新生活グリーン特集

ユーカリの育て方|植物図鑑

植物名
ユーカリ
学名
Eucalyptus
英名
Eucalyptus
科名
フトモモ科
属名
ユーカリ属
原産地
オーストラリア、タスマニア島、ニュージーランド

ユーカリの特徴

ユーカリはフトモモ科のユーカリ属の植物。自生地では大きく育つ常緑高木です。種類も丸葉のポポラスや銀世界、他にもレモンユーカリなど様々。葉には香りがあり、アロマテラピーにも使用されてます。虫除けなどにもよいです。スッキリとした香りは集中力を高めてくれます。

ユーカリの詳細情報

園芸分類 オーストラリアプランツ
草丈・樹高 ~50m(品種によって異なる)
耐寒性 品種によって異なる
耐暑性 強い
花色

ユーカリの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
増やし方
剪定
肥料

ユーカリの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しのよい場所を好みます。冬は室内へ日当たりがよく、風通しのよい場所で管理しましょう。耐寒性はありますが、小さい苗は葉が落ちることもあるので、冬場は室内に入れたほうが良い場合もあります。乾燥を好みます。過湿には注意日当たりのよい場所で管理し、土が乾燥したら水をたっぷりあげましょう。成長が早いのでコンパクトにしたい場合はこまめに切り戻しをしてもよいでしょう。寒さに弱い品種もあります。冬場は鉢植えの場合は室内に取り込んだほうがよいでしょう。

温度

発芽適温は20℃前後。

用土

ユーカリは乾燥を好むので、水はけのよい土を使用します。市販のハーブの土を使っても良いです。

ユーカリの育て方のポイント

水やり

土の表土が乾いたらたっぷりと与えましょう。ユーカリは乾燥気味を好み、過湿を嫌います。土が乾いたらたっぷりお水を与えましょう。生育が旺盛なので、お水が切れると回復には時間がかかりますので水切れしないようにい気を付けましょう。

肥料

春と秋に固形肥料を規定量施しましょう。たくさん収穫をしたい場合は春~秋に液肥を施してもよいでしょう。

病害虫

アブラムシカイガラムシがつきやすいので気を付けましょう。

ユーカリの詳しい育て方

選び方

間延びしてなく、イキイキとした株を選びましょう。葉の色がキレイで、茎や枝がしっかりとした元気な株を選びましょう。葉の色が悪かったり、虫がついているものは避けたほうがよいです。

植え付け

植えつけは4月~8月が良い時期です。

植え替え・鉢替え

成長が旺盛なので成長に合わせて2、3年に1回は植え替えをしたほうがよいでしょう。根が回っている場合は軽く崩たほうがよいです。また、根詰まりしないようにやや大きめの鉢を選ぶとよいでしょう。

夏越し

夏の暑さには強い植物です。

冬越し

寒さに弱い種類は、冬の間は室内に移動させましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

挿し木で増やせます。時期は6月中旬~7月が理想。新しく伸びた枝を10cmほど切り取り、下葉を取ってから切り口を洗います。その後、数時間水に漬けて、水上げしてから挿し木用の土に挿します。細くて土に挿しにくい場合は、割りばしなどで土に穴をあけてから挿すとやりやすいです。挿し終わったらたっぷり水を与えます。明るい日陰にて管理し、水は乾いたらたっぷり与えましょう。約2、3カ月で発根します。 挿し木で増やせます。

ユーカリの剪定について

14233361_939583902816642_1416153668_o

伸びすぎてしまったユーカリ。

枝の密度が高くなると蒸れて虫が発生することがあるため風通しを良くする目的と、根が浅く張るため重心が木の上部にあると風で倒れて枯れてしまうことがあるため軽くする目的で、剪定することにしました。

剪定の時期は春と秋

剪定に適した時期は春(3月~5月)と、秋(9月~10月)です。剪定のポイントは、全体のバランスを見ながら枝を切って、反対側の景色が透けて見えるような透かし剪定をすること。伸びすぎたり混みすぎたりしている枝を適度に透かし、枝の密度を適正にすることで、日当たりや風通しが改善できます。すると、虫の予防になったり間延びしにくくなるため、樹形をきれいな形で保つことができます。
14202876_939583882816644_1710665832_o

剪定する時は、途中でのぶつ切りはNG。枝の付け根でカットしたり元気がない細い枝を付け根から切るようにします。

目次に戻る≫

ユーカリの摘心について

ユーカリはどんどん伸びるので、全体のバランスを整えるように“摘心”を行いましょう。枝先にある芽を事前に取り除くことで脇芽を発生させ枝を増やしたり、葉を大きく丈夫に成長することが出来ます!

 

ユーカリの摘心やってみた

14233720_939583869483312_1713846709_o

ここがユーカリの先枝の芽。

 

14215788_939583862816646_392555872_o

カットしておくと・・・

 

14233612_939583859483313_1650869683_o

脇芽が生えてくるので成長して来たらお好みの樹形に整えていきましょう!

 

14233411_939583846149981_863040801_o

枝先だけではなく葉の節でカットすれば、そこからも脇芽が生えてきますので、毎年剪定しながら様子を見てお好みの樹形に整えることもできます。

 

支柱を立てよう!

14202891_939583836149982_1156194900_o

ユーカリは、根が浅く風で倒れやすくなります。枝も良く分かれて成長するので、ある程度、枝が生えてきたら支柱を立てないと重さで倒れてきてしまいますので支柱を立てると安心。

 

14247736_939583832816649_1360065916_o

数か所、紐で軽く結びます。

 

14203591_939583826149983_1503524612_o

これで倒れず成長することができます!

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング