今から購入して長く楽しめる!冬から春に向けて咲く花12選

金子三保子

金子三保子

6614views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので春の花がたくさん出回り始める季節になりました。

今回は、年内から苗を買うことができる開花期間が長い春の花をご紹介します。

 

目次

1.パンジー・ビオラ

2.アリッサム

3.プリムラ

4.ガーデンシクラメン

5.宿根ネメシア

6.クリスマスローズ

7.ストック

8.ハボタン

9.デージー

10.カレンジュラ

11.番外編・球根の花

 

1.パンジー・ビオラ

パンジー・ビオラ

パンジー・ビオラ 
開花期:11~6月

パンジー・ビオラは開花期間がとても長く、適切な手入れをすれば、次々と花が咲くので、初心者が大変育てやすい植物です。品種が豊富で、原色に近い黄色、鮮やかなオレンジ、薄い青から濃い紫、赤、白、黒等。単色の他、複色もあり、その数は数えきれません。

毎年新品種が作りだされています。ビオラとパンジーの違いは、花のサイズで、ビオラの方がパンジーよりサイズが小さく3~4cmで、多花性のものが多いです。パンジー・ビオラは、本来は春の花ですが、年々流通し始める時期が早くなる傾向にあり、最近では10月ごろから見かけるようになりました。

基本的には、暑さ、湿気は苦手なので、11月以降の気温が下がってきたころに購入した方が、春まで長持ちする傾向にあります。冬場は花数は少なめで一輪一輪が長持ちし、春になって本来の開花時期になると、たくさんの花が次から次へと咲き始めます。ひと苗で半年以上咲くというパフォーマンスの良さが魅力です。

 

左・パンジー 右・ビオラ

左・パンジー 右・ビオラ

目次に戻る≫

2.アリッサム

アリッサム

アリッサム

開花期:11~6月、夏を越せば9~11月

スイートアリッサムは小花がたくさん咲き、こんもりと生い茂る姿が何ともかわいらしい草花です。本来の開花時期は春ですが、苗の流通は秋ごろから出回っています。

横に広がる性質を持つので、グランドカバーの他、寄せ植えや花壇の縁取りに植える花として人気があります。高温多湿には弱いですが、乾燥に強く丈夫であるため、園芸初心者には最適ともいえます。

花色はピンク、白、紫、オレンジと豊富に花色があるので寄せ植えの素材として重宝します。アリッサムは本来は多年草ですが、湿気に弱いため、日本では1年草扱いをされていることが多いですが、うまく環境にあえば多年草化することもあります。

 

アリッサム

秋の公園で見かけたアリッサム。

 

最近スーパーアリッサムというアリッサムより夏に強い品種も登場しています。

スイートアリッサム

  • スイートアリッサムは小花がたくさん咲き、花束のようにこんもりと生い茂る姿が何とも愛らしい植物です。横に広がる性質を持つので、グランドカバーの他、寄せ植えの引き立て役や花壇に植える花として人気があります。高温多湿には弱いですが、乾燥に強く丈夫であるため、園芸初心者には最適ともいえます。また、比較的多く出回り、安価で手に入れやすく、生育が良いことも人気の理由の一つです。カスミソウのように控えめ愛らしい花はピンク、白、紫、オレンジと様々な色があり、自分の好みや庭、プランターの雰囲気に合わせて選ぶことができます。スイートアリッサムは本来は多年草ですが、湿気に弱いため、日本では1年草扱いをされていることが多いですが、うまく環境にあえば、多年草化することもあります。

目次に戻る≫

3.プリムラ

プリムラ

プリムラ

開花期:11~4月

プリムラ・ジュリアンは大きめでカラフルな花で、秋から苗が出回り始めます。プリムラは数百品種以上からなる非常に種類が多い草花です。毎年のように新品種が作り出されています。本来は多年草ですが、日本では1年草として扱われることも多い草花です。

プリムラジュリアン

  • プリムラ属は500種以上からなる非常に種類の多い属です。数多くのプリムラとの交配の中で作られた品種です。プリムラ・ポリアンサとよく一緒に説明されますが、葉の大きさが少し違うくらいでとても似通った品種になります。サクラソウに似た花の形の他に、バラ咲きのフリルが可愛い品種もあります。

目次に戻る≫

4.ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン

開花期:10~4月

ガーデンシクラメンは、室内で育てられているシクラメンを品種改良して、外で育てられるように作られた品種です。10月くらいから流通しています。

一般的なシクラメンより小さいサイズで、冬の屋外でも楽しむことができ、小ぶりなので冬の寄せ植えの素材として人気の花です。ガーデンシクラメンは本格的に寒くなってから植えると、根がはりにくくなってしまい、花つきが悪くなってしまうので、秋のうちに定植しておきましょう。

霜に当たっても枯れることはありませんが、-5℃を下回ると枯れてしまうので、寒冷地では注意しましょう。

ガーデンシクラメン

  • ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。

    シクラメンは通常冬に弱くすぐ枯れてしまいますが、そのウィークポイントを克服しようと開発されたのがこのガーデンシクラメンです。品種改良され冬に強くなり、夏以外は葉や茎が成長し花を咲かせます。草丈は約15cm程に成長します。シクラメンよりも少々小さいのが特徴でしょう。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンクと色の濃いものを咲かせます。ガーデンシクラメンは一本生えた草に一つの花を咲かせるので、寄せ植えなど冬のガーデニングとして定番で良く用いられます。

目次に戻る≫

5.宿根ネメシア

宿根ネメシア

宿根ネメシア

開花期:四季咲き

ネメシアは1年草と宿根草のネメシアがあります。宿根ネメシアは、3℃以上の気温があれば1年中開花する四季咲き性の性質があります。

苗は1年中流通していますが、春から初夏と秋から初冬が一番豊富に出回る季節です。1年草に比べて花色は少ないですが、開花期間が長いので、寄せ植えには大活躍する草花です。

毎年、続々と新品種、新色が登場しています。宿根ネメシアは、霜に何度も当たると弱るので、地植えにしたい方は10月までか春になってから植え付けるのがポイントです。

宿根ネメシア

  • ネメシアは1年草と宿根草のネメシアがあります。宿根ネメシアは、3℃以上の気温があれば1年中開花する四季咲き性の性質があります。1年草に比べて花色は少ないですが、開花期間が長いので、寄せ植えには大活躍する草花です。

目次に戻る≫

6.クリスマスローズ

クリスマスローズ

開花期:1月~4月(系統によって開花時期が異なります)

性質が強く、寒い冬から早春にかけて開花する人気の花、クリスマスローズ。年々、新品種が作られ、色や咲き方などがとても豊富でマニアも多い常緑多年草です。

クリスマスローズという名前は、ヨーロッパのイギリスやドイツのような気象だと、クリスマスの頃に咲くことから名前がついていますが、実際にクリスマスの頃に咲く品種は、原種の「クリスマスローズ・ニゲル」などです。

その他、色々な系統がありますが、流通しているクリスマスローズのほとんどの開花時期は年明けとなります。流通としては、ニゲル種がクリスマス前の11月中旬以降くらいから開花苗が出回り始め、年明けに様々な品種が流通します。ガーデニング初心者でも育てやすい花です。

 

クリスマスローズ

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。日本では他のヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、欧米ではヘレボルスが一般的な名前です。クリスマスローズには根から茎が真っ直ぐ立ち上がって葉を茂らせ、茎の先端に花を咲かせる「有茎種」と根から葉の茎と花の茎が別々に育ちそれぞれに葉と花を咲かせる「無茎種」が存在します。

目次に戻る≫

7.ストック

ストック

開花期:11月~5月

草丈が20cm-80cmでほんのりと香りがする春の花です。花の日持ちがよく、香りも同じように長く続きます。多年草なのですが日本では一年草として扱われています。花の色は赤、白、ピンク、紫、クリームイエローがあります。

すっとした直線的な花茎に穂状にたくさんの花が咲くので豪華な雰囲気です。本来の開花期は3月~5月ですが、出回りは11月頃から流通し始め、公園などの公共空間の植栽にもパンジー、ビオラと一緒に使われることが多い植物です。

ストック

  • 草丈が20cm-80cmでほんのりと香りがする春の花です。花のもちが5~10日と長く香りも同じように長く続きます。多年草なのですが日本では一年草として扱われています。花の色は赤、白、ピンク、紫があります。すっとした直線的な花茎に穂状にたくさんの花が咲くので豪華な雰囲気です。花丈のある品種は、切り花としても流通しています。

目次に戻る≫

8.ハボタン

ハボタン

鑑賞期:11~3月

キャベツのような見ためで、花が少ない冬やお正月の装飾として使われてきたハボタン。最近は、新品種が次々に作り出され、従来のイメージを覆すような品種も多種類あります。

丈の低い品種、高性種、ツリー風、矮性・・・など、色々な咲き方、葉の色や切れ込みが美しい品種もあり、冬の花壇や寄せ植えのカラーリーフとしても使える素材です。最近は切り花としても多品種が出回っています。

ハボタン(葉牡丹)

  • 葉牡丹は冬の殺風景な景色を彩るアブラナ科の植物です。ヨーロッパから輸入された当時は食用として出回っていましたが、現在では観賞用として栽培されるのが一般的です。見た目、形はキャベツを連想させる造りになっています。キャベツから葉牡丹へ品種改良された為、この様な形になっていると言われています。葉は円形状で幾重にも重なっていて、ふちをギザギザや丸でかたどっています。色は外側が緑、内側が白もしくは紫で構成されています。牡丹のようにも見えることから「葉牡丹」と名付けられました。また、葉牡丹の茎はグングンと成長し、種類によっては100㎝を超すものまで。伸びすぎた茎は支柱が必要になります。

目次に戻る≫

9.デージー

デージー

開花期:12月~5月

丈夫で育てやすい1年草で秋ごろから苗が流通し始めます。草丈は15~20cmと矮性で、同じ時期に出回るビオラやパンジーなどとの寄せ植えや花壇、ハンギング、公共空間の花壇などにも使われています。

目次に戻る≫

10.カレンジュラ

花びらがキラキラと艶のある黄色やオレンジ色の草花、カレンジュラ。性質が強いので育てやすく、開花期間も長いので、冬の花壇や寄せ植えに使われています。秋ごろから出回り始める春の1年草です。品種も豊富にあって、最近は写真のようなシックな花色のカレンジュラもあります。また、「冬知らず」と言う品種名のカレンジュラは、小輪で冬でもたくさんの花を咲かせる品種です。

カレンジュラ・コーヒークリーム

カレンジュラ・コーヒークリーム

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)

  • キンセンカの花色は、眩しいほどの黄色やオレンジ。キク科の植物なので花びらは菊の様に何枚も密集して豪華に開いています。但し、大きさは菊よりもずいぶん小さいものです。菊は手のひらほどの大きさの花を咲かせますが、キンセンカは育っても10cm程の直径です。葉も成長しても20cm前後。冬でも花を咲かせ市場にも出回る為一年中楽しめます。病気や気温の変化に強く、大きく育たないので単体だけでなく寄せ植えとしても楽しまれています。また、日本ではあまり定着していませんが、食用の花としても名を馳せています。所謂エディブルフラワーに分類され、ハーブとしての効能や、サラダ、ケーキの彩りに重宝されている花です。

目次に戻る≫

番外編・球根苗

春の球根の植え付けは終りましたか?球根の植え付けは、年内までならギリギリ間に合います。

初めて球根の花を育てる方は、ポット苗に球根を植え付けた開花株が12月ごろから出回り始めるのでポット苗で購入して育ててみるのはいかがでしょうか。春の球根花の中で、開花期間が長くて春までゆっくりと楽しめる球根の花をご紹介します。

11.ラナンキュラス

切り花でも人気のラナンキュラス。苗でもたくさんの種類のラナンキュラスが12月~3月くらいまで出回ります。

ポット苗のサイズなら、もしかしたら生花よりお得に買えることもあります。1苗で複数の花がつくので、つぼみがたくさんあがっている苗なら、ある程度長い期間楽しめます。苗選びでひとつ注意した方がいいことは、花びらがたくさんあるタイプのラナンキュラスは、つぼみの時と開花した時の花の色がかなり違います。一輪咲いている状態の苗で花色を確認すると確実です。

色合いにこだわった寄せ植えの素材として使いたい時は意識してみてください。

 

つぼみの時のラナンキュラス

つぼみの時のラナンキュラス

 

開き始めると、こんな発色のよいピンクになりました。

ラナンキュラス

  • ラナンキュラスは冬から春にかけて開花の多年草の球根植物です。秋に植えて開花時期は、3月~4月で、高温期は休眠します。ラナンキュラスの名前は、葉っぱが「カエルの足」に似ていること、また湿地帯に生息することから、ラテン語の「rana (カエル)」 から来ています。原種のラナンキュラスは5弁の黄色い花を咲かせます。その姿から、バターカップ(Buttercup)とも呼ばれています。最近は品種改良が進み、咲き方、色数がとても豊富。薄紙のように繊細な花びらが幾重にも重なった花姿が、光と温度に反応して開く姿がとても魅力的で園芸品種、生花品種とも、毎年新品種が創り出され、とても人気のある花です。ラナンキュラスは球根で植え付ける他、1月~3月に苗物としてもたくさんの品種が出回っています。

 

12.アネモネ

ラナンキュラス同様、アネモネも球根花の中では花期が長く、流通は12月~3月くらいまで苗が出回っています。アネモネは以前は限られた色でしたが、最近、品種の改良が進み、毎年のように新しい色合いのアネモネが作り出されています。

アネモネ・ポルト

アネモネ・ポルト

 

八重咲のアネモネ

八重咲のアネモネ

アネモネ

  • アネモネは分枝性の塊茎をもち、草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草で、直立して直径10cm前後の花を咲かせます。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。まだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと開花期が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり切り花や花壇で広く栽培されています。花びらに見える部分はがく片です。性質は日当たりを好み、寒さに当てないとつぼみが出来ない性質があるのでの冬も屋外で育てましょう。

    アネモネの品種は、100品種以上あり、毎年のように新しい品種ができています。以前は、発色のよい色が中心でしたが、最近はパステル系の複色系の品種もあり、花のサイズも大輪のものから小輪のものまで豊富に揃います。園芸用以外に、切り花としても春を代表する球根花です。

目次に戻る≫

本来なら春に開花する春の花ですが、流通は冬の間です。12月近くになると本格的に春の苗の種類が多くなってきます。

真冬の間は花が少なくなるものもありますが、早めに植えて、時間をかけてしっかりと根付かせると、春にたくさんの花が楽しめます。これから寒い冬に突入しますが、春の花盛りの風景をイメージしながら、少しずつ春の苗を探すのも楽しい時間ですね。

▼関連記事

「今から購入して長く楽しめる!冬から春に向けて咲く花12選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。