管理しないと枯れる!エアプランツ育て方のNGポイント

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

水やり不要!簡単に育つ!そんなエアプランツの謳い文句を見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、実際にはそんなことはなく、水やりもしっかり必要なんです。そこで今回はそんなエアプランツを育てる際に知っておきたいNGなことをまとめました。

 

目次

水やりはいらないはNG!

ソーキングだけでいいはNG!

飾りっぱなしも・・・

エアプランツを育てるのは簡単⁉

エアプランツを育てるのに大事なことは3つ

 

「水やりはいらない」はNG!

「水は空気中の水分を吸収するからやらなくてもOK!」と思われがちなエアプランツですが、それはあくまでも自生地での話です。

エアプランツの自生地はどんなとこ?

エアプランツの自生地は中南米です。温帯から熱帯まで幅広く分布し、雨の少ない砂漠地帯や夜中、濃霧になるような森林(雲霧林)に自生しています。

エアプランツの自生地は私たちが暮らす環境とは異なるのがわかりますね。毎晩濃霧や夜露が発生しない環境で水を与えないでいるのは枯れる原因になります。

 

乾燥は苦手。水やりはお忘れなく。

エアプランツも水やりは必要です。頻度は種類によって若干異なりますが、2~3日に1回、夏場は夕方~夜に、冬場は午前中に霧吹きで株全体に水をかけます。エアプランツの真ん中に水が溜まった状態は芯が腐る原因になりますのでひっくり返して水を切りましょう。

冬はやや回数を減らし控えめにしますが、暖房で部屋が乾燥している場合はエアプランツも乾燥しやすいので、様子を見て水を与えることも大事です。

目次に戻る≫

 

ソーキングだけでいいはNG

たまに水に長い時間漬け込んでおけばOK!は間違いです。  「ソーキング」は株全体が萎れかけていたり、水やりを忘れてしまったときや乾燥がひどい場合に行います。普段の水やりは忘れずに管理しましょう。

たまに水に長い時間漬け込んでおけばOK!は間違いです。

「ソーキング」は株全体が萎れかけていたり、水やりを忘れてしまったときや乾燥がひどい場合に行います。普段の水やりは忘れずに管理しましょう。

目次に戻る≫

 

飾りっぱなしも・・・

土がいらないから色々なアレンジが出来るとは言えど、飾りっぱなしはNGです。きちんと水やりや風に当てましょう。  深い瓶に入れて飾るのも素敵ですが、風通しはあまりよくありません。エアプランツにとって風はとても大事です。就寝前に瓶から出し、風に当ててあげましょう。

土がいらないから色々なアレンジが出来るとは言えど、飾りっぱなしはNGです。きちんと水やりや風に当てましょう。

深い瓶に入れて飾るのも素敵ですが、風通しはあまりよくありません。エアプランツにとって風はとても大事です。就寝前に瓶から出し、風に当ててあげましょう。

濡れたまま飾るは避けよう

水やりをしてからすぐ飾っていた場所に戻すのはキケンです!  株が蒸れて腐る原因になります。水やりのあとはよく水を切り、風通しのよい場所できちんと乾かしてから飾りましょう。

水やりをしてからすぐ飾っていた場所に戻すのはキケンです!

株が蒸れて腐る原因になります。水やりのあとはよく水を切り、風通しのよい場所できちんと乾かしてから飾りましょう。

日光も大事

暗いところでも育つには育ちますが葉の色が悪くなったりしやすいです。直射日光は避けて適度な日光に当ててあげることが大事です。  室内ならばレースのカーテン越し程度の日光、屋外ならば30~50%程度の遮光を行ってください。

暗いところでも育つには育ちますが葉の色が悪くなったりしやすいです。直射日光は避けて適度な日光に当ててあげることが大事です。

室内ならばレースのカーテン越し程度の日光、屋外ならば30~50%程度の遮光を行ってください。

目次に戻る≫

 

エアプランツを育てるのは簡単⁉

「簡単だって聞いたのに枯れた!」ということもあるとは思います。

植物を育てるのに簡単かどうかは育てる環境や季節、植物の状態によって異なります。簡単と言われていてもきちんと管理をしないと枯れてしまいます。

「簡単」ということは一度置いておいて、「育ててみたい!」と思い、気に入ったエアプランツを探してみてくださいね。お気に入りのエアプランツならば、毎日手に取って観察したくなりませんか。きちんと管理したくなると思います!

初めての方はエアプランツの中でも比較的管理がしやすいタイプのものを選んだりしても良いと思います。

目次に戻る≫

 

エアプランツを育てるのに大事なことは3つ

「水」「風」「光」  この3つがポイントです。  高温、蒸れ、直射日光が苦手です。こまめに手にとり観察してあげましょう。  お気に入りのエアプランツを健やかに育てて楽しんでくださいね。

「水」「風」「光」

この3つがポイントです。

高温、蒸れ、直射日光が苦手です。こまめに手にとり観察してあげましょう。

お気に入りのエアプランツを健やかに育てて楽しんでくださいね。

目次に戻る≫

 

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「管理しないと枯れる!エアプランツ育て方のNGポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ