100均のエアプランツの種類や選び方、育てるポイントとは?

松本卓

松本卓

127338views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

100均に売られているエアプランツは、どれも変わった形をしているのでついつい手にとってしまいますよね。

エアプランツは中南米原産の着生植物(樹皮や岸壁などに根を張っている植物)で、しっかりと管理をすれば綺麗な花を咲かせます。

最近では土が要らない植物ということで、インテリアプランツとして扱われることも多いです。花屋やホームセンターなどでも売られていますが、まずは手軽に100均のエアプランツで!という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は100均のエアプランツの種類や選び方、育てる時のポイントなどをお届けします!

 

目次

100均エアプランツを選ぶ時のポイント

100均にもあるエアプランツの種類

エアプランツの基本的な育て方

 

100均エアプランツを選ぶ時のポイント

お店の環境や、置き場によってはちょっと枯れてしまっているものもあります。100円だからいいや!と言わず、ちゃんと選ぶことも元気に育てるには大事です。

選ぶポイント

1.持ってみて重みがあるもの

2.葉の色がイキイキとしてキレイなもの

3.葉先が茶色く枯れ込んでいないもの

4.株元がスカスカして柔らかくないもの

このように選ぶときのポイントはざっくりと4つあります。では、順番に詳しく見ていきましょう!

1.持ってみて重みがあるもの

持ってみて重みがあるものは水を十分吸収している証拠です。水分不足で乾燥している株は手に持ったときに軽く、葉にしわが寄っている場合があります。

2.葉の色がイキイキとしてキレイなもの

エアプランツは日光不足に陥っていたり、日に当たりすぎて葉焼けをすると色が変色します。また、ハダニに食害されたエアプランツは葉に黄色や白色の斑点が出るので選ばないようにしましょう。

3.葉先が茶色く枯れ込んでいないもの

エアプランツは乾燥するとまず葉先から枯れこんでいきます。多少ならばあまり気にする必要がありませんが、大きく枯れこんでしまっているものは避けた方が無難です。

4.株元がスカスカして柔らかくないもの

エアプランツは蒸れてしまうと、腐って株元がスカスカとして柔らかくなります。株元は基部と呼ばれており、ここが腐ってしまうと葉がバラバラに落ちてしまいます。

蒸れて腐っているか見た目で分からない場合は、株元を少し押してみてください。

目次に戻る≫

 

100均にもあるエアプランツの種類

ハリシー

銀色に輝く葉が美しいハリシーは人気が高く、また強健なため初心者の方にもおすすめなエアプランツです。  普及種ではあるものの、ワシントン条約付属書Ⅱ(CITESⅡ)に登録されている品種で、自然下ではほぼ絶滅状態にまで追いやられています。  美しく作り上げられたハリシーは非常に美しく、自分の腕を試すのにもってこいではないでしょうか。また、花も非常に美しく、赤く大きな花苞に濃い紫色の花が咲く姿は見事です。

銀色に輝く葉が美しいハリシーは人気が高く、また強健なため初心者の方にもおすすめなエアプランツです。

普及種ではあるものの、ワシントン条約付属書Ⅱ(CITESⅡ)に登録されている品種で、自然下ではほぼ絶滅状態にまで追いやられています。

美しく作り上げられたハリシーは非常に美しく、自分の腕を試すのにもってこいではないでしょうか。また、花も非常に美しく、赤く大きな花苞に濃い紫色の花が咲く姿は見事です。

 

イオナンタ

 

エアプランツ イオナンタ

エアプランツと言えばイオナンタ、そう言っても過言ではないほどメジャーな品種で、変種も多いため初心者だけでなくベテランの愛好家からも愛されている存在です。

イオナンタはエアプランンツの中でも乾燥に強く、また強健であるためエアプランツの栽培基礎を学ぶにはピッタリなエアプランツになります。

ティランジア・イオナンタ

  • ティランジア・イオナンタはメキシコとグアテマラが原産のエアプランツです。

    イオナンタで流通しているものはイオナンタ・メキシコかイオナンタ・グアテマラのどちらかです。グアテマラの方が葉が細く、メキシコに比べて大きくなる傾向があります。

    変種も多く、アルバやドゥルイドといった葉が黄色く染まり白い花を咲かせる変種や、葉が桃色に染まるピーチなど魅力的な品種が多いです。

    生長もはやく、強健なので育てることでティランジアの基礎を学べます。

 

プセウドベイレイ(シュードベイレイ)

ティランジア・ベイレイに似ていることからプセウド(偽の)ベイレイと名付けられました。

ベイレイよりも葉が硬く、葉裏に筋のようなものが通っているのが特徴です。強健ですが成長が遅く、じっくり育てたい方やズボラな方におすすめです。

ティランジア・プセウドベイレイ(シュードベイレイ)

  • ティランジア・プセウドベイレイ(シュードベイレイ)は偽のベイレイという意味で、ティランジア・ベイレイに似ていることから名づけられました。

    プセウドベイレイはベイレイに比べて葉が固く、葉に入っている縦のラインが美しいですが、成長が非常に遅いです。

    性質は強健なため初心者の方にもおすすめなティランジアです。

 

シーディアナ

100均 ダイソー シーディアナ

硬めの細い葉がひょろっとでているシーディアナ。比較的お水を好み、子株が付きやすい種類です。見た目とは裏腹に花が非常に美しく、エアプランツでは珍しい黄色の花を咲かせます。

赤い花苞に真っ黄色の筒状花が咲く姿は非常に美しく一度は咲かせていただきたい品種です。変異も多くあり、大型のものから小型のものまで様々です。

ティランジア・シーディアナ

  • 赤い花苞に黄色い筒状花が魅力的な種です。葉が細く、乾燥に弱いため水やりを多めにして管理すると調子が良くなります。開花後に子株を出し、クランプ(群生)した株は迫力満点です。

 

ジュンセア

ジュンセアはパッと見はイネ科の雑草のように見えますが、横しても、立てて飾っても存在感があります。いくつか束ねてボリュームを出してもよさそうですね。

成長はあまりはやくありませんが、大きくなり放射状に細長い葉を垂らす姿は非常に涼やかで美しいです。

 

カプトメドゥーサエ

100均 ダイソー カプトメドゥーサエ

カプトメデューサエはギリシャ神話に出てくる怪物、メデューサの髪に似ていることからカプトメデューサエと名付けられました。強健で成長もはやいためエアプランツの入門にはピッタリです。

ティランジア・カプトメドゥーサエ

  • カプトメデューサエはギリシャ神話に出てくる怪物メデューサにちなんで名づけられました。

    その名の通り葉がメデューサの髪のように長くうねります。普及種ですが草姿がつぼ型のため管理に慣れていない内は蒸らしやすいです。

    葉が紫色に染まるカプトメデューサエ・パープルなどの変種も知られています。

     

 

フクシー・グラシリス
100均 ダイソー フクシー

グラシリスとはその名の通り葉が細いという意味で、細長い葉に丸い胴体とまるでウニのような姿をしています。

葉が細いため乾燥しやすく、フクシー・グラシリスを綺麗に育てられれば一人前のエアプランツ愛好家と言えるでしょう。

 

ブラキカウロス

ブラキカウロスは緑色の葉が美しいエアプランツです。緑葉種の代表的な品種で、水をとても好みます。

乾燥に弱いため世話好きな方におすすめです。開花時になると全体が真っ赤に染まる選抜個体も知られており、成長もはやいため育てているという実感が比較的分かりやすいエアプランツだと思います。

ティランジア・ブラキカウロス

  • ティランジア・ブラキカウロスは緑葉種の定番品種で流通量も多い品種ですが、類似種が多く、開花したらカピタータのような花序が上がってしまったというようなこともあるようです。

    ブラキカウロスは葉が薄く、開花時に赤く染まるのが特徴です。乾燥に弱いためミズゴケで素焼き鉢に植え込んで空中湿度を高く保つと順調な生育を望めると思います。

    生長もはやいので緑葉種の育て方に慣れるための入門種としてもおすすめです。

 

ブルボーサ

ブルボーサとは球根の意味で、丸く球根や壺のような形をした胴体が非常に可愛らしいエアプランツです。また、触手の様に伸びた葉も独特で、ブルボーサ特有の雰囲気を纏っています。

開花時には花序と呼ばれる葉が赤く染まり、非常に美しいです。乾燥にも弱くはないですが、水を好むためミズゴケなどを使って植え込むと順調に育ってくれます。

ティランジア・ブルボーサ

  • ブルボーサはメキシコからブラジルまで幅広い地域で原産のティランジアで、「球根」の名前を持つ、壺型の人気種です。

    壺型の姿に独特の葉のうねりが特徴的で、日陰の灌木林や木の上など湿地に自生しており、湿度を好むタイプです。開花時は花序が赤くなり、紫の筒状花を咲かせます。

目次に戻る≫

 

エアプランツの基本的な育て方

たいせつな水やり

%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

エアプランツは空気中の水分を吸収して育つから水やりはいらないという謳い文句がありましたが、それは自生地の話であって日本で育てるためにはしっかりと水やりをする必要があります。また、エアプランツは基本的に水好きなので、水やりを軽く見ないのことがポイントです。

水やりの目安は週に2回以上

週に2,3回霧吹きスプレーで葉水をやりましょう。

【夏】・・・夕方〜の涼しい時間

【冬】・・・昼間のあたたかい時間

株全体にお水をたっぷり与えましょう。

梅雨は雨ざらしに

雨が多く湿度の高い梅雨は外に出して雨ざらしにしましょう。エアプランツがたっぷりと水を吸収でき、さらに空中湿度も高いためよく発根します。

また、外に出しておくことで蒸れるリスクも減らすことができます。注意点として、必ず遮光ネットなどで遮光した場所に出してください。

真夏や冬は控えめに

真夏や冬はエアプランツが休眠するため水やりは控えてください。真夏の場合は3日に1回程度、真冬は1週間に1回程度に減らし、乾燥させることでエアプランツの耐寒性を高めます。

目次に戻る≫

 

タイミングよく、入荷した後だったのでしょうか、お店に行った時にはキレイなエアプランツがたくさんあったこともあります!

100円ということもあり、まとめて購入されている方もいました。エアプランツや観葉植物、見つけた時は要チェックしてみてくださいね!

※ここで紹介したエアプランツはあくまで一部です。時期によって仕入れ内容が変わったりする場合があります。

「100均のエアプランツの種類や選び方、育てるポイントとは?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。