灰色かび病の予防・対策・基本情報

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ポピュラーな病気の一種である灰色かび病の基本情報をご紹介します。

目次

灰色かび病の基本

灰色かび病は植物の葉・茎・花・実と多くの場所に発生する病気で、カビ(糸状菌)が原因となります。梅雨や秋の長雨など気温が夏よりも低く湿度が高い時期に多発します。

目次に戻る≫

灰色かび病の症状

灰色かび病を発症すると斑点が現れ、徐々に広がっていきます。やがて病斑部が柔らかく腐ったようになり、灰色のカビが発生します。

バラやビオラ・シクラメンなどの花き類は花に灰色かび病が発生しやすく、トマトなどの果菜類は実に発生しやすいです。いずれも放置しておくとカビが現れて胞子が飛び被害が拡大しやすいので、早めの対処が必要です。

目次に戻る≫

灰色かび病の対処方法

灰色かび病を発症した葉は取り除き、ビニール袋などで密閉して可燃ごみとして処分します。取り除いた後に放置しておくと、風で胞子が飛ばされ感染が拡大する可能性があるため注意しましょう。

花弁から発生することが多いため、花がらや斑点が現れている花を除去するのも効果的です。

また、チッソ過多にならないようにバランスの良い施肥を行います。チッソを多く施肥すると光合成が阻害され葉や茎が軟弱化しやすく、耐病性が下がることで灰色かび病が一気に繁殖することがあります。

一番の予防方法は風通しと日当たりの良い場所で栽培し、植物を健康に育てることです。そうすることで、例え灰色かび病に感染したとしても、発症しにくくなります。

目次に戻る≫

灰色かび病に有効な薬剤

灰色かび病に有効な薬剤をご紹介します。

灰色かび病やうどんこ病などに効果のあるスプレータイプの薬剤です。殺虫成分も含まれているので、とりあえず1本常備しておくと何かと重宝します。

カビ(糸状菌)が原因の病気に効果のある薬剤です。予防効果だけでなく、植物に侵入した病原菌を退治する治療効果も兼ね備えています。

灰色かび病やべと病など幅広い細菌性の病気に予防効果のある薬剤です。治療効果はないため、病気が発生する前に定期的に散布する必要があります。

目次に戻る≫

薬剤を散布するときのポイント

薬剤を散布するときは薬害を起こさないように気温が高い日を避け、翌日が曇りになる日の夕方~夜間に散布するようにしましょう。晴天が続く場合は散布後に日陰で風通しの良い場所に植物を移動させましょう。

野菜や果樹など収穫物を食べる植物に散布するときは、薬剤の説明書の使用時期に記載されている収穫何日前まで使用可能かを必ず確認しましょう。

目次に戻る≫

▼関連記事

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「灰色かび病の予防・対策・基本情報」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『植物の害虫・病気一覧』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス