2019年春と秋のお彼岸の入りはいつ?お彼岸の花って何がいいの?

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

3月と9月のお彼岸は、春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間、合計7日間をお彼岸の期間とされています。2019年のお彼岸の日程とお墓参りにお供えするお花をご紹介します。

目次

2019年のお彼岸の入りはいつ?

2019春のお彼岸 2019春彼岸入り 3月18日(月)  中日(春分の日・祝日) 3月21日(木)  2019春彼岸明け 3月24日(日)  2019秋のお彼岸 2019秋彼岸入り 9月20日(金)  中日(秋分の日・祝日) 9月23日(月)  2019秋彼岸明け 9月26日(木)

2019春のお彼岸

2019春彼岸入り 3月18日(月)

中日(春分の日・祝日) 3月21日(木)

2019春彼岸明け 3月24日(日)

2019秋のお彼岸

2019秋彼岸入り 9月20日(金)

中日(秋分の日・祝日) 9月23日(月)

2019秋彼岸明け 9月26日(木)

お彼岸とは?

お彼岸は春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間、合計7日間をお彼岸の期間とされています。お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事です。ただし、お彼岸にお墓参りに行くのは日本独自の文化です。  春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」と、自然や先祖を大切にする日本ならではの伝統文化として現在まで続いている習慣です。

お彼岸は春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間、合計7日間をお彼岸の期間とされています。お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事です。ただし、お彼岸にお墓参りに行くのは日本独自の文化です。

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」と、自然や先祖を大切にする日本ならではの伝統文化として現在まで続いている習慣です。

目次に戻る≫

お彼岸の花って?

お彼岸にお花を贈る場合 お花のお届け日は、お彼岸の入りの午前中くらいまで、もしくはお彼岸の入りの前日にお届けします。遅くても中日くらいまでにお届けするようにするのが一般的です。  お届けする方法は、アレンジメントか花束でお届けします。花屋さんに「お彼岸用」と用途を伝えて花材やデザイン(アレンジか花束か)などを相談してみましょう。  花のお届けもので大切なことは、留守中にお花が届いてしまうことのないようにご在宅日を確認してから手配することが大切です。    お墓参りのお供えの花によく使われる花 お供え用の花束は対(2束)で用意します。  「とげのある花」「匂いの強い花」「毒のある花」を使わないのが一般的です。また、お墓にお供えする花は外に飾ることになるので、日持ちする花を選ぶのが大切です。このことから日持ち抜群の菊がよくつかわれています。  その他、花屋さんの店先でお彼岸用の花束によく使われている花をご紹介します。  春 菊、小菊、カーネーション、スターチス、フリージア、スイートピー、ユリ、トルコキキョウ、ラン・・・    秋 菊、小菊、りんどう、キキョウ、ソリダコ、カーネーション、ラン、ユリ、トルコキキョウ・・・

お彼岸にお花を贈る場合

お花のお届け日は、お彼岸の入りの午前中くらいまで、もしくはお彼岸の入りの前日にお届けします。遅くても中日くらいまでにお届けするようにするのが一般的です。

お届けする方法は、アレンジメントか花束でお届けします。花屋さんに「お彼岸用」と用途を伝えて花材やデザイン(アレンジか花束か)などを相談してみましょう。

花のお届けもので大切なことは、留守中にお花が届いてしまうことのないようにご在宅日を確認してから手配することが大切です。

 

お墓参りのお供えの花によく使われる花

お墓参り用のお供えの花束は対(2束)を用意します。

「とげのある花」「匂いの強い花」「毒のある花」を使わないのが一般的です。また、お墓にお供えする花は外に飾ることになるので、日持ちする花を選ぶのが大切です。このことから日持ち抜群の菊がよく使われています。

その他、花屋さんの店先でお彼岸用の花束によく使われている花をご紹介します。

菊、小菊、カーネーション、スターチス、フリージア、スイートピー、ユリ、トルコキキョウ、ラン、キンセンカ・・・

菊、小菊、りんどう、キキョウ、ソリダコ、カーネーション、ラン、ユリ、トルコキキョウ・・・

上記以外でも最近では仏花にはタブーとされていたお花も使われていることも事実です。

最近は葬儀のスタイルも「個の時代」。花選びも一般的なものより故人の方が好きだった花を飾りたい、日持ちしなくてもよいと割り切って、故人の方の「好きな花、好きな色」の供花を選ばれる方も多くなっています。このような人の意識の変化からお彼岸の花のセレクトも、以前よりは自由に選ばれるようになっています。

また、地域によって花の色や使える花にしきたりがある場合もあります。心配な場合は、そのエリアの花屋さんに相談してみましょう。

目次に戻る≫

▼関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2019年春と秋のお彼岸の入りはいつ?お彼岸の花って何がいいの?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ