きやすいので使う分だけ購入するか、ジップロックやペットボトルのような密封できる容器に入れ冷凍庫で保管しましょう。

食用として米ぬかを活用しようと思っている方は乾煎りして冷ました後、密閉できる容器に入れ、冷凍庫または冷蔵庫で保存しましょう。

 

目次に戻る≫

納豆で作る米ぬかぼかし肥料の作り方

〜材料〜  ・米ぬか 1000g ・水   500~800cc ・納豆  1/4~1パック ・段ボール(30×20×20cm) ・ガムテープ  (用意する米ぬか、納豆の量はだいたいの目安で構いません。)

〜材料〜

・米ぬか 1000g
・水   500~800cc
・納豆  1/4~1パック
・段ボール(30×20×20cm)
・ガムテープ

(用意する米ぬか、納豆の量はだいたいの目安で構いません。)

 米ぬかぼかし肥料の作り方

段ボールの底をガムテープでしっかりとふさいでいきます。

段ボールの底をガムテープでしっかりとふさいでいきます。

 

虫が入り込まないように、隙間は埋めていきましょう。

虫が入り込まないように、隙間は埋めていきましょう。

 

発酵させるために必要な水を入れます。

そこに米ぬかを全量入れ、発酵させるために必要な水を入れます。

 

まんべんなく水分を含ませますが、この時大切なのは水の量です。  握ると固まりますが、手で簡単に崩れる位の水分量を目指しましょう。

まんべんなく水分を含ませますが、この時大切なのは水の量です。握ると固まりますが、手で簡単に崩れる位の水分量を目指しましょう。

 

米ぬかに混ざりやすいよう納豆に少量の水を入れて、米ぬかに加えます。

米ぬかに混ざりやすいよう納豆に少量の水を入れて、米ぬかに加えます。

 

よく混ぜ合わせ、空気をしっかりと入れることで発酵が進みます。  後は堆肥作りと同じで、段ボールのふたを閉めて、風通しが良いようにすのこなどの上に段ボールを置きます。

よく混ぜ合わせ、空気をしっかりと入れることで発酵が進みます。

 

ふたを閉めて…

ふたを閉めて…

 

風通しが良いように、すのこなどの上に段ボールを置きます。

段ボールのふたを閉めて風通しが良くなるように、すのこなどの上に段ボールを置いて管理しましょう。

目次に戻る≫

米ぬかぼかし肥料が完成するまで

毎日しっかり混ぜ合わせましょう。素手で混ぜても、米ぬかは肌にいいので何だかしっとりするような気がします。

毎日しっかり混ぜ合わせましょう。素手で混ぜても、米ぬかは肌にいいので何だかしっとりするような気がします。

発酵

発酵が進むと米ぬかの温度が上がります。状況によって日数に差は出ますが、だいたい2~4日で発酵が始まります。全然発酵が進まないときは混ぜ方が足りないか、水が少ないかもしれません。

私も作った当初は米ぬかに対して水の量が足りないようでした。数日経った後水を追加しても十分発酵しましたので、諦めずに発酵するまで待ってくださいね。

好気性菌

このまま発酵が進むと、好気性菌といって無害な白いカビが出てきます。発酵が進んでいる証拠ですので安心してください。

米ぬかと腐葉土、野菜クズの堆肥にできた好気性菌

もし、米ぬかぼかし肥料に白いカビが出てきてもそれは好気性菌といって無害なカビです。発酵が進んでいる証拠ですので安心してください。

注意点

毎日のお手入れを何日かさぼってしまったり、混ぜるのを辞めて放置すると、コバエやダニが発生しやすくなります。肥料に新鮮な空気を入れるため、しっかり混ぜ合わせましょう。

水が多すぎると腐敗の原因になりますので、入れすぎには注意しましょう。腐敗すると異臭がします。その際は、必ず廃棄しましょう。

完成の合図

発酵が完了し、温度が下がると完成です。長期保管する際は、よく乾燥させましょう。  米ぬかは虫が湧きやすいので、少量ずつ使う分だけ作ることが望ましいですね。

発酵が完了し、温度が下がると完成です。長期保管する際は、よく乾燥させましょう。

米ぬかは虫が湧きやすいので、少量ずつ使う分だけ作ることが望ましいですね。

 

目次に戻る≫

米ぬかぼかし肥料の使用方法

植物を植え付ける時の元肥として使用することができます。プランターの土の量に対し、1割ないし一握り程度の米ぬか肥料を混ぜ込んで使用しましょう。米ぬかは、実肥といってリン酸を多く含む肥料です。実物野菜に積極的に利用してください。

いかがでしたか?

今年は自家製の米ぬかぼかし肥料で作った野菜の美味しさを実感してくださいね。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植物にも栄養満点!納豆で作る米ぬかぼかし肥料の作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ