トマトの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
トマト
学名
Solanum lycopersicum
英名
Tomato
和名
トマト
科名
ナス科
属名
ナス属
原産地
南アメリカ

トマトの特徴

夏野菜の代表ともいえるトマト。現在様々な品種が改良され青臭さもなく、まるでフルーツのように甘いトマトの品種もあります。トマトは緑黄色野菜の1つで、トマトの栄養に含まれるクエン酸は疲労回復効果があり、その他にもリコピン、グルタミン酸など栄養も豊富で、健康や美容にも効果があることも人気の理由です。調理方法も生のままいただくサラダから、煮込み料理、ソース、スイーツなど様々な料理に使えます。

このトマト、じつは植物学者たちの調査によりトマトの原種は大玉トマトではなく、チェリートマト(ミニトマト)ということが分かっています。大玉トマトの方が突然変異として、チェリートマト(ミニトマト)よりも後に生まれました。アンデス高原に自生していたトマトの野生種は、いずれもチェリートマトの種類だったようです。

原産地では多年草ですが、日本のような温帯で育てると1年草として栽培されます。この野生種のトマトは、メキシコから北米に伝わり、実際に栽培されるようになったのは19世紀に入ってからです。ヨーロッパへ伝わるのは、コロンブスの新大陸発見が大きく影響し、ヨーロッパでトマトを食べるようになったのは、18世紀以降といわれています。

当初、ミニトマトやトマトは観賞用として育てられ、食用とされることはありませんでした。というのも、新大陸からヨーロッパに伝わった時に、トマトの実がとても赤いために有毒植物と信じられていたからです。

日本に伝わったのは17世紀の江戸時代ですが、同じように観賞用として伝わってきました。「赤茄子」としての価値しか見出せず、しばらくの間観賞用としてのみ育てられていました。

トマトの赤い実は毒性ではありませんが、じつはトマトの苗自体には有毒物質が含まれています。完熟のトマトにはほとんど含まれていませんが、「トマチン」といって、花・葉・茎などに多く含まれているため、トマトの葉は食べることができません。

トマトの詳細情報

園芸分類 野菜
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 5月〜

トマトの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

トマトの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い場所を好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

生育適温は25℃ですが、比較的涼しい環境を好みます。

用土

プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

トマトの育て方のポイント

水やり

植えつけてから1週間くらいはトマトの根がしっかり根づくまで水をしっかり与えます。その後の水やりは控えめにして土の中にしっかり根が生えるようにしましょう。収穫期の水やりを控えめにすることで、トマトが甘い実になりやすいようです。
反対に梅雨時期の雨はトマトにとって肥大しすぎの原因になったり、病気を発症しやすい環境になります。プランターで栽培している場合は、あまり雨の当たらない軒下に移動することが好ましいでしょう。

肥料

トマトは早い段階から肥料を与えると、茎葉が茂って実つきが悪くなります。そのため、一番果を確認してから肥料を株の周囲に施します。その後は2週間に1回、規定量を施しましょう。

病害虫

穴が開いているトマトは中にオオタバコガ・タバコガがいる可能性大です。必ず実ごと取り除きましょう。
梅雨明け後の乾燥した時期に発生しやすいのがハダニです。日頃から葉水をかけ、ハダニを防ぎましょう。
うどんこ病灰色かび病炭疽病 野菜全般にかかる病気です。 葉や実に病斑が現れ、葉先から枯れたりしていきます。 春、梅雨の過湿期、夏の高温期などがかかりやすいため、 梅雨時期は雨が当たらないようにしてあげるなどの工夫をしましょう。 疫病の箇所が見つかったら、すぐに除去しましょう。 うどんこ病は植物の葉などに粉をまぶしたように白くなります。真夏の時期を除いた5月~6月と9月~10月に発生しやすい病気です。はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると植物全体に蔓延しますので、葉が密集しないように管理しましょう。

トマトの詳しい育て方

選び方

花が花咲き始めたころの苗を用意しましょう。節のしまった徒長していない、葉が大きく、濃い緑色のしっかりとした苗がよい苗です。病害虫に侵されていない、健康で元気な苗を選びましょう。

種まき

4月ごろに育苗ポットに種をまいて苗を作ります。

植え付け

定植はゴールデンウィーク前後の時期が適期です。トマトの花蕾がついてから植え付けるのがポイントです。 トマトの実は、花がついている側だけになります。通路側に花を向けて植え付けると収穫しやすいです。
【畑の場合】 水はけをよくするため耕してから、畝を作ります。黒いビニールでマルチングをし、苗を植える部分を丸くカットします。 1m幅の畝に株間45~60cm幅で植えつけます。植えつけたら苗を支えるように支柱を立て、麻ひもで結びましょう。
【プランターの場合】 根がしっかり生えるように深さが30cm以上あるプランターを用意するとよく生長します。1つのプランターに1苗で植えつけ、苗が倒れて折れないように支柱を立てましょう。

仕立て方

わき芽の摘み取り

主枝と葉の間にわき芽が形成されます。主枝の生育を充実させるためにも、早めにわき芽は摘み取りましょう。

最近のトマトの品種は「芯止まり性ではない」ものが多いので、シンプルに主枝を伸ばして、出てきたわき芽を摘みますが、「芯止まり性」のトマトは、第一花房下のわき芽を伸ばして栽培します。苗についているラベルに、芽かきの方法が書いてありますので確認しましょう。

わき芽を取るときは切り口から病原菌の侵入を防ぐため、晴れた日に手で摘み取りましょう。ハサミを使用する時は、使用ごとにアルコール除菌をしなければならないので、手で摘み取ることをお勧めします。
大玉トマトは1本仕立てが基本です。中玉トマトは1~2本を目安に、ミニトマトは2~3本仕立てを目安に芽かきをしましょう。
わき芽が大きくなりすぎたときは、無理せず消毒したハサミで切り取り、切り取ったわき芽をそのまま土に挿して育てることができます。根付くまで水は多めに与えましょう。しっかり根付くまでしおれがちになりますが、その後元気を取り戻します。完全に枯れてしまわない限りはあきらめずに根付くのを待ちましょう。

摘芯(摘心)・摘果

主枝が支柱の高さくらいまでになったら、上の葉を2枚残して摘み取りましょう。

大玉トマトは、大きく実を充実させるために摘果を行います。形の悪い実や小さい実を摘果し、ひと房に4~5個の実に抑えましょう。トマトの生長度合いをみながら判断してください。

黄色い花を咲かせ、順次トマトの実になります。

収穫

ヘタの周りまで赤く熟したら収穫時期です。同じ株でも、日の当たり方などでも熟し方は異なりますので、熟したものから収穫しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング