新生活グリーン特集

素敵な香り! ライラック(リラ)の花を咲かせる季節と育て方のコツ、種類

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

ライラックという花をご存知でしょうか。ライラックとは4月~6月に開花する落葉小高木のことで、葉がハート形についたり、花は円錐形に小花が房咲きとなったりと、とても可愛らしい見た目をしています。花は紫色、藤色、紅色、白色などの一重や八重咲きとなり、形だけでなく花の色も可愛らしいものです。

また小花の香りもいいもので、地域によっては香水にされたりしています。このことから、ライラックは世界でも愛されています。

今回はそんな香りがよく可愛らしい魅力的な花、ライラックについて育て方や花の色、剪定の仕方などをご紹介します。

 

目次

ライラックとは

ライラックの基本的な育て方

ライラックの花の色の種類

ライラックの剪定をチェック

ライラックの楽しみ方や香りなど

 

ライラックとは

ライラックは、モクセイ科の落葉低木で高さは全長1~3m程です。主な原産地はヨーロッパですが、育てる環境にもよりますが、日本全国で栽培に適しています。ヨーロッパで栽培されているということもあり、リラというフランス語での呼び方もあります。ちなみに和名ではムラサキハシドイと呼ばれています。

ライラックは冷涼な気候を好み、特に夏には夜の気温が下がるところを好むので、東北北部や北海道、本州の高原地帯が適地といえます。それ以外の土地に植える場合は西日が当たらない日向を選んで植えましょう。ただぎっしりとつぼみがついた状態のライラックは、暖地よりも冷涼な地域のような場所で見られます。

目次に戻る≫ 

ライラックの基本的な育て方

ここではライラックの剪定の仕方を紹介します。ポイントを押さえて素敵な花を咲かせてくださいね!

環境におけるポイント

暑いところでの栽培はダメ!

ライラックは寒さに強く、暑さに弱い植物です。寒さに強いといっても涼しいだけではなく、亜寒帯(北海道)ほどの寒さがちょうど良いくらいです。育てるときは気温を十分に注意する必要があります。東京より西の地域であれば秋植えでも可能のですが、寒い地方では春に植え付けた方がいいです。

日当たりと水はけのよい場所で

ライラックは日当たりと水はけのよい環境を好みます。この条件を守っていれば、土質を気にする必要はありません。西日のあたる場所は避けた方がよいでしょう。また、鉢で育てる場合は赤玉土と腐葉土を配合した水はけのよい土が適しています。

栽培のポイント

水やり

植え付け直後から根付くまではときどき水やりをしますが、その後はよほど乾燥が続かない限りは水やり不要です。暖地の夏には土が乾きやすいので、朝の涼しいうちに水やりをする必要があります。気温が上がる時間帯に水をやってしまうと、太陽の熱で撒いた水が温まってしまい、根や植物自体を傷める原因になりますので注意しましょう。

肥料

花後のお礼肥えと冬場の寒肥えとしに樹木用の大粒の緩行性化成肥料を施します。もしくは寒肥えは有機肥料を配合したものを使用してもよいでしょう。

また、骨粉と油粕をまぜたもの(割合は5:5)を1月中旬から2月中旬・花後、8月下旬の2・3回にかけて握り施すのもおすすめです。

病害虫

暖かい地域ではうどんこ病が発生しやすいようです。植物の葉などに粉をまぶしたように白くなるのがうどんこ病です。うどんこ病は5月から6月と、9月から10月に発生しやすい病気で、はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると葉の全面が真っ白になっていき、植物全体に蔓延すると茎や果実にも発生し、とても厄介です。早めに対策しましょう。

また、テッポウムシによる木の内部を食い散らかす虫として有名ですが、花も例外ではありません。一度食われてしまうと枯れてしまう恐れもあります。食われてしまわないよう、しっかりと対策しておきましょう。

目次に戻る≫

花の色の種類

ライラックの多岐にわたる色をご紹介していきます。

ライラックには以下のような花色があります。

日に当てるととても優しい色合いになります。

淡色な色合いが多いライラックですが、鮮やかな赤をしています。

紫に近い桃色です。紫と一緒に生けてみるととても合います。

淡青

ラベンダーのような青に近いです。とても優しい色合いです。

こちらが一番ポピュラーな色と言えるでしょう。アジサイのような色に近いです。

他にもたくさんの色があります。

目次に戻る≫

ライラックの剪定をチェック

ライラックを育てるときに知りたい剪定についてご紹介。

花芽のない不要な枝などを取り除こう!

落葉するころになると、花芽がはっきりとわかるようになります。花芽を取り除かないよう、よく確認しながら花芽のついていない不要な枝や台芽(接ぎ木した台木から伸びる芽)、細かい枝などを切り取りましょう。

ライラックのメリット!花は開いたら切って別にするのもアリ

ライラックの花が開きかけたら切って花瓶に生け、別で楽しむのも剪定の一つの方法です。

目次に戻る≫

ライラックの楽しみ方や香りなど

その他のライラックの楽しみ方、香りなどをご紹介していきます!

香水にされるほど!ライラックの小花の香り

ライラックの小花はリラックスするような優しい香りで香水の原料にされるほどで人気です。

しかしライラックは枝を切るなどして成長が止まると香りを放たなくなってしまいます。切り花にして飾ろうとすると香りを放たなくなってしまうので、ライラックを切り花にして楽しむ場合は香りよりは花を楽しむのをおすすめします。

可愛らしい見た目・豊富な色どりで楽しみをより深く

ライラックは開花すると、八重咲きでボリュームのあるとても可愛らしい見た目の花房をつけます。特に色合いに関しては、ほかの花とは一線を画するほどの数々の色合いを誇り、違う色の花を数本買っても楽しむことができます。

 

育てたことや購入したことがなかったり、ライラックはもう知っている!という方も、ぜひ一度ライラックを育てて楽しんでみてください!

 

▼関連記事

 
 
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「素敵な香り! ライラック(リラ)の花を咲かせる季節と育て方のコツ、種類」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ