キュウリの葉が穴だらけに!ウリハムシの被害と対策

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

8月を過ぎると、キュウリの収穫もラストスパートを迎えます。そんな中、きゅうりの葉っぱの至る所に穴が空いているなんてことありませんか?キュウリなどのウリ科が大好物の害虫ウリハムシについてご紹介します。

 

目次

キュウリの葉の被害

ウリハムシとは

ウリハムシの対策

ウリハムシの苦手な植物

ウリハムシのまとめ

 

キュウリの葉の被害

最初に気付くのはこんなふうに穴が空き、その周りが少しずつ枯れていく様子です。8月に入り、ウリ科の野菜にこのような葉の食害を見つけたら、おそらくウリハムシの仕業です。

 

このようにウリハムシの食害を受けると、次第に葉がボロボロになっていきます。

目次に戻る≫

ウリハムシとは

成長の過程

ウリハムシとは、別名「ウリバエ」ともいわれる甲虫類(こうちゅうるい)の一種です。

ウリハムシの成虫は、浅い土中で越冬し、4月下旬から7月上旬ごろまで、大好物であるキュウリやズッキーニなどのウリ科の苗に飛んできて、土の表面や浅い土中に卵を産みます。

その孵化してから3~5週間の間、ウリハムシの幼虫はキュウリやズッキーニなどの根を食害し、また地中に戻り、今度は蛹(さなぎ)となります。1~2週間後、蛹(さなぎ)から成虫となって8月頃に多発します。そして、9月下頃に草むらなどに移動して越冬します。

つまり、今(8月)が成虫のウリハムシの大発生の季節となります。

▼こちらはキュウリの葉の裏に隠れたウリハムシ。こちらのウリハムシの体の色は全体的に茶色です。

 

▼同じウリ科のズッキーニの葉を食害するクロウリハムシ。この種類は、頭が黄色、体が黒色をしています。

 

ウリハムシモドキ

ウリハムシにとても良く似たウリハムシモドキ。体の色は、全体的に黄色いか、お尻の部分が黒くなっているもの、黒色など様々な種類がいます。ウリハムシよりも広食性のため、マメ科やアブラナ科の野菜等も食害します。

目次に戻る≫

ウリハムシの対策

見つけ次第捕殺

家庭菜園で育てている場合は見つけ次第捕殺することで、被害はいくぶんか収まります。

ウリハムシが私たちに攻撃してくることはないので、お子様と一緒に安心して捕獲してください。カブトムシなどの甲虫類の仲間ですから、見た目もそんなに怖くはありません。

寄せ付けない対策

害虫を防ぐ手段として、キラキラした光を反射するものをものを嫌う害虫の特性を使い、シルバーマルチを敷いておく方法があります。ご家庭でのプランター栽培なら、簡単にアルミホイルなどで苗の根元を覆うことも一つの方法です。

もう一つは、ウリハムシの侵入を防ぐために、苗を寒冷紗などに入れておき、成虫が卵を産みつけないようにする方法も効果的です。

目次に戻る≫

ウリハムシの苦手な植物

ハムシ類は好きな匂いを嗅ぎ分けて、好みの野菜を食害する性質を持っています。そのため、キュウリなどウリハムシの好物の野菜の周りに、香りの強いバジルやパセリなどのハーブを植えることで、ウリハムシの食害を減らすことが期待できます。

▼バジル

 

▼イタリアンパセリ

目次に戻る≫

ウリハムシのまとめ

・キュウリなどのウリ科の野菜を好んで食害する。

・成虫の発生時期のピークは8月。

・見つけ次第捕殺して、葉の食害を最小限に防ぐ。

目次に戻る≫

 

きゅうり(キュウリ・胡瓜)

  • きゅうりはつる性の植物で、そばにあるものに巻き付くように伸びて生長していきます。

    きゅうりは未熟果を収穫する野菜のため、関東地方では5月初旬に植えつけると6月には収穫時期を迎え、代表的な春夏野菜の中では一番最初に収穫できる野菜です。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月間位しかかかりません。

    きゅうりの果実の生長は著しく、1日で3cm以上も大きくなるため採り遅れると巨大化してしまいます。

    きゅうりの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからきゅうりを守るために自然にできた物質です。最近のきゅうりの品種は、このブルームがあまりない、艶々のきゅうりが市場に多く出回っています。

    きゅうりの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるきゅうりも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。

ズッキーニ

  • 見た目はきゅうりのようですが、ズッキーニは「ペポかぽちゃ」の変種です。原産地は北アメリカ南部~中南米ではないかと考えられています。16世紀頃にヨーロッパに伝わり、19世紀後半にイタリアで改良されたものの中からズッキーニが誕生したといわれています。
    日本ではまだ歴史が浅く、普及し始めたのは1980年頃からですが、家庭菜園ではお洒落で人気の野菜のひとつです。花がついたままの未熟な果実を食用にするため、エディブルフラワーとしての一面もあります。

    別名「つるなしカボチャ」といわれ、分枝が発達することはなく、親づるがどんどん生長します。整枝といって、ズッキーニの実の下の葉を処理したり、支柱などでぐらつく株元を支えながら管理していきます。

▼関連ワード

「キュウリの葉が穴だらけに!ウリハムシの被害と対策」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ