ハーデンベルギアの育て方|植物図鑑

植物名
ハーデンベルギア
学名

Hardenbergia Violacea

英名
Coral pea
和名
小町藤(コマチフジ)
科名
マメ科
属名
ハーデンベルギア属
原産地
オーストラリア

ハーデンベルギアの特徴

ハーデンベルギアは、オーストラリア原産の常緑つる性植物です。つるは細く丈夫で草丈3mほどにもなります。葉は先の尖った楕円形、もしくは丸みを帯びた三角形ともいえる形で、光沢のある濃い緑です。ハーデンベルギアの花色は紫が有名ですが、白や淡いピンク色もあります。

耐寒性もあり、東京以西では戸外で越冬可能です。寒さが厳しいと葉を落とすこともありますが春にはまた元気になります。生長が早いので、フェンスやトレリスに絡ませると目隠しの役割を果たしてくれます。

ハーデンベルギアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 3m
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 紫、白、ピンク
開花時期 4月~5月

ハーデンベルギアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植えつけ
挿し木

ハーデンベルギアの栽培環境

日当たり・置き場所

ハーデンベルギアは、日当たりを好みます。日当たりと風通しの良い場所を選びましょう。

用土

市販の培養土で問題なく育ちます。

ハーデンベルギアの育て方のポイント

水やり

地植えのハーデンベルギアは、根付いてからの水やりは必要ありません。鉢植えのハーデンベルギアは、鉢底から水が出てくるくらいが目安です。

肥料

植え付け時に培養土を漉き込んでふわふわの土にしてから植え付けます。開花時には栄養を必要としますので、追肥で有機肥料を施すとよいでしょう。

病害虫

目立った病害虫の被害はありません。

ハーデンベルギアの詳しい育て方

選び方

株元の方からしっかりとした葉とつるが出ているものを選びます。蕾の多いものを選ぶと植え付け後も長く楽しめます。

植え付け

真夏と真冬を避けた暖かい日に行います。腐葉土を混ぜたふかふかの土に植え付けます。

仕立て方

ハーデンベルギアのつるは、細くしっかりしていてフェンス等によく絡みます。葉は常緑で大きく、生長も早いので目隠しとして利用できます。

剪定・切り戻し

花後、好みのサイズまで切り戻します。コンパクトにまとめても翌年も花が開花します。ただし、夏の終わりごろから翌年の花芽が付き始めるので、夏の終わりごろ以降は剪定しないように気をつけてください。花芽を切ってしまうと翌年は花が楽しめなくなります。

植え替え・鉢替え

植え替えは4月~6月の生育旺盛な時期に行ないます。秋の暖かい日でもよいでしょう。

4月の終わりごろから5月くらい、気温の上がってきた春に花が開花します。花には芳香もあります。紫が一般的ですが、他に白やピンクもあります。フェンスを覆うように咲き誇る様子は見事です。

冬越し

寒さが厳しい地域では、地上部が枯れることがあります。春になればまた出てきますので、心配不要です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ハーデンベルギアは、挿し木で増やします。つるを2節程度で切り取り、葉を2枚残して落とします。そのまま水はけの良い土に挿しておけば根付いて生長します。春か秋の暖かい季節が適時ですが、冬の寒さを越すことを考えると春の挿し木の方がよいでしょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング