剪定した茎や葉どうしてる?素敵に飾れる観葉植物9選

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

植物をよくよく見たら、すごく葉がこみ合って日がしっかり当たっていない。少し風通しも悪そう。そんな時に剪定は必要です。

剪定するのが初めてな方は勇気がいりますが、剪定した葉や茎を捨ててしまうのではなく飾れたら素敵ですよね!

今回は、2度楽しめる観葉植物をご紹介します。

 

モンステラ

13517762_891125790995787_1985509679_o

大人気のモンステラ!半日陰を好み、暗めのお部屋でも育ち、また病気にもほとんどかからないので育てやすいです。明るめの半日陰は、生育が早いです。

大きな葉は、1つ飾るだけでも存在感があり、お部屋を一気におしゃれにしてくれます。

13499515_891123780995988_1698627030_o

花瓶に入れて。もちがいいです。

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力があります。モンステラは熱帯アメリカに分布するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は生長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。
    モンステラは水が好きな植物ですが、大きな株になれば乾燥にも比較的強くなる強健な観葉植物です。モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です。

 

アイビー

アイビー

丈夫なアイビー!耐陰性もあるので、なかなか日が当たりにくいお部屋でも育てやすいです。たまには日光浴をしましょう。

ちょっと伸びすぎてしまったらカットして花瓶などに挿して飾ってみましょう。

アイビー

  • アイビーはウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物で、属名のヘデラの名前でも流通しています。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビーは性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビーは家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビーは水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビーは耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

クッカバラ

13499630_891123774329322_3923515_o

フォルムがとってもかっこいい!上に向かって生える葉も素敵ですよね。クッカバラは湿気が好きなので、気が付いたら葉水を霧吹きでするといいです。水は土が乾いてからたっぷり与えましょう。剪定をすると、黄緑色の新芽がどんどん出てきます。

13523728_891123777662655_737624721_o (1)

クッカバラは、花瓶に挿してみましょう!他のお花と飾るのも素敵ですよ。

 

 

ポトス

ポトス

ポトスは初心者でも育てやすいといわれています。新しい品種がどんどん出てくるので、慣れてきたらいろんな品種に挑戦してもいいかもしれません。

ポトス

根付近が込み合ってきたら剪定して、花瓶やコップに入れてみてはいかがでしょうか。根が張ってきますので、そのまま根を楽しんでもいいですし、土に植えてもいいですね!

ポトス

  • ポトスは熱帯地域原産のツル性観葉植物で、モンステラなどと同じ定番の観葉植物です。日本では葉が小さくハンギング用の鉢に植えられていることが多いですが、ヘゴ棒などで上へ向かうように仕立てると葉が大きくなり、モンステラのような切れ込みが入るようになります。逆に、ポトスを下垂させるようにすると葉は小さくなり、よく見かける形状のものになります。

    ポトスの名前で一般的に流通しているのはEpipremnum aureum という種類で、多くの園芸品種が作られています。また、沖縄を含む世界の亜熱帯~熱帯に帰化・定着している例が見られます。

     

 

グリーンネックレス

succlent

可愛らしいグリーンネックレス!剪定したり、少しいじっているときに切れちゃっても大丈夫!寄せ植えにしたり、してみましょう!

グリーンネックレス

  • グリーンネックレスは名前の通り、グリーンピースのような玉状の葉が連なる姿が可愛らしい、人気の植物です。幅広い世代から知られる多肉植物で、観葉としても親しまれています。丈夫で育てやすく関東以南では戸外での管理も可能です。またお花も咲き、ほのかな芳香があります。 

 

ドラセナ・サンデアリーナ

ドラセナの仲間。育てやすいですが、冬は苦手なので室内で育てましょう。茎は切り戻しをするといいです。切り戻しをしてもすぐ新芽がはえてきます。そのまま葉挿しで増やすこともできるようです。結婚式のブーケなどにも使われています。

 

ユーカリ

ユーカリ

人気のハーブ、ユーカリ。ホームセンターでもよく出回っていて観葉植物として購入するかたも多いそうです。

ユーカリ

葉のフォルムがインテリアにも映えるのでドライにしたらオシャレに長く楽しめます。香りも弱くはなってきますが、私の家ではふわっとした香りが3か月以上しています。

  • ユーカリはフトモモ科のユーカリ属の植物。自生地では大きく育つ常緑高木です。種類も丸葉のポポラスや銀世界、他にもレモンユーカリなど様々。葉には香りがあり、アロマテラピーにも使用されてます。虫除けなどにもよいです。スッキリとした香りは集中力を高めてくれます。

 

13434090_883082411800125_143315270_n

他にも、ハーブは剪定したら水耕栽培しながら飾れるのでお試しくださいね!

気になった観葉植物はありましたか?迷ってしまう方には、育てやすく購入しやすいモンステラやポトスをおすすめします!

剪定が楽しみになってしまうかもしれないですね!素敵なボタニカルライフを!

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「剪定した茎や葉どうしてる?素敵に飾れる観葉植物9選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ