新生活グリーン特集

簡単に増やせる!人気の観葉植物アイビーの増やし方と育て方のコツ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

手を差し出すような葉が可愛いらしい人気の観葉植物、アイビーアイビーは環境に合うと、どんどん葉を伸ばし成長していきます。簡単な方法で増やすこともでき、水挿しして室内で育てればお庭だけでなく室内も緑化してくれる植物なんです。今回は、アイビーの増やし方と発根した後の管理方法をご紹介します。

 

目次

アイビーの増やし方(水挿し)

アイビーの増やし方(挿し木)

水挿しの発根後の育て方

ブーケのアイビーも増える?

 

簡単にできる水挿しでの増やし方

アイビーの増やし方には2通りあり、比較的簡単な「水挿し」の方法をご紹介します。

まず、アイビーの葉が数枚残るようにして、長めにカットし、カットした茎を水の入った容器に挿します。この時、水に浸かる部分に葉があったら取ってしまいましょう。水の中に葉が残っていると、腐って水が汚れることがあります。

アイビーを水に挿したら、直射日光を避けた明るい場所に置いておきましょう。水はできるだけ毎日新鮮なものに取り替えるようにしましょう。

 

アイビーの挿し木での増やし方

挿し木で増やす場合は、水挿しと同じく茎を10cm~15cmぐらいの長さで切り、用土を入れた鉢に挿します。鉢は半日陰で乾燥しすぎないように水やりをしながら育てましょう。

 

水挿しの発根後の育て方

水挿しをして、ある程度根が伸びてきたら、土に植え替えてあげましょう。水挿しのままでも生育はしていきますが、土で育てた方が状態は良くなります。

 

ブーケに入っていたアイビーも増えるの?

アイビーは切り花としてお花屋さんで扱われていることもあります。

フラワーギフトとして、花束やブーケに入っていたり、アレンジメントに挿してあったりします。切り花は、日持ちはそんなにしませんが、アイビーは枯れず、根が生えてきます。

いただいた花束にアイビーが入っていたら、ぜひそのまま水挿しで育ててみてくださいね!

▼関連記事

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

▼関連ワード

「簡単に増やせる!人気の観葉植物アイビーの増やし方と育て方のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ