肥料の種類や使い方、使うタイミング【家庭菜園編】

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

家庭菜園を始めると「種や苗を植える前に元肥を施しましょう」「追肥をしましょう」など、必ずといっていいほど出てくる「肥料」というキーワード。

どんな種類の肥料があって、肥料の入れるタイミングはいつなのか、そんな家庭菜園の肥料についてご紹介します。

 

目次

肥料について

肥料とは、植物を生育させるために必要な栄養分を意味します。  肥料の3要素と呼ばれる成分は、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)のこの3つです。  他にカルシウム、マグネシウムを加えると肥料の五大要素となります。  窒素(N)の働き  主に植物を大きく生長させる作用があり、特に葉を大きくするため葉肥(はごえ)と言われています。過剰に与えると、植物体が徒長し、軟弱になるため病虫害に侵されやすくなります。  リン酸(P)の働き  リン酸は、花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)と言われ、その名の通り「花」や「トマト」などの実を肥やす働きがあります。  カリウム(K)の働き  主に根の発育に関係するため根肥(ねごえ)といわれます。

肥料とは、植物を生育させるために必要な栄養分を意味します。肥料の3要素と呼ばれる成分は、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)のこの3つです。他にカルシウム、マグネシウムを加えると肥料の五大要素となります。

窒素(N)の働き

主に植物を大きく生長させる作用があり、特に葉を大きくするため葉肥(はごえ)と言われています。過剰に与えると、植物体が徒長し、軟弱になるため病虫害に侵されやすくなります。

リン酸(P)の働き

リン酸は、花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)と言われ、その名の通り「花」や「トマト」などの実を肥やす働きがあります。

カリウム(K)の働き

主に根の発育に関係するため根肥(ねごえ)といわれます。

目次に戻る≫

元肥(もとごえ)と追肥(ついひ)

肥料は施す段階で「元肥(もとごえ)」と「追肥(ついひ)」といって言い方も、施す肥料分の種類も、施す場所も違ってきます。

元肥(もとごえ)

種や苗の植え付けをする前に、作物が元気に生長するために最初に与える肥料を元肥(もとごえ)といい、「窒素・リン酸・カリこの3要素を含む肥料です。作物を育てるスタート時点で施す肥料というところから、葉を育てる窒素分を多く含みます。ゆっくり効果のあらわれる緩効性肥料の有機肥料がよく使用されます。

元肥の施す場所は、畑の前面に肥料をまき良く耕しますトマトのような苗ものは苗底の根の近くに施します。この時くれぐれも直接根に肥料がふれないように注意しましょう。

追肥(ついひ)

植え付け後、ほとんどの作物は元肥(もとごえ)の肥料効果が薄れてくるため、追加で肥料を施す必要がでてきます。この追加で施す肥料のことを追肥(ついひ)といいます。元肥(もとごえ)と求められる効果が違うところは、生育中の作物に早急な効果が求められる点にあります。そのため、追肥(ついひ)には速効性のある化成肥料が使用されることが多いようです。(有機肥料でも速効性のものがありますが、肥料障害の起こらないよう完全に発酵済のものを使用ください)  追肥を施す場所は、作物が肥料を吸収しやすいように根の先に施します。作物の根の先がどの辺は分からない方は、目安として伸びた葉の先の真下の土に施すと良いでしょう。  作物によって追肥(ついひ)の必要のないものもありますので、必ず作物ごとの育て方をご確認下さい。

植え付け後、ほとんどの作物は元肥(もとごえ)の肥料効果が薄れてくるため、追加で肥料を施す必要がでてきます。この追加で施す肥料のことを追肥(ついひ)といいます。元肥(もとごえ)と求められる効果が違うところは、生育中の作物に早急な効果が求められる点にあります。そのため、追肥(ついひ)には速効性のある化成肥料が使用されることが多いようです。(有機肥料でも速効性のものがありますが、肥料障害の起こらないよう完全に発酵済のものを使用ください)

追肥を施す場所は、作物が肥料を吸収しやすいように根の先に施します作物の根の先がどの辺は分からない方は、目安として伸びた葉の先の真下の土に施すと良いでしょう。

作物によって追肥(ついひ)の必要のないものもありますので、必ず作物ごとの育て方をご確認下さい。

お庭の肥料例

お礼肥(おれいごえ)

花を咲かせたり、果実を収穫した後の植物にありがとうの想いを込めて追肥する肥料。

芽出し肥(めだしごえ)

宿根草や花木が動きだす春に備えて、2月下旬~3月上旬に与える肥料。

目次に戻る≫

 

\肥料の種類を解説!/

 

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「肥料の種類や使い方、使うタイミング【家庭菜園編】」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ