ビカクシダ・ウィリンキーを胞子から育ててみました

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

ビカクシダというシダ植物をご存知でしょうか?コウモリの羽根のような個性的な形をしている事から、別名コウモリランとも呼ばれています。

LOVEGREEN編集部に大きなビカクシダのウィリンキーが仲間入りし、一枝折れてしまった葉の裏に沢山の胞子のうがついていたので、今回は5つの育て方で胞子培養してみる事にしました。どの育て方で胞子が上手く発芽するのか?一緒に観察してみましょう。ビカクシダ胞子培養の世界へ。

目次

ビカクシダ・ウィリンキーってどんな植物

ビカクシダは樹木に着生して自生しているシダの仲間です。ビカクシダは個性的な生育をする植物で、役割の違う2種類の葉を持っているのが特徴です。一つは株元に張り付くようにはえている外套葉(がいとうよう)という貯水の役割をする丸みを帯びた葉で、もう一つは長細く葉の先が鹿の角の様に分かれた様な形をしている胞子葉(ほうしよう)という葉です。胞子葉(ほうしよう)は大きく成長すると葉の先の裏側に沢山の胞子嚢(ほうしのう)をつけます。ビカクシダは色々な種類と原産国がありますが、今回育てるビカクシダ・ウィリンキーは赤道直下の熱帯地方に多く分布しているビカクシダです。ビカクシダ・ウィリンキーはビカクシダの中でも大型の種類で、水を溜める外套葉(がいとうよう)と胞子をつける胞子葉(ほうしのう)が上下に伸び、胞子葉は長く垂れ下がり優雅な姿をしています。生長は乾期と雨季がはっきりとした地域が原産の為、4~10月の乾期の間に外套葉(がいとうよう)を成長させ、雨季の11~3月までは成長期で胞子葉を大きく成長させる特徴があります。

ビカクシダは樹木に着生して自生しているシダの仲間です。ビカクシダは個性的な生育をする植物で、役割の違う2種類の葉を持っているのが特徴です。

一つは、株元に張り付くように生えている「外套葉(がいとうよう)」という貯水の役割をする丸みを帯びた葉で、もう一つは、長細く葉の先が鹿の角の様に分かれた様な形をしている「胞子葉(ほうしよう)」という葉です。

胞子葉は、大きく生長すると葉の先の裏側に沢山の胞子嚢(ほうしのう)をつけます。この胞子嚢がはじけて中にある胞子が飛ばされて、樹木などに付着して発芽します。

ビカクシダは、色々な種類と原産国がありますが、今回育てるビカクシダ・ウィリンキーは、赤道直下の熱帯地方に多く分布しているビカクシダです。

ビカクシダ・ウィリンキーは、ビカクシダの中でも大型の種類で、水を溜める外套葉と胞子をつける胞子葉が上下に伸び、胞子葉は長く垂れ下がり優雅な姿をしています。

乾季と雨季がはっきりとした地域が原産の為、4~10月の乾季の間に外套葉を生長させ、雨季の11~3月までは生長期で胞子葉を大きく生長させる特徴があります。

目次に戻る≫

ビカクシダ・ウィリンキーの胞子培養をする前にする準備 1

準備するもの

  1. バーミキュライト
  2. ピートモス(今回はピートモスを固めた小さな鉢を使用します。)
  3. 水苔
  4. ジフィーセブン(ピートモス、やし繊維、肥料が混ざっている種まき用の土)
  5. 素焼きの置き物(素焼きのヤギ)
  6. タッパー

胞子培養に挑戦してみたいと思います。この写真の様に葉の裏についている茶色の部分が胞子です。葉の先の部分にビロードのようなフワフワとした様子で着いています。

胞子培養に挑戦してみたいと思います。この写真の様に葉の裏についている茶色の部分が胞子です。葉の先の部分にビロードのようなフワフワとした様子で着いています。

ビカクシダの胞子ってこんな形

顕微鏡でのぞき込むとクルっと先が丸まった胞子の殻が葉の裏を覆っています。この殻の中に胞子のうが隠れています。

顕微鏡でのぞき込むとクルっと先が丸まった胞子のうが葉の裏を覆っています。この胞子のうの中に胞子が隠れています。

胞子を集めてみよう

ビカクシダ・ウィリンキーの葉の裏についている胞子をスプーンを使って集めてみました。

ビカクシダ・ウィリンキーの葉の裏についている胞子のうをスプーンを使って集めてみました。

 

集めた胞子は小さな器に入れます。

集めた胞子のうは小さな器に入れます。

 

収穫したら、一週間ほど乾燥させて胞子のうという小さな種を出します。この茶色く見える所は胞子の周りを包んでいる皮です。乾燥させる事によって付着している小さな種が剥がれ落ちます。

収穫したら、一週間ほど乾燥させます。この茶色く見えるものは胞子のうという小さな種の周りを包んでいる皮です。乾燥させる事によって付着している小さな胞子が剥がれ落ちます。

 

乾燥させる為、紙などに包んで10日程、保存し乾燥させましょう。

乾燥させる為、紙などに包んで10日程、保存しましょう。

 

乾燥させた胞子からは青い丸の中に見える、卵型で金色の胞子のうが出てきました。キラキラしていて美しい様子をしています。いよいよ胞子のうを撒ます。  準備するもの 1.バーミキュライト  2.ピートモス(今回はピートモスを固めた小さな鉢を使用します。)  3.水苔  4.ジフィーセブン(ピートモス、やし繊維、肥料が混ざっている種まき用の土)  5.素焼きの置き物(素焼きのヤギ)  6.タッパー  7.筆  準備が出来たらいよいよ胞子を撒いてみよう。

乾燥させた胞子のうからは、青い丸の中に見える卵型で金色の胞子が出てきました。キラキラしていて美しい様子をしています。

いよいよ胞子をまいてみます。

目次に戻る≫

 

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ビカクシダ・ウィリンキーを胞子から育ててみました」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ