冬の三大植物特集

油かすを使用するときは気を付けて!正しい油かすの使用方法や注意点を知っておこう

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

油かすといえば古くから農業で使用される有機質由来の肥料です。土壌の微生物を増やし、土をふかふかにしてくれます。しかもこの油かすは、水と合わせて熟成させ液肥としても使用できる肥料です。

今回は、この植物由来の肥料「油かす」についてご紹介します。

目次

油かすとは

油かすの液肥の作り方

油かすを使用するときの注意点

油かすの使用方法

油かすとは

油かすという言葉から連想できるように、油を絞った残りの部分を油かすといいます。油かすの原料にはどんなものがあるのでしょうか。

植物質肥料

油かすは魚かすや鶏糞などの有機質肥料の中でも、植物が原料の植物質肥料の仲間です。菜種などの種子から油を採った残りかすで、製油工場の副産物として生産されています。  リン酸とカリも多少含んでいますが、主に窒素の含有量の多い有機肥料です。土壌の微生物を増やし、土壌の団粒化を促す土壌改良剤としても優れた肥料です。ゆっくり効果が持続する緩効性肥料のため元肥として使用される有機肥料です。

油かすは魚かすや鶏糞などの有機質肥料の中でも、植物が原料の植物質肥料の仲間です。菜種などの種子から油を採った残りかすで、製油工場の副産物として生産されています。

リン酸とカリも多少含んでいますが、主に窒素の含有量の多い有機肥料です。。

油かすのいろんな種類

油かすの原料となる植物のほとんどの割合をしめるのは菜種です。この他に大豆やごま、ニーム、椿などの種類があります。菜種や大豆、ごまは食用でも馴染みがありますが、ニームや椿は通常の油かすとは少し違った使われ方をします。

ニーム油かす

木酢液のように、害虫を防ぐ目的で使用されるニームの実のオイルの絞りかすで作られた油かすです。肥料としてだけでなく、害虫忌避の効果も期待できる油かすです。

椿油かす

椿油の油かすには天然サポニンが含まれています。このサポニンという物質には、水と振り混ぜると石鹸のように泡が立つ界面活性作用の性質があります。

この界面活性作用を利用して芝生に椿油かすをふりかけ、水をかけ泡立てることでミミズやナメクジの駆除に使用されます。

骨粉入り油かす

菜種などの一般的な油かすに含まれる栄養素は、窒素4~7%、リン酸1~3%、カリ1~2%程度が含まれています。つまり葉肥である窒素がその成分のほとんどを占めるため、実肥のリン酸の成分を多く含む骨粉と合わせることで窒素4%、リン酸7%、カリ1%ほどのリン酸の成分を上げた油かすです。

醗酵油かす

油かすに10種類以上の有機素材をバランス良く配合し醗酵させた油かすなので、窒素3%、リン酸6%、カリ3%位のバランスの良い栄養を含んでいます。

目次に戻る≫

油かすの液肥の作り方

油かす100%の肥料では、土に混ぜ熟成されるまでに時間がかかる緩効性の肥料です。これを速効性の肥料にするために、油かすを液肥に加工して植物に与えてみましょう。

油かすと水の割合は1:10~15位にですが、それぞれのメーカーによりおすすめの希釈率がありますので、パッケージに記載されている割合を参考にしましょう。

油かすの液肥の材料

油かす  (200g)  水    (2ℓ)  ペットボトル

・油かす 200g

・水 2ℓ

・ペットボトル

油かす液肥の作り方

1 ペットボトルに油かすを入れます。

1. ペットボトルに油かすを入れます。

 

2 水をいれ、よく混ぜ合わせます。

2. 水をいれ、よく混ぜ合わせます。

3 . ガスが発生しますので、できれば毎日ペットボトルをふって混ぜ合わせた後ガスを抜いてください。

4. 1ヶ月ほどで完成です。

油かす液肥の使い方

油かすで作った液肥の希釈の倍率もメーカーによっておすすめの倍率があります。液肥を与える対象植物によって多少希釈倍率は違いますが、だいたい2~10倍位に希釈して与えます。

粉末や固形の油かすは緩効性肥料といって、植物が油かすの栄養分を吸収するまでに時間ががかりますが、油かすの液肥は1ヶ月程かけて醗酵させているので植物がすぐ吸収できるようになっています。

 

目次に戻る≫

油かすを使用するときの注意点

植物由来の環境にも優れた油かすですが、使用方法を間違えると一気にトラブルが発生しやすい肥料でもあります。

肥料焼け

油かすは粗蛋白質や可溶性窒素物を多く含んでいるため、土壌で栄養を分解される速度は遅い性質があります。そのため、油かすを土に混ぜてすぐに作物を育てたり種をまいたりすると、油かすの分解に伴いアンモニアガスや亜硝酸ガスが発生して、作物の生育を邪魔してしまうことがあります。

あらかじめ醗酵させていない油かすを肥料として使用する際は、油かすを土に混ぜてから2週間ほどおいて種まきや苗の植え付けを行いましょう。

虫の発生

家畜の飼料にもなる油かすはタネバエなどの幼虫が発生したり、野ネズミなどの動物が寄ってくるなどの被害が起きることあります。虫などの発生を防ぐためには、油かすを他の堆肥や有機肥料とともにボカシ肥にしてから畑に施肥するなどの対応をした方が良いでしょう。

 

臭い

油かすは土に混ぜ、発酵させることで土の栄養分として完成し、匂いが無くなります。そのため発酵前の段階ではどうしても臭いがしてしまうため、土に投入する際は深めに穴を掘り油かすを入れ厚めに土を被せた方が良いようです。

また、液肥を作っている時に生じるガスは大変臭いのです。ペットボトルの蓋をしめて保存するのですが、ガスが充満し爆発してしまった時の臭いは大変臭いため、管理にはくれぐれも注意しましょう。

目次に戻る≫

油かすの使用方法

油かすは土壌の微生物を増やし、土壌の団粒化を促す土壌改良材としても優れた肥料です。ゆっくり効果が持続する緩効性肥料のため元肥として使用されることが多い有機肥料です。

畑の元肥として

種まきや植え付けの2週間前に油かすを入れ、土によくすき込みましょう。

種まきや植え付けの2週間前に油かすを入れ、土によくすき込みましょう。

鉢やプランターの追肥として

水をやった後、鉢の周りに油かすを入れ、自然に醗酵させながら使用しますが、匂いや虫の発生に注意しましょう。

水をやった後、鉢の周りに油かすを入れ、自然に醗酵させながら使用しますが、匂いや虫の発生に注意しましょう。

庭木

樹の根元から離れたところに施します。目安として葉先の広がっているところの土の下10cmほどの穴を掘って油かすを施します。

 

いかがでしたか?

植物由来の油かすは、私たちが調理で使用する油を作る際に出る絞りかすから作られます。その油かすを作物を作る時に再利用することは、地球にも私たちにもとっても優しいリサイクル活動ですね。

みなさんも油かすの特徴を理解して、上手に使いこなしてくださいね。 

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

▼関連ワード

「油かすを使用するときは気を付けて!正しい油かすの使用方法や注意点を知っておこう」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ