アイビー(ヘデラ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

アイビー(ヘデラ)はかわいい葉っぱが人気!どんな植物とも相性の良い鑑賞葉、アイビー(ヘデラ)。アイビー(ヘデラ)の花言葉と種類についてご紹介。

 

アイビー(ヘデラ)の花言葉

アイビー(ヘデラ)の花言葉は「永遠の愛」「友情」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

アイビー(ヘデラ)について

科・属  ウコギ科・キヅタ属
和名  アイビー
英名  Ivy
学名  Hedera
原産地  北アフリカ、ヨーロッパ、アジア
開花期  –

 

アイビー(ヘデラ)の特徴

アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるつる性植物です。黄緑色などのかわいい葉が鑑賞葉として人気です。

アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。地面に植えたアイビー(ヘデラ)が家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビー(ヘデラ)を少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

アイビーの学名「Hedera」は、ラテン語のhaerere(しがみつく)」が語源で、アイビーの茎から伸ばす根「気根」が壁面などにくっついてよじのぼる草姿からきているといわれています。

 

アイビー(ヘデラ)の種類

アイビー(ヘデラ)の品種は世界で500品種以上あり、そのうちの約100種が日本でも出回っているようです。アイビー(ヘデラ)は葉の模様が様々で、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

アイビー(ヘデラ)はごく一部ですが花が咲く品種もあったり、その他にも葉が星形やハート形の品種、紅葉する品種など現在は様々な種類が出回っています。

アイビー(ヘデラ)の育て方など詳しい情報はこちら

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

アイビー(ヘデラ)の関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アイビー(ヘデラ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ