カイガラムシ、見つけたら早めに駆除をしよう!

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

144117views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大切な植物を健康に育てるには害虫対策も大事!アブラムシと同じく、厄介な天敵といえば「カイガラムシ」!今回は天敵カイガラムシ対処方法をサボテンとミモザを例に挙げてご紹介します!

 

カイガラムシとは

カイガラムシ

学名:Coccoidea

カメムシ目 カイガラムシ上科

見ての通り、動く様子もなさそうな姿ですが、ちゃんとした昆虫なんです。分類学上はカメムシの親戚になるのです。これまでに国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々。カイガラがあるのと、ないのもいます。

カイガラムシは野菜、果樹、草花、サボテン、ラン、観葉植物と様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。植物によって、種類は異なりますが、どれも吸汁加害です。(今回はサボテンについたサボテンシロカイガラムシで紹介します。)さらに、すす病菌が付着したり、様々な病気の原因にもなります。

見た目はmm単位の小ささ

1mm~3mmくらいの丸いものだったり、縦長のものもいます。動かないで、殻っぽい見た目のものだったり、白っぽいものがいっぱいついている場合などは怪しいので疑って確認してみてください。

 

見つけたら、早めに処置!発生しやすいのはここ。

カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。どういう場所が発生しやすのでしょうか。
kaigara

 

1.暗くて狭い場所が好き

カイガラムシが好きな場所は狭い隙間や、裏など暗い場所。

葉の裏や、くぼみ、枝、茎などなど、、、。なんだか元気がなくなってきた株の葉の裏をみたら、、、びっしり!なんてことも。葉裏も見てあげましょう。置きっ放しの鉢も向きを変えたりしてあげるのもカイガラムシ対策になりそうです。人気のビカクシダにも付きやすいのでたまに葉の裏をチェックすることをお忘れなく。
koumori

 

2.アリを見かけたら要注意

カイガラムシの排泄物はたくさんの糖類が含まれてます。これに誘われてアリがやってきます。アリはアブラムシやコナジラミにも寄ってきますので、要確認しましょう。

 

退治方法は地道に手で取る!

すみません。本当にアナログなんです。アブラムシとは親戚なような関係ならば、スプレーで退治などもあるのかと思いきや、カイガラというだけあって種類によっては殻に守られていて効かないとも場合も。そういうこともあり、地道に退治していきましょう!

カイガラムシの取り方

今回はサボテンについたカイガラムシを退治します!
kaigara1

用意するのはヘラや、爪楊枝など細かい場所、狭い隙間にも入れるものがよいです。

 

1.肌を傷つけないよう、そーっとカイガラムシをロックオン。

2.スッとスライドするように、肌から外します。
kaigara01

 

カイガラムシが取れました。

これで1匹退治完了!
kaigara02

ひたすら、これを繰り返します。

 

 

クロガネモチにびっしり

ルビーロウカイガラムシがもはや樹皮のようにびっしりついています。。。ルビーロウカイガラムシは、ソヨゴなどモチノキ系の樹木につきやすく、気が付くと写真のようにビッシリついていることがあります。

16492492_1004562452977621_1929731221_o

 

ルビーロウカイガラムシはほとんど動きが見えない種類なので、本当にいきなり気が付きます。そしてものすごくびっくりします。ルビーロウカイガラムシは、その名の通り赤紫っぽいロウ状の物質に覆われており、切断すると赤やピンクいろの体液が出ます。これもまた根気良く、割りばしなどでそぐように落とします。

16524000_1004562422977624_351423301_o-2 

 

銀葉アカシアにびっしり

アカシアの木にもカイガラムシはよくつきます。

16593582_1004564862977380_1560132733_o

 

写真はイセリアカイガラムシ。カイガラムシの中では珍しく、自分で歩けるタイプです。どんどん増えていくので、根気よく手で取るのですが、枝を落としてもよさそうな場合はこのように思い切って剪定してしまうのでも手です。

こういう場合は、割りばしや歯ブラシなどでこすることも有効です。その場合、払ったカイガラムシが飛び散り、他の株に付くことがあります。飛散を防止するために、ゴミ袋などで落ちてくるカイガラムシを確保しながら、作業を進めるようにしましょう。ちなみに、カイガラムシは人体には特に害はないので、素手で触れてしまっても問題はありません。ただ、ねばねばする糸を引いたり、ルビーカイガラムシなど種類によってはピンクの体液が飛ぶことがあるので、汚れてもよい服装で挑むことをお勧めします。退治が終了したら、すみやかに石鹸で手を洗いましょう。

16593410_1004564789644054_176537088_o 

 

症状によっては処置スプレーを

市販で防除のスプレーもあります。カイガラムシを取り払ったあとにスプレーして対策してもよいでしょう。スプレーはいろいろありますので、詳しい使用法などは各商品の使用方法をご確認ください。
borun

 

一回ついたら、しばらくは要観察!

カイガラムシは気温によっては卵がだらだらと孵化することも。最初に見つけた個体は駆除できても、卵や幼虫は小さいため、気がつかず、ふと見たらまたついてる!なんてこともあります。都度取り除くようにすると(気持ちも体力も)負担が少なくて済みますので、水やりの際や朝など、こまめにチェックすることをお勧めします。

カイガラムシは、早期発見、早期防除!見つけて、駆除をしても定期的にチェックして見つけたら地道に取り除きましょう。もし、見つかった場合は焦らず、駆除してあげましょう!元気な姿を取り戻した植物を想像して、こつこつがんばりましょう!

アブラムシの駆除方法はこちらで紹介してます。合わせてごらんください。

 

「カイガラムシ、見つけたら早めに駆除をしよう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

 

オススメ特集

デイリーアクセスランキング