きゅうり(キュウリ・胡瓜)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
きゅうり(キュウリ・胡瓜)
学名

Cucumis sativus

英名
Cucumber
和名
胡瓜
別名・流通名
唐瓜(からうり)
科名
ウリ科
属名
きゅうり属
原産地
インド北部のヒマラヤ山麓

きゅうり(キュウリ・胡瓜)の特徴

きゅうりはつる性の植物で、そばにあるものに巻き付くように伸びて生長していきます。

きゅうりは未熟果を収穫する野菜のため、関東地方では5月初旬に植えつけると6月には収穫時期を迎え、代表的な春夏野菜の中では一番最初に収穫できる野菜です。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月間位しかかかりません。

きゅうりの果実の生長は著しく、1日で3cm以上も大きくなるため採り遅れると巨大化してしまいます。

きゅうりの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからきゅうりを守るために自然にできた物質です。最近のきゅうりの品種は、このブルームがあまりない、艶々のきゅうりが市場に多く出回っています。

きゅうりの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるきゅうりも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。

きゅうり(キュウリ・胡瓜)の詳細情報

園芸分類 野菜
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 6~8月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング