カイガラムシ、見つけたら早めに駆除をしよう!

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

86356views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大切な植物を健康に育てるには害虫対策も大事!アブラムシと同じく、厄介な天敵といえば「カイガラムシ」!今回は天敵カイガラムシ対処方法をサボテンとミモザを例に挙げてご紹介します!

 

カイガラムシとは

カイガラムシ

学名:Coccoidea

カメムシ目 カイガラムシ上科

 

見ての通り、動く様子もなさそうな姿ですが、ちゃんとした昆虫なんです。分類学上はカメムシの親戚になるのです。これまでに国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々。カイガラがあるのと、ないのもいます。

カイガラムシは野菜、果樹、草花、サボテン、ラン、観葉植物と様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。植物によって、種類は異なりますが、どれも吸汁加害です。(今回はサボテンについたサボテンシロカイガラムシで紹介します。)さらに、すす病菌が付着したり、様々な病気の原因にもなります。

見た目はmm単位の小ささ

1mm~3mmくらいの丸いものだったり、縦長のものもいます。動かないで、殻っぽい見た目のものだったり、白っぽいものがいっぱいついている場合などは怪しいので疑って確認してみてください。

 

見つけたら、早めに処置!発生しやすいのはここ。

カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。どういう場所が発生しやすのでしょうか。
kaigara

 

1.暗くて狭い場所が好き

カイガラムシが好きな場所は狭い隙間や、裏など暗い場所。

葉の裏や、くぼみ、枝、茎などなど、、、。なんだか元気がなくなってきた株の葉の裏をみたら、、、びっしり!なんてことも。葉裏も見てあげましょう。置きっ放しの鉢も向きを変えたりしてあげるのもカイガラムシ対策になりそうです。人気のビカクシダにも付きやすいのでたまに葉の裏をチェックすることをお忘れなく。
koumori

 

2.アリを見かけたら要注意

カイガラムシの排泄物はたくさんの糖類が含まれてます。これに誘われてアリがやってきます。アリはアブラムシやコナジラミにも寄ってきますので、要確認しましょう。

 

退治方法は地道に手で取る!

すみません。本当にアナログなんです。アブラムシとは親戚なような関係ならば、スプレーで退治などもあるのかと思いきや、カイガラというだけあって種類によっては殻に守られていて効かないとも場合も。そういうこともあり、地道に退治していきましょう!

カイガラムシの取り方

今回はサボテンについたカイガラムシを退治します!
kaigara1

用意するのはヘラや、爪楊枝など細かい場所、狭い隙間にも入れるものがよいです。

 

1.肌を傷つけないよう、そーっとカイガラムシをロックオン。

2.スッとスライドするように、肌から外します。
kaigara01

 

カイガラムシが取れました。

これで1匹退治完了!
kaigara02

ひたすら、これを繰り返します。

 

びっしりついている、そんな時は・・・

以下、びっしり画像が来ますのでちょっと閲覧注意です。

 

続きを読む

Pages: 1 2

「カイガラムシ、見つけたら早めに駆除をしよう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。