素敵な新品種がいっぱい!ムスカリの育て方や飾り方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ムスカリは小さなぶどうみたいな形がかわいい、春の球根の花。最近はガーデニングの他、切り花としても人気です。

今回はムスカリの育て方や飾り方、最近のムスカリの新品種などをご紹介します。

目次

ムスカリとは

ムスカリの育て方

ムスカリの芽出し球根

ムスカリの種類

ムスカリを飾って楽しむ

ムスカリとは?

ムスカリは、キジカクシ科ムスカリ属の球根植物。  コンパクトなサイズで大きくなっても草丈15cmほど。寒さに強くて、庭に地植えをすると自然分球で増え、植えっぱなしOKなので、ガーデニング初心者さんにもおすすめの球根の花です。小さな寄せ植えに使ってもかわいい素材ですが、広い空間にたくさんのムスカリを植え付けても見事な光景になります。

ムスカリは、キジカクシ科ムスカリ属の球根植物。

コンパクトなサイズで大きくなっても草丈15cmほど。寒さに強くて、庭に地植えをすると自然分球で増え、植えっぱなしOKなので、ガーデニング初心者さんにもおすすめの球根の花です。小さな寄せ植えに使ってもかわいい素材ですが、広い空間にたくさんのムスカリを植え付けても見事な光景になります。

 

同じ時期に咲く春の球根花、チューリップと一緒に植栽。チューリップの足元で咲くムスカリの青がグランドカバーのような役割に。

同じ時期に咲く春の球根花、チューリップとムスカリ。チューリップの足元で咲くムスカリの青がグランドカバーのような役割に。

目次に戻る≫

ムスカリの育て方

ムスカリは鉢植えでも地植えでも育てることができます。

ムスカリは鉢植えでも地植えでも育てることができます。

球根の出回り

園芸店に球根が並ぶのは、晩夏から初冬にかけて。お店で買う時は、カビなどがついていないかチェックして、よい球根を選びましょう。

植え付けはいつ?

ムスカリの植え付けは一般的には9月~11月と言われています。

ただ、東京のような気温だと、球根の植え付け時期が早すぎると、葉っぱばかりが生長してだらりと長くなって、見栄え的に悪くなってしまいがち。

気温が低くなってきたころに植えた方が、花と葉のバランスがよくなります。ただし、あまり遅らせると球根の生長が間に合わないので、遅くても年内に済ませるようにしましょう。

日当たり・置き場所は?

ムスカリは、日当たりのいい場所で管理してあげましょう。日当たりの悪い場所だとムスカリが徒長したり、花付きが悪くなる可能性があります。

土は?

市販の培養土で問題なく育ちます。水はけのよい土にしましょう。ムスカリは酸性の土は苦手です。

水やりは?

「土の表面が乾いたらたっぷりと」を目安に水をあげます。

花が終わったら?

終わった花茎はなるべく早めに株元付近からカットしましょう。そのまま放置していると、種をつける方にエネルギーがいくので、球根が生長しづらくなります。  ムスカリは、植え付けて数年は植えっぱなしで夏越しできます。数年間は植えっぱなしでかまいませんが、球根が増えて土の中で窮屈になってくるので、数年に1度は植え替えをした方がよいでしょう。

終わった花茎はなるべく早めに株元付近からカットしましょう。そのまま放置していると、種をつける方にエネルギーがいくので、球根が生長しづらくなります。

ムスカリは、植え付けて数年は植えっぱなしで夏越しできます。数年間は植えっぱなしでかまいませんが、球根が増えて土の中で窮屈になってくるので、数年に1度は植え替えをした方がよいでしょう。

▼ムスカリの詳しい育て方はこちらから

ムスカリ

  • ムスカリは草丈15cmくらいで葡萄のような花を咲かせる、春の球根植物です。ムスカリはとても耐寒性の強い花で、こぼれ種や自然分球で増え、毎年花が咲きます。 ムスカリは小さな花ながら、花壇に群生させて一斉に咲きそろった光景は見事です。

    ムスカリはチューリップなどの同じ時期に咲く球根花との色のコントラストも美しく、チューリップの脇役として使われます。ムスカリは一度植えると、数年は植えっぱなしでも大丈夫なので、管理が楽な球根花です。

目次に戻る≫

ムスカリの芽出し球根

ムスカリは、1月~3月になると芽出し球根として、芽が出た状態でポット苗としても出回ります。  開花しているものや、芽の中に花芽も見えるくらいのものが多いので、球根から植えるのはハードルが高い・・・という方におすすめ。あとは水やりさえ適切にすれば、花を咲かせることができます。芽出し球根の苗の出回り期間は1月~3月の気温の低い時期なので、それぞれの花の花保ちがよいのも利点です。

ムスカリは、1月~3月になると芽出し球根として、芽が出た状態でポット苗としても出回ります。

開花しているものや、芽の中に花芽も見えるくらいのものが多いので、球根から植えるのはハードルが高い・・・という方におすすめ。あとは水やりさえ適切にすれば、花を咲かせることができます。芽出し球根の苗の出回り期間は1月~3月の気温の低い時期なので、それぞれの花の花保ちがよいのも利点です。

▼ムスカリなどを使った植えっぱなしで育つ球根の寄せ植えの作り方

 

ムスカリの切り花

球根付きのムスカリの切り花  最近のムスカリの切り花は、球根がついた状態でも出回っています。球根つきの花は、球根ならではのエネルギーが感じられてとても人気。ムスカリの他、原種のチューリップなども花屋さんで買うことができます。球根付きの切り花をお部屋に飾る場合は、気温の低めの部屋の方が長持ちします。

球根付きのムスカリの切り花

最近のムスカリの切り花は、球根がついた状態でも出回っています。球根つきの花は、球根ならではのエネルギーが感じられてとても人気。ムスカリの他、原種のチューリップなども花屋さんで買うことができます。球根付きの切り花をお部屋に飾る場合は、気温の低めの部屋の方が長持ちします。

▼球根つきのムスカリの切り花の花の後についてご紹介しています。

 

ポット苗のムスカリも生けて楽しめる?

完全に花茎が押しあがっているムスカリの芽出し球根なら、寄せ植えの他、切り花としても楽しむことができます。

切り花として楽しむ場合は、ポット苗から球根を取り出し、土を落としてから水で泥を落としてから生けましょう。

目次に戻る≫

ムスカリの種類

ムスカリは一般的な青紫の他、たくさんの種類があります。色も青紫をはじめ、水色、白、ピンク、珍しいところでは黄色のムスカリも。  最近は色や形の変わったムスカリの新品種が毎年のように登場し、春先までポット苗で出回りますので、探してみてください。いくつか新品種のムスカリをご紹介します。

ムスカリは一般的な青紫の他、たくさんの種類があります。色は青紫をはじめ、水色、白、ピンク、複色、珍しいところでは黄色のムスカリも。

最近は色や形の変わったムスカリの新品種が毎年のように登場し、春先までポット苗で出回りますので、興味のある方は探してみてください。

いくつか新品種のムスカリをご紹介します。

 

ムスカリ・マウンテンレディー  白と淡いブルーの2色咲き。普通の形とは少し違って、頂点の部分が白い帽子をかぶっているみたいなムスカリ。

ムスカリ・マウンテンレディー

白と淡いブルーの2色咲き。普通の形とは少し違って、頂点の部分が白い帽子をかぶっているみたいなムスカリ。

 

ムスカリ・オーシャンマジック  淡いブルーと白の複色カラーのムスカリ。

ムスカリ・オーシャンマジック

淡いブルーと白の複色カラーのムスカリ。

 

花の一つに注目してみると、開花前と開いておしべが見えてくる頃とでは、色あいが変わってくるようです。開く前の花の縁どりがきれいです。

花の一つに注目してみると、開花前と開いておしべが見えてくる頃とでは、色あいが変わってくるようです。開く前の花の縁どりがきれいです。

 

ムスカリ・エスター  ほんの少しブルーの色がさし色になっている白いムスカリ。清楚な雰囲気です。

ムスカリ・エスター

ほんの少しブルーがさし色になっている白系ムスカリ。清楚な雰囲気です。

目次に戻る≫

ムスカリを飾って楽しむ

ムスカリの球根は、おうちに飾って季節感のあるインテリアにもなります。  切り花として、ムスカリの球根を楽しむ際のポイントは水の量。球根が水に浸からないよう、花瓶にはごくごく少なめの水を入れて飾りましょう。根の先に水が浸かっているというのが水の量の目安です。多すぎると球根が腐ってしまうので注意しましょう。  花瓶の他、コップやボトルのようなキッチン雑貨とも相性がよいムスカリ。球根を見せて飾るスタイルなら、ガラスのコップなどの透明の花器を選びましょう。

ムスカリの球根は、おうちに飾ると季節感のあるインテリアにもなります。

切り花として、ムスカリの球根を楽しむ際のポイントは水の量。球根が水に浸からないよう、花瓶にはごくごく少なめの水を入れて飾りましょう。根の先に水が浸かっているというのが水の量の目安です。多すぎると球根が腐ってしまうので注意しましょう。

花瓶の他、コップやボトルのようなキッチン雑貨とも相性がよいムスカリ。球根を見せて飾るスタイルなら、ガラスのコップなどの透明の花器を選びましょう。

 

庭で摘んだ春の草花とムスカリ。複数の器に少しずつ生けるのもおすすめ。

庭で摘んだ春の草花とムスカリ。複数の器に少しずつ生けるのもおすすめ。

目次に戻る≫

小さな花ながら、群生させると素敵な空間になるムスカリ。素敵な種類が続々登場しています。ガーデニングや花あしらいに、春を感じるムスカリを使ってみませんか。

 

▼編集部のおすすめ

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「素敵な新品種がいっぱい!ムスカリの育て方や飾り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ