1月7日は人日の節句。七草粥を食べましょう!

小野寺葉月

小野寺葉月

13342views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」という覚え歌はみなさん耳にしたことがあるのではないでしょうか?1月7日に七草を入れた七草がゆを食べる風習は、上巳の節句(桃の節句)や端午の節句などの五節句の一つで、年末年始やお正月を終え、胃や身体をいたわるために七草がゆを食べ、今年一年の無病息災を願う行事として根付いていますよね。
 

七草粥の作り方

材料(お茶碗2~3膳分)

素材 七草粥

お米 0,5合

水  400㏄

七草 1セット

切り餅 1個(お好みで)

塩  ひとつまみ

他、梅干しや粉末だしなどを加えてもOK

 

作り方

米をとぎ、土鍋に入れ分量の水につけて30分ほど置く。七草は細かくきざむ。切り餅を入れる場合は1㎝角に切っておく。
素材 七草粥

土鍋を中火にかける。蓋はせず、たまにかき混ぜながら沸騰するまで待つ。沸騰したらすずな(カブ)やすずしろ(ダイコン)、セリの根など火が通りにくいものを入れて、蓋をして弱火にして10分炊く。

切り餅と七草を加えて1~2分炊き、塩や粉末だしなどを加え、味を調える。
素材 七草粥

できあがり!無病息災を祈りつつ、いただきます!
素材 七草粥

 

由来は中国

古来の中国では、新年の占いとして正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日としてそれぞれの日にはその動物を殺めないように定めていました。そして1月7日は人の日(人日じんじつ)として、犯罪者などに対する刑罰などを行わないことにしていました。

七種菜羹

また、この日は中国の官使の昇進を決める日でもあり、朝食は「七種菜羹(しちしゅさいこう)」という七種の野菜を入れた羹(あつもの)=温かい汁物を食べ、立身出世を願ったとされています。

「七種粥」と「若菜摘み」

日本では2つの風習が元になっています。 1月15日の小正月におかゆを食べる「七種粥」。この七種は、米、粟(アワ)、稗(ヒエ)、黍(キビ)、ミノ、胡麻、小豆、などを入れていました。これが小豆粥として今でも地方によっては残っていますね。 また、「若菜摘み」という習慣があり、年の初めに雪の間から芽を出した草を摘む習慣がありました。百人一首にも有名な歌があります。
「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」
新春に若菜を食べると、邪気を払って病気が退散すると考えられていました。そのころは時期にとれる野菜を7種ほど入れていました。地方によっても異なっていたそれらの野菜は、1360年ごろ室町時代に詠まれた歌で「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」とされています。
mx-2640fn_20170106_152027_002
 

 

続きを読む

Pages: 1 2 3

「1月7日は人日の節句。七草粥を食べましょう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

植栽のメンテナンスの仕事をしながらLOVEGREEN編集部に在籍中です。小さい頃から植物を愛でるのが好きで、近所の植物はだいたい把握しています。最近、虫にもその愛は侵食中。仕事柄、庭と害虫関係の記事が多めです。害虫と記載していますが、基本的には害虫なんていない!派。生物多様性に興味があります。植物のイラスト好きが高じて編集部の記事にも使っていただいてます。

オススメ特集